映画「マリグナント 狂暴な悪夢」ネタバレ感想・解説 ホラー、スリラー、アクションの複合ジャンル

マリグナントは2021年のホラー映画。

「ソウ」シリーズのジェームズワン監督によるホラー映画。

尋常じゃない身体能力で次々に人を襲う殺人鬼は人か悪魔か。カギを握るマディソンとの関係は?

というミステリー、スリラー要素も兼ね備えた映画。

ホラーとしてもドキッとさせたり、グロシーンで演出したり、お腹いっぱいになれるというのに、スリラー要素もありハラハラドキドキ感も忘れない。

それでいてアクションシーンもカッコいい。

ストーリーとしての出来もしっかりしていて、ホラーだからなんでもアリにせずにちゃんと説明がつく。

ときおり場面転換で挿入されるミステリアスで最高にクールな音楽も相まって、エンターテイメント的にめちゃくちゃ楽しめる映画だ。

マリグナント 狂暴な悪夢

おすすめ度
76点

2021.11.12

111分

ホラー

ジェームス・ワン

アナベル・ウォーリス

Amazonで探す

次々に人を襲う殺人鬼の正体は人か悪魔か!?
見どころ
  • ソウシリーズ監督作品
  • ホラー、スリラー、アクション!
  • ストーリーや演出もクール

テーマ
芸術
エンタメ
雰囲気

映画館をあなたの家に

100インチを持ち運べるプロジェクター
  • 片手で映画を持ち運ぶ
  • 200ルーメンの明るい映像
  • AmazonPrime,Netflix,Youtubeなど網羅
家の壁、天井、キャンプ場、車中泊の車の中などさまざまな場所で大画面を味わうことができます。

「マリグナント 狂暴な悪夢」映画情報

タイトルマリグナント 狂暴な悪夢
公開年2021.11.12
上映時間111分
ジャンルホラー
監督ジェームズ・ワン

映画「マリグナント 狂暴な悪夢」キャスト

登場人物キャスト
マディソンアナベル・ウォーリス
シドニーマディー・ハッソン
ショウ刑事ジョージ・ヤング

映画「マリグナント 狂暴な悪夢」あらすじ

間近で恐ろしい殺人を目撃する悪夢体験に苛まれるマディソン。その連続殺人が現実世界でも起きていく。彼女の日見られた過去につながる”狂暴な悪夢”の正体=Gとは!?

公式サイト

映画「マリグナント 狂暴な悪夢」ネタバレ感想・解説 

ゲイブリルに誘拐された女性は誰だったのか?

引用:映画「マリグナント 凶暴な悪夢」

地下施設でのツアーガイドが、マディソンの母親であり、ゲイブリルの母親でもあった。

彼女はゲイブリルのことを知った上で、マディソンを養子に出していた。

だからゲイブリルは母親を拉致したが殺さずに、医師たちに復讐をしようとしたのだ。

殺された医師たちは誰なのか?

マディソンが予知夢のように殺されるところを見た医師たち。

幼き頃のマディソンを担当していた医師だった。

マディソンとゲイブリルの関係を知っていて、2人とも助けようとするが、ゲイブリルの悪意により大量の死者を出してしまう。

仕方なしにマディソンを助けるためにゲイブリルをある方法で封じ込めることに成功する。

しかし、マディソンの夫が後頭部に傷をつけたことをきっかけにゲイブリルが現れ、復讐のために2人は殺されてしまうのだった。

ゲイブリルの正体は?

引用:映画「マリグナント 凶暴な悪夢」

ゲイブリルはマディソンと一緒に生まれてきた双子であり、寄生双生児だった。

ゲイブリルは母親の体内で発達が遅れた状態生まれてきており、人間の肉体としては不完全だった。

そして2人は身体だけでなく脳まで共有していた。まるでマディソンに寄生するかのように生きていて、実際に栄養素なども吸い取っていた。

ゲイブリルは脳を操ることでマディソンの体を自由自在に乗っ取ることもできた。

だから操作されているマディソンは夢を見ているかのように、医師たちが殺されることを間近で見ていたのだ。

医師たちによってどうしても切れない一部の脳を除いて、ゲイブリルを排除することになったのだが、傷口が開いたことによってゲイブリルがこの世に放たれることになる。

つまり、肉体的にはゲイブリルはマディソン自身だった。

ゲイブリルがなぜこんなにも残忍なのかだが、マディソンとゲイブリルがレイプの結果できた子どもであり、その犯人である父親の血を色濃く受け継いでしまったと言える。

にしても生まれてすぐにこれだけ邪悪なのだから父親も相当ヤバい人間に違いないが、ここは深く言及されていない。

ゲイブリルの能力は

マディソンの脳を操ることができるため、脳の潜在能力を引き出す力に優れているものと思われる。

電気の力を通じてラジオから声を出したり、電気をショートさせたのは、おそらく脳を操ることで、電磁波のようなものを出したからだ。

最初の方の超常現象は、電気を操れるゲイブリルがミキサーやテレビなどを操作していたものと思われる。

ソファのふくらみの戻り方は、まるで透明人間がやっているように見せかせているが、単純に高速で移動しただけだ。

なぜ、こんな超人のような動きができるのかははっきりしないけど、電気をコントロールするのと同じように身体能力も潜在的なパワーを発揮している。

マリグナントのラスト

ゲイブリルがマディソンを操れるように、マディソンもまたゲイブリルを操れることに気づく。結局は同じ脳を共有するもの同士なので、分かっていれば理論上できるはずなのだ。

妹のシンディをすんでのところで助けて封印する。でもこれめでたしめでたしなんてなるわけもない。

囚人たちを皆殺しにして、大量の警察官を殺しまくったマディソンは、いくらゲイブリルが頭の後ろにいて取り憑いていたからといって無罪放免はあり得ない。

マディソンが住んでいる地域はシアトル。ワシントン州なので死刑制度は廃止されている。だから終身刑として過ごすだろう。

続編を仮に作るとしたら、刑務所の中で再び目覚めたゲイブリルが暴走するアクション映画になるのではないかな。

ホラー要素も入れつつ、次回作も見てみたいと思わせるほどには楽しめる映画だった。

マリグナントを見たらこれもおすすめ

ホラー

スリラー

クルマの中でも映画を見よう

2021年公開のおすすめ映画

コロナ禍でも面白い映画はたくさん!実際に観た映画の中からジャンル分けしてご紹介

2021年最新版 面白いおすすめの洋画

アクションからホラー、往年の名作に最新の映像技術を駆使した大作まで。
洋画の持つ素晴らしさは数知れず。そんな映画の中から実際に観たものだけをご紹介!

映画ブロガーがおすすめする面白い映画ランキング

次に見る映画を探しているなら、映画ブロガーが今まで見た映画の中から厳選した結果をランキングにしてご紹介。名作からちょっとマイナー作品、評価は高いけど認知度の低い作品まで幅広いジャンルから、とにかく面白くて仕方がない映画を紹介。
おうちシネマを作ろう
家中どこでも100インチの大画面で映画が楽しめる!
持ち運べるプロジェクター