【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

こんにちは、あおい(@tolkoba)です。

Ankerから発売されたイヤホン「Soundcore Life P3」は、

  • ノイズキャンセリング
  • 外音取り込み
  • ワイヤレス充電

を備えた高機能モデル。

それなのにお値段なんと1万円以下

どころか、さらに価格を下げてまさかの8千円台で購入できてしまうのです。

あおい

それでいてクオリティも高い!

というわけでワイヤレスイヤホン界の価格破壊になりそうなAnker「Soundcore Life P3」をレビューします。

メリット
デメリット
  • 8千円台でノイキャン付
  • 7時間/35時間の再生時間
  • IPX5の防水性能
  • イヤホンを音を鳴らして探せる
  • apt-X非対応
  • 装着センサー非搭載
  • 上位機種と比較すると音質は劣る

Anker Soundcore Life P3 外観

Soundcore Life P3」は、8千円台で購入できるノイズキャンセル付きイヤホン。

数万円する高級機種が持っている機能を持ち合わせ、かつ廉価版として登場したワイヤレスイヤホンです。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

ケースはテカリを抑えた質感で安っぽさはありません。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

ただし、上位モデルの「Soundcore Liberty Air 2 Pro」と比べるとプラスチック感は強いです。

サイズは「Soundcore Liberty Air 2 Pro」よりもコンパクトになっています。

左:Life P3 右:Liberty 2 Pro
あおい

上位モデルとはしっかりと差別化が図られています。

梱包内容は以下。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

梱包品一覧

  • 本体
  • イヤーチップ(XS/S/M//L/XL)
  • USB-C to Aケーブル

イヤーチップは全5種類。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

上位モデルである「Soundcore Liberty Air 2 Pro」の9種類には及びませんが、5種類のサイズがあれば多くの人が満足できるでしょう。

ケースは約53 x 61 x 31mm

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン
【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

重さはイヤホン単体で約10g。ケースと合わせると約60gです。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

ケースはパカっと開けるタイプ。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

スライド式の「Soundcore Liberty Air 2 Pro」と違って安さの理由を感じる部分です。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン
あおい

片手では開けづらいかなぁ、、

カラーはブラック、オフホワイト、ネイビー、ライトブルー、コーラルレッドの5色。

ブラック以外の4色を選ぶと1,000円ほど高くなりますので、特にこだわりがないのであればブラックがお得。

あおい

値段の違いに気づいて一度キャンセルしてしまいました。

軸の先端にはマイク穴がついており、テレワークにも使うことが可能です。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

Anker Soundcore Life P3 製品仕様

Soundcore Life P3」の製品仕様です。

Soundcore Life P3
ブラック、オフホワイト、ネイビー、コーラルレッド、ライトブルー
重量単体10g/ケース込60g
連続再生時間最大7時間(ANCで6時間) / 最大35時間(ANCで30時間)
防水性能IPX5
ドライバー9mmダイナミックドライバー
対応コーデックAAC / SBC

ペアリングは自動で簡単

Soundcore Life P3」は、フタを開けるだけでペアリングが開始されます。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン
あおい

初回はイヤホンに絶縁シールがついているので剥がしてから使ってください。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

一度接続すると次回からはケースを開けただけでペアリングしてくれるオートペアリングにも対応しています。

あおい

聞きたいときにサッと取り出してすぐ再生できます

残念ながらマルチペアリングやマルチポイントには対応していません。

マルチペアリング
複数のデバイスで接続を切り替えること
マルチデバイス
複数のデバイスで同時に接続すること

他のスマホや電子機器に接続したい場合は、一度接続を解除する必要があります。

イヤホンをケースに戻し、リセットボタンを長押しするとペアリングモードになります。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

リモートワークでの会議に利用して、終わったらスマホに繋げて・・と切り替えたい場合はちょっと手間がかかります。

あおい

ここは「Soundcore Liberty Air 2 Pro」も同様です。

再生時間は上位モデルよりも高い

Soundcore Life P3」は、再生時間もなかなかのもの。

イヤホン単体で最大7時間(ANCで6時間)、ケースをふくめ最大35時間(ANCで30時間)使用可能です。

上位モデル「Soundcore Liberty Air 2 Pro」は、イヤホン単体の再生時間は同じですが、ケースは9時間ほど長くなっています。

10分の充電で2時間分の再生が可能というクイック充電にも対応しているのは嬉しいところ。

あおい

毎日充電しなくても使えるので忘れがちなんですよね。

さらにワイヤレス充電にも対応しているため、わざわざ充電時にケーブルを装着する必要がありません。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン
あおい

置くだけ充電で手間なく素早く充電可能。

この価格帯でワイヤレス充電に対応しているのは大きなポイントです。

高価格帯には劣るが悪くない音質

コーデックは、SBCAACに対応。

AACに対応しているのでiPhoneなどのApple製品などは快適に使用できます。

これは「Soundcore Liberty Air 2 Pro」も同様です。

aptX非対応はAndroidユーザーにとっては不満を感じる部分もあるかもしれません。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

ただ、最近はBOSEやSONY、Jabraなどの名だたるメーカーもaptXには対応していない機種もあります。

それにAACに対応したAndroid端末も発売されています。

今はSBC/AACでも十分な性能があり、その差はaptXに強いこだわりのある人以外にはそれほどわからないでしょう。

あおい

音質マニアでもない私には分からないぐらい良い音質でした。

音質は、低音から高音まではっきり聞こえますし十分な音域を確保。

あおい

ドンシャリ系の音質ですが中低音も聴きやすいです。

しかし、上位モデル「Soundcore Liberty Air 2 Pro」と比べると音の広がりは劣ります

AirPodsPro」で聞くとさらに音の広がりを感じられるので、音質については値段に比例して変わっていくようです。

Soundcore Liberty Air 2 Pro」には「HearID」という個人の聴覚をパーソナライズしてくれる機能を使うことでより没入感を高めることができましたが、それも「Soundcore Life P3」にはありません。

イコライザは全20種類の中から選ぶことができるので好みの音質に変更可能です。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

ノイズキャンセリング機能

Soundcore Life P3」にはノイズキャンセリング機能も搭載。

あおい

1万円以下のワイヤレスイヤホンにANCがつくなんて!

アプリイヤホンの操作でモード設定を変更することが可能。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン
あおい

自分のいる環境に応じて使い分けができます

「自宅」「電車移動」「カフェ」など状況に応じてモードを切り替えることも可能。

あおい

私の家ってこんなにうるさかったの?

ANCを利用した場合、主に消えるのは環境騒音(エアコン、モーター音)がメインで車の走行音や話し声などは多少聞こえます。

場所によって音量調整するよりもノイキャンで外音を封じる方がより快適な音楽ライフを送ることができます。

それが1万円以下で手に入るのだから衝撃です。

あおい

さすがAnkerですね。

Soundcore Life P3」は外音取込機能にも対応。

ワイヤレスイヤホンは、有線と違いつけたり外したりがしづらいため、常につけていることが多いです。

電車で移動している最中などは良いですが、移動中に装着しているとかなり危険

そこで重要になるのが外音取込機能

この機能をオンにすることで、周辺の音を取り入れながら音楽を楽しむことが可能。

機械的な音にならずあくまで自然に聞こえます。

あおい

ホワイトノイズもあまりありません

「音声フォーカスモード」もついていて、これに切り替えると外さなくても人の声がはっきりと聞き取れるので、コンビニなどちょっとした買い物で寄る時にも外す必要がなくなります。

ただ、実際に使用してみましたがこちらはそれほど実用的ではありませんでした。

あおい

それほど聞こえやすくなった感じはありませんでした。

外音取込機能については、「AirPodsPro」だとまるでAirPodsをつけていないかのように錯覚します。

ノイズキャンセリングも、外音取込も高価格帯のイヤホンと比べるとエントリー機という印象は否めません。

AirpodsPro」についているノイキャンはかなり高性能で、ノイズキャンセリングをした瞬間世界から切り離されたような感覚に陥ります。

あおい

Soundcore Life P3」にそこまでの衝撃はありません。

とはいえこの価格帯では凄すぎるレベルだということは間違いありません。

3つの新機能

HearIDの機能はカットされているものの、代わりに新しい機能が3つ追加されています。

  • ゲームモード
  • イヤホンを探す
  • 睡眠モード

ゲームモードは、ゲームプレイ時に生じる映像と音のズレを抑えるように制御する機能。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

ワイヤレスで起こる遅延問題を解決してくれます。

イヤホンを探す機能は、スマホからイヤホンの音を鳴らす機能。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン
あおい

独特な高周波音が鳴ります。

Bluetoothが届く範囲のみ有効なので、落とし物タグのような機能がついているわけではありません

すぐ近くで落としてしまった場合は有効ですが、外で紛失したらまず見つからないでしょう。

睡眠モードは、11種類のヒーリングサウンドを組み合わせてタイマーと共に流す機能。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

ノイズキャンセリング機能と組み合わせれば、睡眠の質を向上させること間違いなしです。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

リモートワークの通話品質

Soundcore Life P3」をリモートワークでも利用してみました。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン

耳に引っ掛けるタイプなので、圧迫感は少なめ

片耳再生にも対応しているので、リモート会議中に家族に話しかけられても聞こえます。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン
あおい

両耳つけて仕事するのって案外わずらわしいですしね

耳の負担も少なくなるので、リモートワークするなら片耳再生機能は必須と言えるでしょう。

音質自体もクリアでばっちり聞き取れましたし、相手側もこちらの声がはっきり聞き取れていたようです。

家で利用するならスピーカータイプが一番耳に負担はありません。

操作はタッチ式

Soundcore Liberty Air2 Pro」は、タッチ式で操作するタイプ。

「シングルタップ」「ダブルタップ」「2秒長押し」から機能を割り当てることが可能。

【レビュー Anker Soundcore Life P3】8千円台のノイキャン付ワイヤレスイヤホン
あおい

自分のよく使う設定にカスタマイズができます。

初期設定はこちら。

  • 左1回タップ:音量を下げる
  • 右1回タップ:音量を上げる
  • 左2回タップ:次の曲にスキップ
  • 右2回タップ:再生・停止
  • 2秒長押し:モード設定

タッチ操作は物理ボタンと違って少ないタッチで操作が可能でが、感度の問題か操作性はイマイチです。

AirPods」ではつまむ操作で実現できており、この辺りは大きくがあると感じます。

IPX5の防水性で日常使いに問題なし

Soundcore Life P3」の防水性能はIPX5

これは上位機種「Soundcore Liberty Air 2 Pro」のIPX4よりもワンランク上です。

ただ使うシーンの広がりという意味では大きく違いはありません。

雨の日やランニング中の汗程度なら大丈夫ですが、水の中に落としたらどちらもアウトです。

Soundcore Life P3とLiberty Air 2 Proとの違い

Soundcore Liberty Air 2 Pro」との差を比較してみました。

商品名

Life P3
Liberty Air 2 Pro
再生時間(単体)7時間(ANC6時間)7時間(ANC6時間)
再生時間(ケース込)35時間26時間
ドライバー大口径11mmPureNote11mm
対応コーデックAAC / SBCAAC / SBC
防水性能IPX5IPX4
充電端子USB-CUSB-C
ワイヤレス充電
ノイズキャンセル
装着検知
HearID
ゲームモード
イヤホンを探す
睡眠モード
価格8,990円12,980円
詳細を見る詳細を見る

Liberty Air 2 Pro」と違うのは音質装着検知HearID。

外したら自動で音楽が停止する装着検知機能は使ってみると確かに便利です。

また音の広がりも「Liberty Air 2 Pro」の方が上。

やはり良い音質でノイズキャンセルも味わいたいという人は「Liberty Air 2 Pro」がおすすめです。

音質に大きなこだわりもなく、とりあえずノイズキャンセリング機能を使いたい人4,000円も安価な「Soundcore Life P3」が買いでしょう。

まとめ

Soundcore Life P3」は8千円台という価格ながらノイズキャンセリング、ワイヤレス充電、防水性能を備えたワイヤレスイヤホン。

同価格帯のイヤホンの中では間違いなくコスパの高い製品となっております。

メリット
デメリット
  • 8千円台でノイキャン付
  • 7時間/35時間の再生時間
  • IPX5の防水性能
  • イヤホンを音を鳴らして探せる
  • apt-X非対応
  • 装着センサー非搭載
  • 上位機種と比較すると音質は劣る

最後までお読みいただきありがとうございます。あおい(@tolkoba)でした。

Amazonでお得にお買い物

Amazonで買い物するならAmazonギフト券で事前にチャージしておくのがおすすめ。

現金でチャージをするだけで、チャージ金額に対して最大2.5%のポイントを還元。

あおい

常に2.5%値引で商品を購入できるということです

チャージ金額にプラスしてプライム会員になるとさらにお得!

関連:Amazonプライムは日本こそお得 年4900円でここまでできるまとめ

あおい

10万円チャージで2,500円分もらえるということ!

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:某企業のIT部門

テレワーク環境を着々と整えつつあるガジェットブロガー。

キャンプギアをふんだんに使って、クリエイティブな家の構築を目指しています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ