【レビュー】純正品の半額以下!NANAMIのMagsafeっぽいワイヤレス充電器

iPhone12から対応したMagsafe充電器。

磁石の力を利用してiPhone12と充電器をくっつきます。

充電していたと思ったら、位置がずれていて充電できていなかったということを防ぐことができます。

あおい

でも純正品は5,000円もするんです。。

そこで購入したのがAmazonで購入できるNANAMIのワイヤレス充電器。

Magsafeのようなデザインできちんと充電することができて、それでいて2,000円ちょっとで買える格安製品。

試してみたところ、性能に問題なさそうでしたので、magsafeを使ってみたいという人にはちょうどいい製品です。

というわけでこの記事では「【レビュー】純正品の半額以下!NANAMIのMagsafeっぽいワイヤレス充電器」について書いていきます。

NANAMI ワイヤレス充電器 外観、付属品

まずは外観。

裏側はシルバーで加工されていて、見た目は結構かっこいいです。

本体の他にはUSB-Cケーブル、そしてUSBアダプタが入っています。

USB-Cのアダプタで充電することもできますし、変換アダプタをつけることでUSBアダプタの充電器で充電することも可能です。

あおい

USB-Cもまだまだ少ないですからね

注意

アダプタは付属していません。

アダプタを購入するなら急速充電に対応したものがおすすめ。

電子回路がコイルと分離しているため、本体部分はとても薄くスタイリッシュですが、接続部にUSB-Cケーブルを接続すると収まりが悪くスッキリしません。

あおい

ちょっと作りが雑ですね。。

コイル部分はiPhone12よりもサイズが小さいため、コイル部分を隠すことができます。

コイルも見えないため、ワイヤレス充電よりも見た目はスッキリします。

あおい

充電器周りがスッキリしますね。

NANAMI ワイヤレス充電器 基本スペック

サイズ

サイズは本体が直径6.2cmの丸型。

Apple純正のMagsafeは5cmちょっとなので、純正とサイズが異なります。

あおい

純正のサードパーティ製品とは合わない可能性があるので注意してください

厚さはなんと0.4cmという薄さ。

USB-Cケーブルの長さは10cmのものが付属しています。

重さ

本体のみの場合 39g。

付属のケーブル込みで56gでした。

あおい

iPhoneの3分の1程度しかありません。

インジケータ

通電しているかどうかは、本体から少し離れた電子回路版で確認することができます。

電源を挿すと数回点滅。充電中は青色で点灯します。

NANAMI ワイヤレス充電器の充電性能

Magsafe非対応ケースをつけたまま充電できる

「NANAMI ワイヤレス充電器」は、ケースをつけたまま充電することが可能です。

私がつけているのは、「Spigen」のiPhone12用ケース。Magsafe対応ではありません

ケースをつけたまま試してみたところ、きちんと認識しました。

注意

メーカーはケースを外して充電することを推奨しています。

充電に影響が出ると言われても、毎回外して充電なんてしてられないので、ケースをつけたまま充電することに。

ただし、ケースをつけていると磁石の力は弱め。

カチッとついた後、簡単には外れませんが

ぶら下げるようにするとすぐに外れてしまいます。

ケースを外した状態で使用してみるとぶら下げても外れない磁力になります。

Magsafe対応のケースを使ってみたところ、裸と変わらない磁力でくっつきました。

あおい

ケースもMagsafe対応のものに変更した方がいいですね。

普段、ベッドの上で充電している方は、ワイヤレス充電だといつの間にかズレて充電できていないこともあるので、マグネット式は良さそうです。

純正はもちろん対応していますので、見た目が好きなら純正でもいいですね。

充電しながらiPhoneが使える

ワイヤレス充電にしてからというもの、充電しながらiPhoneを利用することができなくなりました。

もちろん置いたまま操作すれば可能ですが、持たずに使うと使いにくいですよね。

しかし、マグネット式なら充電しながら手にもって使うことができるようになります。

あおい

ベッドで寝ながら使う人は有線より全然便利!

ケーブルの向きも変えられるので、横向きにしてもケーブルが邪魔になりません。

場所を固定して使うにはイマイチ

一度くっつけたらすぐに外れないのがマグネット付きのワイヤレス充電器の良いところです。

だから逆に机の上に置いた場合は片手で取れなくなります。

あおい

机の上はスッキリするけど、つけ外しが面倒です。

充電時間

急速充電に対応していない電源に、magsafeに対応していないケースを利用して充電を試したところ4時間弱かかりました。

NANAMI ワイヤレス充電器 まとめ

「NANAMIのMagsafe対応ワイヤレス充電器」はエントリーモデルとしては必要十分な機能を備えています。

  • 2,000円そこそこで買える
  • Magsafe非対応ケースでもぶら下げなければ外れない
  • Magsafeのお試し版としてはおすすめ
  • 見た目がスッキリする
  • ベッドで使うならちょうどいい
  • USBの接続部の設計がイマイチ

純正と違って2,000円そこそこで買える割には使える製品です。

本体がスマホより小さいので見た目はスッキリします。Magsafe非対応のワイヤレス充電器と比べると取り外しの手間はあります。

とは言え一度つければ外れにくいので、純正品のMagsafeは高いけど試してみたい人や、ベッドの上で充電したい人にはちょうどいいと言えるでしょう。

純正品の半額以下で買えるコスパの良い製品です。

最後までお読みいただきありがとうございます。あおい(@tolkoba)でした。

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:某企業のIT部門
ガジェットやキャンプに関する記事を書いています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ