【レビュー Anker PowerWave 10 Pad(改善版)】はワイヤレス充電のエントリー機におすすめ

こんにちは、ガジェット大好きあおい(@tolkoba)です。

最近、ワイヤレス充電器が増えてきましたが、どれを選んでいいのか分からない。

そんなときに、とりあえず導入するならおすすめなのがAnkerの「PowerWave 10 Pad(改善版)」。

1500円で購入できるワイヤレス充電器で、品質はモバイルバッテリーや充電器に定評のあるAnker製品。

USB-Bケーブル利用で、急速充電に対応しているものの最大10Wと、最新ガジェットと比べると若干性能は劣りますが、今でも売れ筋のガジェットです。

あおい

マジでワイヤレス充電に慣れたらケーブル生活には戻れませんよ。

というわけでこの記事ではAnker「PowerWave 10 Pad(改善版)」についてレビューします。

メリット
デメリット
  • 載せるだけで充電できる
  • ケーブルの煩わしさから解放される
  • 表面がゴムなので位置ズレしにくい
  • ケーブル充電より時間がかかる
  • ズレていると充電できない
  • 充電しながらスマホは使いにくい

Anker PowerWave 10Pad(改善版)仕様

製品
PowerWave10
出力5W / 7.5W / 10W
入力5V-2A / 9V-2A
入力対応規格QuickCharge2.0/3.0
インターフェイスmicroUSB×1
サイズ100mm x 100mm x 11mm
重量67g
カラーブラック/ホワイト/ブルー
同梱物本体×1 Micro USB×1 取扱説明書× 1
イラスト説明書× 1
Amazonで見る

Anker PowerWave 10Pad(改善版) 外観

PowerWave 10 Pad(改善版)」の見た目はシンプルで、真ん中にAnkerのロゴを配置。

両面ともゴム製で加工されていて、滑りにくく傷も付きにくいタイプ。

質感はマッドで安っぽさがないのは良いところ。

あおい

ホコリが付着しやすいというデメリットはあります。

カラーはブラック、ブルー、ホワイトの3色展開。

ブラックが一番安価に購入できるので、特にこだわりがなければブラックが良いでしょう。

同梱物

PowerWave 10 Pad(改善版)」の同梱物の一覧は以下。

  • Anker PowerWave 10 Pad 本体
  • Micro USBケーブル(120mm)
  • 取扱説明書
  • ユーザーマニュアル

最近の主流はUSB-Cケーブルになってきていますが「PowerWave 10 Pad(改善版)」で採用されているのはMicro USBケーブル(USB-B)。

あおい

USB-Cの方がいいですね。

と言いつつも、まだまだ多くの製品に採用されているので、ケーブルや充電器の代用はしやすいし、汎用性があります。

サイズ

サイズは直径10cmで厚みは1.1cm

重さは66gと軽いので、出先に持っていくのもアリでしょう。

あおい

これ本当にガジェット!?って思うほど軽いです。

インターフェース

PowerWave 10 Pad(改善版)」の側面にUSB-Bポートがついています。

表面の左側には充電器の状態をあらわすための、LEDランプ

LEDの色意味
青色に3秒間点灯後に消灯電源に接続したとき
青色に点灯充電中
青色で点滅充電器に異物が載っている
緑色で点灯充電器の互換性がない

Anker PowerWave 10Pad(改善版) 充電性能

高速充電対応

PowerWave 10 Pad(改善版)」は、10Wまで対応したQi規格のワイヤレス充電器。

Qi規格に対応した製品なら高速充電ができます。

ただし、7.5Wや10Wで充電するには、QuickCharge2.0/3.0対応の充電器が必要です。

どれを買っていいかわからないという方は、安価なこちらがおすすめです。

また、iPhoneは最大7.5Wの出力、Galaxy S10などは最大10Wの充電が可能です。

あおい

ケースがワイヤレスに対応していない場合もあるので気をつけてください。

ワイヤレス対応していない例

  • 磁石や鉄製プレートを入れたケース
  • ポップソケットのあるケース
  • 5mmの暑さのあるケース

PowerWave 10 Pad(改善版)」は、ワイヤレス充電に対応したイヤホンにも使うことができます。

最近のワイヤレスイヤホンはワイヤレス充電に対応しているものも多いので、汎用性も高いです。

充電するときの注意点

PowerWave 10 Pad(改善版)」は、中央に配置しないと正しく充電されません。

朝起きたら全然充電されていなかったことのないように気をつけましょう。

その代わり、表面はゴム製になっているため、ちょっと触っただけでズレてしまうことはありません

あおい

かなり傾けてもズレることはありませんでした。

くっついているわけではないので、上の写真以上に傾けるとズレてしまいますが、ベッドのような不安定な場所でも問題なく充電可能です。

iPhone12であればMagsafeのついた「Powerwave magnetic 2in1」がおすすめ。

Magneticの部分でiPhone12を充電し、下の台座もワイヤレスになっているので同時にワイヤレスイヤホンも充電可能になっています。

充電中のスマホ操作はイマイチ

PowerWave 10 Pad(改善版)」は、置いて充電するタイプの充電器です。

そのため、充電しながらスマホを操作することには向いていません。

充電しながら使いたいならケーブルか、iPhone12であればMagsafeに対応した充電器が良いでしょう。

コイル鳴きについて

ワイヤレス充電中はコイル鳴きが発生しますが、日常生活で気にするような音ではありません。

ただし、就寝する部屋に耳元にあると多少の音が発生します。

Anker PowerWave 10Pad(改善版) まとめ

PowerWave 10 Pad(改善版)」はワイヤレス充電のエントリーとしてちょうどいいガジェット。

メリット
デメリット
  • 載せるだけで充電できる
  • ケーブルの煩わしさから解放される
  • 表面がゴムなので位置ズレしにくい
  • ケーブル充電より時間がかかる
  • ズレていると充電できない
  • 充電しながらスマホは使いにくい

ワイヤレスでは電力ロスが発生するので、ケーブル充電よりもフル充電までに時間がかかります。

とはいえ、使わない時にサッと置くだけで充電が開始されるので、こまめに充電できます。

あまりの便利さにケーブルを抜き差しする生活には戻れなくなりますので、ぜひ試してみてください。

このシリーズには「Anker PowerWave10 Stand改善版」というスタンドタイプもあります。

スマホを立てたまま充電できるため充電しながらYouTubeが見れたり、使い勝手が良いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。あおい(@tolkoba)でした。

Amazonでお得にお買い物

Amazonで買い物するならAmazonギフト券で事前にチャージしておくのがおすすめ。

現金でチャージをするだけで、チャージ金額に対して最大2.5%のポイントを還元。

あおい

常に2.5%値引で商品を購入できるということです

チャージ金額にプラスしてプライム会員になるとさらにお得!

関連:Amazonプライムは日本こそお得 年4900円でここまでできるまとめ

あおい

10万円チャージで2,500円分もらえるということ!

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:某企業のIT部門

テレワーク環境を着々と整えつつあるガジェットブロガー。

キャンプギアをふんだんに使って、クリエイティブな家の構築を目指しています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ