AVIOT TE-D01d評価・レビュー 日本のオーディオメーカーが作る9時間連続再生ワイヤレスイヤホン

こんにちは、あおい(@tolkoba)です。

このたび、完全ワイヤレスイヤホンを初めて購入しました。

完全ワイヤレスイヤホンには前から興味があったのですが、ある理由からなかなか購入に踏み切れませんでした。

それは「再生時間」

多くの製品がイヤホン単体での連続再生時間が3~4時間しかありません。

ケースを含めても総再生時間が20時間程度しかありませんでした。

あおい

電池切れしそうな頃に充電するのって結構忘れますよね。

私はマラソンするので、フルマラソンを走るぐらいの時間(5,6時間)でも電池切れにならないこと、

会社の通勤時でも1週間程度は電池が持つことを前提にイヤホンを探しました。

そして、見つけたのがこちら。

あおい

AVIOT TE-D01dです!

連続再生時間9時間、最大100時間再生を誇る完全ワイヤレスイヤホンです。

日本の製品ということで、再生時間だけでなく音質面や音飛び防止などにもこだわり抜いて作られた製品です。

そういうわけで、当記事では「AVIOT TE-D01d」のレビュー記事を書いていきます。

AVIOT TE-D01d 外観と付属品

AVIOT TE-D01d外箱

AVIOTは日本のオーディオメーカーが作っている完全ワイヤレスイヤホンになります。

他のオーディオメーカーと比べるとあまり目立っていないのですが、コストパフォーマンスはかなり高く、購入者の評価も高いのが特徴です。

防水性能はIPX4と、運動による汗や雨程度なら全然問題ありません。

今回、私が購入したのはNavy。他にもDark RougeとBlackがあります。

AVIOT TE-D01dイヤホン正面

イヤー部分も光沢があり、ボタン部分も金属製になっています。

特殊金属塗装により、漆塗りを思わせるほど艶やかな外観になっています。

イヤホンの重さは11g。

AVIOT TE-D01dイヤホン重量

バッテリーケースは63gとなっています。

モバイルバッテリーとしても利用できるのにこの軽さ。

AVIOT TE-D01dケース重量

ケースは縦長タイプになります。

手のひらサイズで、これまたコンパクト。

充電すると真ん中にランプが点灯し、4段階で表示されます。

同梱品は、イヤホン本体と充電ケース、イヤーピース、イヤーウイング、USBケーブルです。

充電アダプターは付属しません。

イヤーピースは3種類あり、耳の大きさに合わせて選ぶことができます。

イヤーウイングはホワイトとベージュの2種類。大きさは同じです。

AVIOT TED-01dのモバイルバッテリー性能

AVIOT TE-D01d」は、イヤホン単体で9時間の連続再生時間を実現しています。

あおい

フルマラソンを走ってもまだ全然余裕です!

AVIOT TE-D01dイヤホン

そして、ケース合計で100時間もの再生時間を実現しています。

つまり、毎日3時間使っても、1ヵ月間は充電の必要ありません。

AVIOT TE-D01dイヤホンとケース

容量は1,800mAhの大容量バッテリーを搭載し、スマホの充電もできます。

これは、iPhone8が1回分フル充電できるぐらいの容量です。

あおい

モバイルバッテリーを持っていかなくてもいいですね。

外部充電はUSBのフタを外して行います。

AVIOT TE-D01dのUSB

フタ部分はケースから完全に外れてしまうのでなくさないように注意が必要です。

AVIOT TE-D01dでスマホの充電

AVIOT TED-01dのペアリング

ペアリングモード

初回は取り出すと自動的にペアリングモードになります。

スマホのBluetooth設定

TE-D01d_Lが表示されたら選択します。

ペアリング完了

接続済になったらペアリング完了です。

次回からは自動的に接続されます。

あおい

ボイスがきれいな声のお姉さんなのもGoodです

AVIOT TED-01dはランニングにもつけられる装着感

AVIOT TE-D01d」は、人間工学に基づいたデザインによりフィット感も良いです。

AVIOT TE-D01d装着したところ

付属のイヤーウイングを装着することでスポーツなどの激しい動きにも対応します。

実際に、「AVIOT TE-D01d」を装着してランニングしてきましたが、イヤーウイングがバランスをとっているため、落ちそうになることはありませんでした。

AVIOT TE-D01d装着したところ
あおい

イヤーウイングがあるので、耳の奥まで入れなくても落ちません。

周囲の音を拾えるぐらいの状態で走ることができます。

AVIOT TED-01d の音質

AVIOT TE-D01d」は日本人のオーディオエキスパート達が音質設計に関わり、高音質、高品質を目指したこだわりの日本製品です。

目指したのは、日本の音。

海外で生産された耳を圧迫するような重点音が協調された音ではなく、フラットなトーンバランスをベースにした音造りをしているのが特徴です。

シリーズは違いますが、AVIOT TE-D01bは、クラウドファンディングで目標額100万円のところ2,000万円を集めた製品です。

高音質コーデックaptXにも対応しているため、より高音質の再生にも向いています。

朝の満員電車の中でも音飛びすることもありませんでした。

ボタン操作

電源 オン それぞれ1回押す
オフ 4秒長押し
音楽 再生 1回押す
停止 1回押す
曲送り 2回押す
曲戻し 3回押す
通話 受話 1回押す
終了 1回押す
拒否 1秒長押し
音量 上げる 3回押す
下げる 2回押す
Siri 起動 2秒長押し
Google 起動 2秒長押し

音量操作をイヤホン側で行うことができます。

しかし、2回または3回連続で押す必要があるので、大きく音量を上げ下げしたい場合などには向いていません。

あおい

ここはタッチ操作の方が使いやすいですね。

AVIOT TED-01dのレビューまとめ

AVIOTは、日本のメーカーがこだわりぬいて作った高音質、高品質な完全ワイヤレスイヤホンです。

高音質なaptXにも対応していることから本気度が伺えます。

そしてなんといっても、9時間の連続再生時間を実現し、ケースを含めると100時間という長時間再生を可能にしています。

あおい

モバイルバッテリーにもなるのでスマホ充電にも便利ですよ

価格も1万円ちょっとと中国の低価格帯製品よりは値段は高いです。

しかし、この製品の高音質、高品質でこの価格は、間違いなくコストパフォーマンスの高い製品です。

Vtuberのキズナアイバージョンもあって、これまたかわいいですよ。

JCB 20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

JCBカードをApplePayまたはGoolePayに登録して
スマホ決済をするだけで
JCBカード1枚につき最大1万円までキャッシュバックされます!

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:システム会社のマネジメント&SE業務
家族:妻と子2人
30代が考えるお金とテクノロジーについて発信していきます。
映画は趣味です。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ