【値下げ】GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 230Jのレビューと使い方 普段使いもできるランニングウォッチ

こんにちは、マラソン歴4年のあおい(@tolkoba)です。

マラソンするなら必需品ともいえるランニングウォッチ。

スマホでもタイムを計ったりできるんですが、やっぱりポケットからの出し入れって面倒ですよね。

あおい

走りながらの場合、腕を上げるだけで時計を見れた方がいいですよ。

ランニングウォッチもたくさんありますが、大事な要素は「軽量性、電池の持続性、価格」です。

これらを兼ね備えるのが

  • 41gと軽量で(AppleWatchは60g以上)
  • 発売当初から1万円以上値下げされ
  • ウルトラマラソンを走れる電池の持続性をもつ

コスパの高いランニングウォッチなんです。

1ヵ月も電池が持つのに、スマホの通知機能まで揃っているスマートウォッチなんです。

あおい

みちびき(日本版gps)にも対応していますよ。

当記事では、GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 230Jの使い方・レビュー記事を書いていきます。

良かった点
・軽い!
・外観がかわいい!
・直感的に使える操作性!
・12週間使えるスマートウォッチ!
イマイチな点
・おもちゃっぽい
・画素数は低め
・充電器が専用ケーブル

GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 230Jの価格・仕様

ガーミン230Jの仕様

GARMIN
本体サイズ 45 x 45 x 11.7 mm
解像度 31.1 mm
電池 トレーニング:16時間
通常:5週間
GPS
GLONASS
みちびき
スマホ通知
防水 5TM
心拍 235Jのみ

ガーミン230Jの外観

あおい

表示もシンプルで画素数も最低限しかありません。

ガーミン230Jのサイズ・重量

GARMIN ForeAthlete230J」 の画面サイズは45x45x11mm と大きめなので運動中でも見やすいです。

GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 230Jのサイズ
あおい

ちなみに「AppleWatch」のラージサイズが44mmです。

GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 230Jのサイズ

全体の長さは25cm程度になります。

GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 230Jのサイズ

重さはバンドも込みで41g。

あおい

実際に着けてみるとかなり軽く感じますよ

ガーミン230Jの防水性能

GARMIN ForeAthlete230J」 は、IPX7相当の防水性能があります。

さらに独自の基準を持っています。

GARMIN ForeAthlete230J」 は5TMと規定されており、

  • しぶき
  • 雨、雪
  • シャワー
  • スイミング
  • 飛び込み
  • シュノーケリング

に対応しています。

スキューバダイビングなど、激しいウォータースポーツには対応していません。

あおい

マラソンのときの雨や汗なんかは全く気にしなくても良いですね。

ガーミン230Jの価格

GARMIN ForeAthlete230J」 は、 現在17,000円代で販売されています。

あおい

私が購入した2018年1月からほとんど変わっていません。

現在の価格は下記よりご確認ください。

GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 230J の使い方

ガーミン230Jの5つのアクティビティモード

GARMIN ForeAthlete230J」は、5つのモードからアクティビティを選択し、計測できます。

計測のスタートも簡単です。右上のボタンを押していけばスタートします。

あおい

計測はかんたんですね。

ガーミン230Jは 4分割で画面を表示できる

ランニングの最中は、時間を確認するというより、ペース配分だったり距離を確認しますよね。

GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 230Jは、画面に表示する内容を自分の好きなようにカスタマイズできます。

最大4分割×2パターンが見られるので情報に困ることはありません。

距離や時間、ラップタイムだけでなく、前回のラップタイムとの比較なども表示することが可能です。

あおい

左下にある上下ボタンで表示内容を切り替えもできます

表示内容を切り替えることで、いろいろな組み合わせを設定できます。

もちろん、信号などで停止した場合、自動でストップする機能もついています。

あおい

練習中には欠かせない機能ですね。

ガーミン230JとスマホのBluetooth連携機能


GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 230Jは、ランニングログをとるのはもちろんのこと、スマートフォンとBluetoothで連動できるので、電話やメールなどの通知機能もついています。

画素数が少ないため写真などは表示されない
あおい

写真までは見られませんが、何の通知かは分かりますよね

ガーミン230Jでライフログを取得

ライフログでは、ステップ数や階段、カロリー、睡眠時間などを計測することができます。

ガーミン230Jは最大3カ月の超ロングバッテリー!

常にアクティビティをしているわけではないので、普段は時計として使うと思います。

それなのに毎日充電するのって、意外と面倒なんです。

GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 230Jは、時計としての機能だけで使う場合、3ヵ月の超ロングバッテリーを実現しています。

あおい

ただし、時計としての機能のみを使う場合です。

ライフログや通知機能を利用する場合は5週間です。

あおい

1ヵ月持てば十分ですよね。

使い方による電池の持ち時間
・時計のみ 12週間
・時計+Bluetooth+ライフログ 5週間
・GPS 16時間
あおい

ウェアラブルデバイスとしても、通知機能があれば必要十分です。

ガーミン235Jで使えるアプリ「GARMIN CONNECT」

GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 230Jは、GARMIN CONNECTというアプリで連携できます。

もちろん、GARMINの他のデバイスとも連携できるアプリです。

GARMIN専用アプリのため、かなり細かい情報を取得することができるようになっています。

ガーミン 230Jと235Jの違いは心拍数

ガーミンにはGARMIN(ガーミン)ForeAthlete 230Jとその上位モデルである235Jがあります。

大きな違いは1つ。

あおい

心拍数がついているかどうかです

心拍数をペース走に取り入れたい人は235Jになります。

私は特に必要としませんので、230Jにしました。

また、稼働時間が235Jの方が5時間短くなります(16時間→11時間)。

ガーミン 230J でランニングした感想

右上のボタンを数回押すだけでスタートの簡単操作

バイブも音もはっきり聞こえる

あおい

バイブと音がしっかり聞こえます。

Apple Watchはバイブも弱く音も小さめなので、ちょっと大通りなんかを走っていると聞こえないこともたくさんありました。

しかし、ForeAthlete230Jは、バイブも音もしっかり聞こえます。

通知のタイミングもペース、タイム、距離など変更ができます。

GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 230J まとめ

良かった点
・軽い!
・外観がかわいい!
・直感的に使える操作性!
・12週間使えるスマートウォッチ!
イマイチな点
・おもちゃのような外観
・画素数の低さ
・充電器が専用ケーブル

心肺測定機能がついたForeAthlete 235Jもありますが、1万円以上高くなります。

あおい

心肺測定はペースメーカーとして使うと便利ですけどね。

ランニング初心者や健康のために始めたばかりの方には心肺測定機能はなくても問題ありません。

230Jも発売から1年以上経過しているので、かなり値下げ(4割程度)されています。新機種が発売されると価格がまた上がるかもしれません

1万円以下で買えるランニングウォッチもありますが、あまり安い機種だとGPS性能が悪かったりします。

GPS性能はランニングウォッチの肝です

安易に安い機種に手を出さないようにしましょう。

ランニングウォッチを購入するならフルマラソンまで目指しましょう。

フルマラソンも走れる再生時間のワイヤレスイヤホン

JCB 20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

JCBカードをApplePayまたはGoolePayに登録して
スマホ決済をするだけで
JCBカード1枚につき最大1万円までキャッシュバックされます!

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:システム会社のマネジメント&SE業務
家族:妻と子2人
30代が考えるお金とテクノロジーについて発信していきます。
映画は趣味です。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ