映画「ナイブズアウト」  ネタバレ感想・解説

「ナイブズアウト」は、2020年に公開された映画。

すでに数多のトリックや推理が出尽くされていて、20年前に隆盛した探偵物はすっかりなりを潜めていたけれど、古参も新参も満足できる1作が出てきた。

ベタなストーリーと見せかけてきちんと練られたトリックには一見の価値あり。 奇をてらい過ぎない王道の名作。

あおい

Amazonプライムなら30日間無料で月額たったの500円

  • 映画だけでなく雑誌やマンガも読み放題!
  • 音楽は100万曲から聞き放題!
  • お急ぎ便、日時指定も無料!
あおい

30日間以内に解約すれば追加料金もかかりません

「ナイブズアウト」映画情報

タイトルナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密
公開年2020.1.31
上映時間130分
ジャンルミステリー
主要キャストジェイミー・リー・カーティス
アナ・デ・アルマス
監督
ライアン・ジョンソン

「ナイブズアウト」キャスト

登場人物キャスト
ブノワ・ブラン
-私立探偵
ダニエル・クレイグ
ランサム・ドライズデール
-リンダとリチャードの息子
クリス・エヴァンス
マルタ・カブレラ
-ハーランの専属看護師
アナ・デ・アルマス
リンダ・ドライズデール
-ハーランの長女
ジェイミー・リー・カーティス
ウォルター・“ウォルト”・スロンビー
-ハーランの末っ子
マイケル・シャノン
リチャード・ドライズデール
-リンダの夫
ドン・ジョンソン
ジョニ・スロンビー
-ハーランの義娘
トニ・コレット
エリオット警部補ラキース・スタンフィールド
ハーラン・スロンビー
-小説家
クリストファー・プラマー
メーガン・“メグ”・スロンビー
-ウォルターとドナの娘
キャサリン・ラングフォード
ジェイコブ・スロンビー
-ハーランの長男 故人
ジェイデン・マーテル
ドナ・スロンビー
-ウォルターの妻
リキ・リンドホーム
フラン
-スロンビー家の使用人
エディ・パターソン
アラン・スティーヴンス
-弁護士
フランク・オズ
ワネッタ・“グレート・ナナ”・スロンビー
-ハーランの母。年齢不詳
K・カラン
ワグナー巡査ノア・セガン

「ナイブズアウト」あらすじ

NYの豪邸で世界的ミステリー作家の85歳の誕生日パーティーが開かれた翌朝、彼が遺体で発見される。名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることになる。パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者。調査が進むうちに名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていく―。

filmarks

「ナイブズアウト」ネタバレ感想・解説 

「ナイブズアウト」人物相関図

©映画「ナイブズアウト」

まず、スロンビー家の人物相関図を把握しておこう。

殺されたハーランは85才の誕生日を迎えていた。ハーランの妻については言及はないけれど、3人の子供がいる。

まずはハーランの長女、リンダ。

彼女はちょっとした物音でも目が覚めてしまう。トリックのアリバイ作り担当だ。ミステリートリック縛りにおける大事な要素の1つを持つキャラクターだ。

続いて次男のウォルター。ハーランから出版社を任されているけれど、小説の映像化の反対など、あまり自由にやらせてもらっておらず不満が溜まっていて、誕生日にハーランから会社をクビにされている。

もう1人は、長男にニール。しかし彼はすでに死別している。

この3人がハーランの家族。この3兄妹はみんな結婚している。リンダの夫はリチャード。ハーランに浮気の証拠を押さえられている。

ニールの妻、ジョニ。会社を経営しているようだけど金銭的に困っている。娘の大学費用をハーランから二重にもらっていたのがバレてしまう。

そしてドナ。ウォルターの妻だけど、今回の作品には大して関わらない空気のような存在。犯人候補にはうってつけのような立ち位置にいるけど、本当に何も関わらないかわいそうな役目。

次に彼らの子供達。リンダとリチャードの息子ランサム。

一家の問題児で誕生日当日もハーランと口論になっている、推理小説としてはまず最初に疑われる人物だ。

ジョニの娘のメグ。そしてウォルトの息子は16才で、ナチズムへの傾倒が観られるジェイコブ。

そして最後にハーランの母親、ナナ(年齢不詳)だ。

複雑な家族構成でもないのだけれど、アメリカ人は見た目で年齢が分かりにくいので、人物相関は知っておいた方が話がスッと入ってくる。

あとは、ハーランの専属看護師でもある実質主人公のマルタとスロンビー家で働く使用人フランでスロンビー家は構成されている。

犯人は早々に判明する

©映画「ナイブズアウト」

「ナイブズアウト」では、犯人は早々に判明する。マルタだ。ただし、恣意的に犯した犯罪ではなく、医療ミスによる過失致死という設定。

劇薬にもなるモルヒネとそれ以外の薬のパッケージが似過ぎていて間違えたということで、これだけ似ているなら毎回パッケージ確認するのが当然のような気もするけれど、まぁこの問題はラストのネタバラシで一応の説明がある。

マルタはウソをつくと吐いてしまうという設定で、真実を悟られないようにしなければならないという流れに持ちこみ、観客を楽しませる。

何をもってウソになるのか、デスノートばりに曖昧な設定なのだけれど、いつブランに核心に触れられるかわからないまま一緒に行動されられることでちょっとしたドキドキ感を味わえるのもこの映画のおもしろい要素の1つ。

早々にブランが「君は犯人じゃないよね?」と聞けば瞬殺するわけだけど、これまた探偵話によくある「最初から疑っていた」が発動されて、あえて泳がせていたということで一件落着。

ハーランはなぜ、マルタに全財産を渡したのか

©映画「ナイブズアウト」

犯人はわかった。じゃあ次はどういう展開になるかというと、「ブランに悟られないようにする」という視点に変わる。トリックですら完全にネタバレしているので、この時には観客が推理できるのはせいぜい、「誰がブランを雇ったのか?」ということぐらいだ。

マルタの吐き待ちみたいなシーンを経た後に、まさかの全財産をマルタに譲るというサプライズ。ハーランがマルタにとてつもない信頼を寄せていて、家族がお金によってバラバラな状態を防ぐためにした行為とはいえ、なかなか酷な展開へ。

そして、予想通り全財産をとられた家族が「それなら仕方ないよね」となるわけもなく、マルタになんとか財産分与を諦めさせようと必死になりはじめる。ここが3つ目の見どころ

ハーランの急死により専属看護師のマルタは職を失うことになりそうだった。ただ家族はマルタの功績を買って今後も面倒を見たいと言っていたのに、遺産のおかげで余裕満々に助けてあげたいと言っていたのに、立場が完全に逆転してしまった。

確かに急な変わり身は見ていて醜いところもあるのだけれど、さすがに不憫にも感じる。実の子どもには一切財産を渡さずに、看護師に全部あげちゃうと言われたらそりゃ混乱もするし、マルタさんちょっと分け前ちょうだいねってなるのも気持ちはわかる。

ハーランは、マルタが私利私欲のためだけに使うのでなく、家族のことを考えてくれることを見抜いていて、そもそも親身になってくれたマルタのことが好きだけど、ハーランは自分の子どもを愛していたし、だからこそ家族が堕ちていくのを避けたかったから金を渡さないことにした。

つまり、ハーランが出来なかった財産分与の意思をマルタに継がせようとしたのだ。

すると、もともと財産分与しないと言われていたランサムがうまいことマルタに迫り、真実を話させるところからまた話が変わっていく。

マルタを脅迫したのは誰なのか?

©映画「ナイブズアウト」

マルタが家に帰ると、名前も書かれていない封筒が置いてあった。そこにはハーランの血液検査の結果とともに、「おまえがしたことを知っている」とのメッセージがあった。

マルタは、誰かが知っていると怯え、それをランサムに伝えて助けを請う。実はこれはランサムの仕業だった。

ランサムは、ハーランがマルタに遺産を相続させることを知ったため、薬の中身を入れ替えてマルタに過失致死の罪を着せようとしていた。

ランサムと言えば最初に真っ先に疑われそうな怪しい人物であり、推理小説で言えば「かませ犬」的な役割なんだけれど、「ナイブズアウト」ではそのまま犯人だという裏の裏をついてきた。

昨今の推理小説はほんとうに大変。。

フランはなぜ殺されたのか

©映画「ナイブズアウト」

フランはランサムに殺されていた。ランサムはフランに薬をすり替えているところを見られて、脅されていたから。

なぜ、あんな危ない場所に呼び出すのかというミステリー特有のご都合主義も健在で。

彼女が死をマルタに発見させた後に、匿名で電話してマルタに罪を着せようとしたが、警察に逮捕されて未遂に終わってしまった。

ベタな展開を逆手にとったストーリー

©映画「ナイブズアウト」

なぜこの映画が評価されるかというと、推理小説としては露骨にベタベタな設定や展開を含みつつも、うまく逆手にとったネタバラシをしているから。

私立探偵が警察よりも幅をきかせ、トリック成立のためにロボットのように正確に動くリンダの覚醒設定。

唯一の目撃者ナナの信憑性のない断片的な証言。

ランサムというあからさまに怪しい人物の投入と、お金にまつわる家族の動機付け。

それらを全て逆手にとってネタバラシを早々にしたかと思うと、推理小説では絶対に犯人にならないはずのランサムがやっぱり犯人だというオチ。

最後は安心の「最初からあなたを疑っていた」という探偵の鋭い観察力。

水戸黄門のように安心できるベタな展開に加えて、きちんと観客を驚かせる仕掛けもつくり満足させる作品となっていた。

あと、マルタがかわいい。

「ナイブズアウト」を観たならこれもおすすめ

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」

あおい

ネタバレを防ぐために翻訳家を地下室に監禁

タイトル9人の翻訳家 囚われたベストセラー
公開年2020.1.24
上映時間105分
ジャンルミステリー
主要キャストランベール・ウィルソン
オルガ・キュリレンコ
監督レジス・ロワンサル
3.8

あなたは、この結末を「誤訳」する。舞台はフランスの人里離れた村にある洋館。全世界待望のミステリー小説「デダリュス」完結編の各国同時発売のため、9人の翻訳家が集められた。外部との接触が一切禁止され、日々原稿を翻訳する。しかしある夜、出版社社長の元に「冒頭10ページをネットに公開した。24時間以内に500万ユーロを支払わなければ、次の100ページも公開する。要求を拒めば、全ページを流出させる。」という脅迫メールが届く—誰が、どうやって

filmarks

世界ベストセラーの小説を翻訳するために缶詰にされた翻訳家が遭遇する密室ミステリー。時系列がぐちゃぐちゃで、いろんな国の言語が入り乱れて混乱するけど、ネタバラシはシンプルでおもしろい。日本人翻訳家いないのに日本のコピー機褒めてたのがなんか誇らしい。

「ヘイトフルエイト」

あおい

噓つき合戦がとんでもない展開に

タイトルヘイトフル・エイト
公開年2016.2.27
上映時間167分
ジャンルミステリー
主要キャストサミュエル・L・ジャクソン
ティム・ロス
監督クエンティン・タランティーノ
3.7

舞台は山の上のロッジ、登場人物は吹雪でロッジに足止めを食らい、一夜をともにすることとなったワケありの7人の男と1人の女。そこで起こる密室殺人。一体誰が、何の目的で?吹雪が作り出す密室で、疑心暗鬼で張り詰めた緊張をほぐすため、またお互いを探り合うため、他愛のない会話をかわす面々。やがてそれぞれの素性がすこしずつ明らかになり、偶然集まったかに見えた彼らの過去が繋がり始めた。そこで再び、予想を超えた出来事がー。

filmarks

タランティーノ監督作品。アメリカ開拓時代の雪山で起きる密室殺人ミステリー。ミステリー要素のおもしろさよりも、登場人物のキャラクターがめちゃくちゃ濃くて、話の掛け合いだけで1日中観ていられる。役者と演出の重要さが良くわかるセンスの塊のような映画。

2020年 (6) A24 (5) AmazonPrime (48) Netflix (51) Netflixオリジナル (9) Netflix配信予定 (4) SF (10) アカデミー賞 (5) アクション (4) アニメ (7) クライム (7) クリストファーノーラン (4) グロ注意 (5) サスペンス (3) スカーレット・ヨハンソン (3) スリラー (3) タランティーノ (3) パンデミック (2) ヒューマンドラマ (4) ホラー (17) ミステリー (4) レンタル (100) 史実、伝記 (4) 妻夫木聡 (3) 実話に基づく映画 (4) 家族 (9) 広瀬すず (4) 恋愛 (11) 戦争 (5) 新作 (12) 新作レンタル (5) 暴力 (3) 曲がいい (4) 松坂桃李 (3) 松岡茉優 (3) 泣ける (5) 洋画 (62) 父と子 (2) 田中哲司 (3) 白石和彌 (4) 貧困 (2) 邦画 (70) 長澤まさみ (3) 青春 (21) 鬱展開 (7)

この記事を書いた人

kuroshirosunsun

できるだけ前向きなレビューを心がけています。
記事を気に入っていただけたらTwitterフォローをお願いします。