3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンが1,500円という衝撃

こんにちは、あおい(@tolkoba)です。

3COINS(スリーコインズ)ってご存知でしょうか?

イオンなどのショッピングモールに出店していて、オシャレな雑貨など多くの商品を300円で販売しているダイソーのオシャレ版のような店舗です。

その店で衝撃的なガジェットを発見。

なんと完全ワイヤレスイヤホンが1,500円(税抜)で販売されていたのです。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホン
あおい

他メーカー3,000円程度の実力はあります!

リモートワークが始まったことでイヤホンの需要も増えています。

こちらのワイヤレスイヤホンは発売と同時にバカ売れして、何度も再入荷している人気商品です。

というわけで当記事では「3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンが1,500円という衝撃」について書いていきます。

【スペック】3COINS(スリーコインズ)ワイヤレスイヤホン

Bluetoothバージョン5.0
連続再生時間約5時間
充電時間約1時間
プロファイルA2DP,AVRCP,HFP,HS
対応コーデックSBC
バッテリー容量(本体)30mAh
バッテリー容量(ケース)300mAh
イヤホンサイズ17x17x42mm
充電ボックスサイズ70x45x23mm

対応コーデックがSBCのみなので、音質面の不安は残りますが、再生時間やケースのバッテリー容量は他の価格帯のイヤホンと比べても十分使えるレベルです。

【外観】3COINS(スリーコインズ)ワイヤレスイヤホン

充電ケース

白と黒の2種類が販売されていますが、私は白を選びました。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンのケース
あおい

シンプルなのがいいですよね。

サイズも手のひらサイズで持ち運びやすいです。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンのケース

シンプルな反面、フタを開く部分の凹凸が少ないので、開きにくいです。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンのケース
あおい

両手を使わないと開くことができません。

充電はUSB-Bです。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンのケースUSB差込口

イヤホン本体

フタを開けるとイヤホンが横たわって収納されています。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンのケースと本体

イヤホン本体の形状は、Appleの「AirPods」に似ています。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンの本体

Appleほど洗練されてはいないですが、シンプルで悪くありません。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンの本体

付属品は、USBケーブルと説明書のみです。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンの付属品

あまり主張せず、ひたすらにシンプルさを追求したところに3COINSのセンスが光っています。

【サイズ】3COINS(スリーコインズ)ワイヤレスイヤホン

サイズは、充電ケースが「70x45x23mm」。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンのサイズ
3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンのサイズ
あおい

Airpods(53.5×44.3×21.3)よりも一回り大きいです。

本体は「17x17x42mm」です。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンのサイズ
3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンのサイズ
あおい

本体も「AirPods」よりほんの少しだけ大きいサイズ。(16.5×18.0×40.5mm)

実際につけてみるとこんな感じ。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンの装着感
あおい

耳からうどんタイプ笑

最初登場したときには違和感がありましたが、「AirPods」をみんなつけているので見慣れてきました。

【重さ】3COINS(スリーコインズ)ワイヤレスイヤホン

重さは充電ケースが公称値とほぼ同値の33g

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンの重さ

本体は4gです。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンの重さ

収納した状態で40gです。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンの重さ
あおい

重さは「Airpods」(56.6g)よりも軽いです。

【バッテリー容量】3COINS(スリーコインズ)ワイヤレスイヤホン

「3COINSのワイヤレスイヤホン」は、ケースに残容量が表示されます。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンのバッテリー容量
あおい

ランプの点灯個数で残容量が分かります。

「3COINSワイヤレスイヤホン」のバッテリー容量は、

  • 本体 30mAh
  • ケース 300mAh

です。

再生時間は、本体が約5時間。ケースで約7回分を充電することができます。

あおい

合わせて約40時間バッテリーが持つ計算です。

AirPods」がケースと合わせて24時間だと考えるとバッテリー容量は十分にあります。

【音質】3COINS(スリーコインズ)ワイヤレスイヤホン

「3COINS ワイヤレスイヤホン」の対応コーデックはSBC

多くの高品質イヤホンは「AAC」や「apt XHD」などに対応しているので、スペックとしての音質はそれほど期待できません

iPhone11に繋げて試してみました。

あおい

フタを開けるとペアリングモードになるのでかんたんに接続できますよ。

Bluetoothのデバイス名は「AIRMUSIC」で表示。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンのBluetooth接続

1万円程度のイヤホン「AVIOT TE01-D」と比較すると音質の差は歴然です。

全体的に音がこもっている感じがあり、主に高音部分の爽快さはありません。

ただ、比較しなければあまり分かりませんし、特にこだわりがなければこれでも十分かと。

聞いている感じ音飛びなどはありませんでした。

通話中は、相手の音は聞こえるけれど、相手からは音がこもって聞こえたり、音飛びするときがあると言われました。

あおい

通話には向いてないかもしれません

【操作感】3COINS(スリーコインズ)ワイヤレスイヤホン

「3COINS ワイヤレスイヤホン」はタッチセンサーがついているので、イヤホンから操作ができます。

3COINS(スリーコインズ)のワイヤレスイヤホンのタッチボタン
再生/一時停止どちらかを1回タップ
音量調節右を2回タップ
左を2回タップ
曲送り曲戻し右を3回タップ
曲送り左を3回タップ
電源オフ2秒間長押し
電源オン3秒間長押し
あおい

タップ式なので操作はしやすいです。

【まとめ】3COINS(スリーコインズ)ワイヤレスイヤホン

「3COINSのワイヤレスイヤホン」は、

  • 1,500円という驚異的なコスパ
  • 主張のないシンプルなデザイン

に良さがあります。

ただし、あくまで1500円の商品です。

  • 音質はそれほど良くない
  • 遅延がある
  • 通話中に音飛びがある

ということは知っておきましょう。

あおい

リモート通話で利用すると、相手の声は聞こえるのにこちらの声は聞こえにくいことが多かったです。

もっと音質にこだわりたい方は1万円以下からある国産メーカーのAVIOTや、Apple純正の「AirPods」がおすすめです。

カナル型も発売されていますよ。

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:某企業のIT部門
ガジェットやキャンプに関する記事を書いています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ