テレワークで使うオフィスチェアの選び方・価格別おすすめ10選

こんにちは、テレワーク中のあおい(@tolkoba)です。

デスクワークがメインの人にとって、毎日長く利用する椅子は大事にしたいもの。

オフィスチェアを購入するにあたり、調べたことを紹介していきます。

オフィスチェアは機能性・サイズが色々ある上に、価格が1万円以下から10万円を超える高級チェアまで幅広くどれを選べば良いかわかりません。

あおい

有名メーカーから老舗、中国企業まで多すぎ。。

でも実はいくつかのポイントで絞り込んでいけば、あなたの好みによってある程度絞り込んでいくことが可能なのです。

今回は選び方のポイントをお伝えするとともに、価格別にレビューの評価も高くおすすめされている製品を厳選して紹介します。

「オフィスチェアの選び方・価格別おすすめ10選」を参考に、あなたの好きなオフィスチェアを見つけてください。

オフィスチェアの選び方

膨大な数が販売されているオフィスチェアですが、以下の6つのポイントを押さえることでおおよその絞り込みが可能です。

オフィスチェアを選ぶには6つのポイントがあります。

順に説明していきます。

背面の素材

まずは背面の素材。オフィスチェアの素材は大きく分けて3つ。

「メッシュ」「ファブリック」「PUレザー」です。

それぞれのメリット・デメリットは以下。

素材

メッシュ

ファブリック

PUレザー
メリット通気性が良いカラーが豊富高級感がある
スタイリッシュ低価格から高価格まで程よい弾力性
デメリットメッシュの隙間に埃がたまる水や汚れに弱い蒸れる
背面が硬い安っぽくなりがち合皮が劣化する

メッシュの最大の特徴は通気性

夏の暑い日でもメッシュなら風通しも良いので蒸れることはありません。

トランポリンのような構造になっているので寄りかかった時に浮いたような感覚になります。

また、背面が透けていることで部屋の空間がスッキリします。

機能が優れいていることから高価格帯に入りがちです。

ファブリック低価格帯から高価格帯までたくさんあります。

色々なカラーが選べるので、明るい色を選択したい場合はアリ。

また、ファブリックは柔らかいために背中を預けてリラックスしたい時にも有効です。

水や汚れに弱いので飲食する時には注意が必要です。

価格帯が幅広い分、低価格帯の製品は安っぽさが際立ってしまうのが難点。

PUレザーは合成皮革の一種で、高級感がありゲーミングチェアに多く採用されています。

座り心地も程よい弾力性があるので良いです。

一方で蒸れやすいので暑い部屋で使用するには向いていません。

また、空気中の水分に触れているだけで加水分解を起こすために劣化します。

座面の生地

座面の生地は「メッシュ」「ウレタン」「PUレザー」の3つ。

背面と特徴は同様ですが、座面に関してはウレタン素材がかなり多いです。

あおい

座面は柔らかさを求める人が多いようです。

メッシュ素材は「通気性」「スタイリッシュ」「軽量」の3つが利点。

ガンガンにクーラーをつけておけば良いですが、春夏のちょっと暑い季節に通気性の良いメッシュ素材はとても有効です。

逆にいうと冬は寒くなるという欠点でもあります。

座り心地も硬いわけではなく、弾力があるので包み込む感覚で安定感があります。

耐圧分散に優れているため、負荷が体全体にかかるために長時間座っていてもお尻が痛くなりにくい特徴があります。

座面のメッシュに埃がたまるのが最大の難点です。

ウレタン素材も柔らかさはチェアの種類によって大きく異なります。しっかり沈み込むものや低反発のものまで様々。

背もたれの高さ

背もたれの高さは「ローバック」「ミドルバック」「ハイバック」の3つ。

ローバックコンパクトで圧迫感が少ないですが、背中を預けられる部分が少ないために長時間の作業は向きません。

あおい

テレワーク向きではないですね。

ミドルバックは肩口が背もたれほどまでくるタイプ。オフィスでよく使われているのがこのタイプです。

ハイバック背面が広くなるために座り心地も良く、リラックスしたい時にも有効です。

その機能性の高さから高価格帯のオフィスチェアが幅広く採用しているのもこのタイプ。

インパクトも大きくなるので、小さい部屋で使うならメッシュ素材などで見た目の圧迫感の軽減をするのが良いです。

ロッキング機能

ロッキング機能とは背もたれが倒れる機能。

出典:Amazon

体を倒したり体重移動したりすることでチェアが可動する機能になります。

作業中は使わなくても90度のままだと疲れはとりにくいもの。

ちょっと背伸びしたときに倒れるだけでもとても楽です。

高価格帯になると体重の掛け方によって倒しやすさを変えることができたりします。

また、ロッキング固定ができるとそのまま仮眠をとりやすくもなりますので、テレワークのオフィスチェアには必須と言って良い機能でしょう。

出典:Amazon
あおい

固定できる機能のことをリクライニングと言います。

リクライニングは数段階に分けて固定するものと、無段階固定ができるものがあります。

アームレスト

アームレストは多くのオフィスチェアに採用されている肘掛け。

ちょっとした休憩時に腕を休ませる場所があるだけでもかなり違います。

上下に調整して自分の体格に合わせられることもできますし、高価格帯になると左右前後に角度調整することも可能。

一方で使用しない時に机に引っかかる可能性もあるので、アームレストが机の下にしまえるのかどうかも検討が必要です。

価格

一番悩ましいのが価格です。

安いものなら数千円から高いものは十万円を超えるものまで幅広い。

高級オフィスチェアと格安チェアの価格の違いは以下のポイントに現れます。

  • 見た目
  • 品質
  • サイズや角度調整
  • 座り心地

1万円以下で買える安いものはカスタマイズ性に乏しく、調整はできないことがほとんどです。

あおい

調整できるのは、椅子の高さぐらいですかね。

また、見た目の安っぽさも目立ちますので、部屋をお気に入りの空間にしたい場合はおすすめできません。

座り心地も高級チェアと比べてしまうと差はあります。特に腰痛持ちの方はアンバーサポートがついているものを選ぶと良いでしょう。

ただ安いオフィスチェアにもコスパが高くて評価の良い製品はあります。

コスパ重視であれば選択肢に十分入るでしょう。

少し良いオフィスチェアが欲しいのであれば2万円以上がおすすめ。

細かな調整ができる「自分だけのオフィスチェア」とまではいかないものの、ロッキングリクライニング機能、アームの高さ調整などもできるようになります。

高級ソファの廉価版のような位置付けの製品が多いので、デザインが似ていてスタイリッシュであるものの素材の造りは劣ります。

10万円付近では見た目の高級感に加えて機能性も大幅にアップ。

自分に一番心地よい座り方で調整ができるものが多いです。

ヘッドレストの有無や、背面などの素材をオプションで選べるものもあり、まさに「自分だけのオフィスチェア」が欲しいならこの価格帯です。

20万円は座り心地など細かな部分がさらに追求され、世界中から評価の高いものが中心に。

細かい機能性もアップしますが、10万円から2倍近い性能差があるかというとそうではありません。

「自分だけのオフィスチェア」を作り上げるときに必要であれば選択肢に入る部類です。

オフィスチェアおすすめ1万円以下

アイリスプラザ / HMBKC-98

5000円程度で購入できるコスパの高いチェア。
ロッキング機能やランバーサポートはもちろんありませんが、背面はメッシュになっているので夏も快適。

重量の軽さもあって組み立ても早いです。

クッションが薄いので長時間座ると痛くなるなどの欠点もありますが、とにかくコスパが良いので安く済ませたい人におすすめです。
タイプミドルバック
背面素材メッシュ
座面生地ウレタン
座高43-55cm
重量7.7kg
ロッキング機能
リクライニング
アームレスト
ヘッドレスト
ランバーサポート
良いレビュー
悪いレビュー
  • 安い
  • 組み立てやすい
  • コスパが良い
  • 座面が小さい
  • 肘掛けの位置が低い
  • 座面が小さめ
  • 座面のクッションが薄い

Hbada / ペンギンチェア

中国の企業ですが、Hbadaの創業者はデンマークでデザインを学んだこともあり、シャレたデザインが多い印象。

ペンギンチェアと呼ばれるタイプはアームが跳ね上げ式になっているので、テーブルの下に椅子をしまいやすくスペース性が高いです。
タイプミドルバック
背面素材メッシュ
座面生地ウレタン
座高45-54cm
重量12kg
ロッキング機能30度
リクライニング
アームレスト
ヘッドレスト
ランバーサポート
良いレビュー
悪いレビュー
  • かわいい
  • 手すりが跳ね上げ式
  • クッションが分厚く柔らかい
  • 組み立てやすい
  • プラスチックが安っぽい
  • ロッキングで固定不可
  • 梱包が雑

オフィスチェアおすすめ2万円台

Hbada / ハイバックチェア

比較的安価でデザインの良いチェアを販売しているHbadaの2万円以内で買えるモデル。

ハイバックチェアに加えてリクライニングが150度まで倒れるので仮眠も可能。オットマンはなしとありが選べます。

座面は少し硬めで広め。
タイプハイバック
背面素材メッシュ
座面生地ウレタン
座高44-52cm
重量16kg
ロッキング機能155度
リクライニング
アームレスト
ヘッドレスト高さ・角度調節可
ランバーサポート
良いレビュー
悪いレビュー
  • 通気性は良い
  • 仮眠ができる
  • 値段相応
  • 品質がイマイチ
  • 座面が高い

イトーキ / YL6

イトーキのYL9シリーズからヘッドレストやアームレストを取り除いたチェア。

座り心地などはYL9と遜色ないため、これらが必要のない人には価格も安く抑えられて良い。

ハーマンミラーの「セイルチェア」に似たデザインで、デザインや造りは劣るものの、機能的には多機能であり実用性を重視するならアリ。
タイプハイバック
背面素材メッシュ
座面生地ウレタン
座高43-51.5cm
重量18kg
ロッキング機能
リクライニング
アームレスト
ヘッドレスト
ランバーサポート
良いレビュー
悪いレビュー
  • 通気性は良い
  • 座り心地が良い
  • 組み立て簡単
  • 座面が硬めで仕事向き
  • 座面が高い
  • 背もたれの材質が安っぽい

umi / オフィスチェア

UmiはサードパーティにライセンスされたAmazonブランド。レビューからも同価格帯の製品にして座り心地の良さを評価する声が多いです。

角度は130度傾けられて、ゲーミングチェアとしては少ないながらもオフィスチェアとしては十分な角度。

見た目は安っぽさという意見もあるが、同価格帯なら価格相応。
タイプハイバック
背面素材メッシュ
座面生地メッシュ
座高45,5-54cm
重量17.7kg
ロッキング機能130度
リクライニング
アームレスト
ヘッドレスト
ランバーサポート
良いレビュー
悪いレビュー
  • 座面メッシュで通気性は良い
  • お尻のホールドがしっかりしている
  • 組み立てやすい
  • 腰に優しい
  • ヘッドレストが大きい
  • 足元のパーツが安っぽい
  • 外観は安っぽい

オフィスチェアおすすめ3万円台

イトーキ / サリダYL8

イトーキのオフィスチェア「サリダ」シリーズ。
古くからの日本企業のため品質には安心感があります。

座面は硬めで仕事向きです。

ハイバックチェアにヘッドレスト、ランバーサポートもついています。

座面の奥行きや肘の高さ調整など、細かい設定ができるなど高価格帯に負けない機能も詰まっています。
タイプハイバック
背面素材メッシュ
座面生地ウレタン
座高42.5-51.5cm
重量26kg
ロッキング機能
リクライニング
アームレスト
ヘッドレスト高さ調節可
ランバーサポート
良いレビュー
悪いレビュー
  • 通気性抜群
  • 座面の前後移動ができる
  • 質感が良い
  • 国内メーカーで安心
  • 重い
  • 座面の面積が狭い
  • 座面が高い
  • キャスターが滑りやすい

オフィスチェアおすすめ10万円以下

オカムラ / シルフィー

オカムラのミドルレンジクラスのオフィスチェア。背面素材をメッシュ/クッションにしたり、ヘッドレストの有無を変更したり自由度が高い製品。

アームも左右前後に動かせたり自由に調整できますが、ヘッドレストは固定。

機能性も快適性も申し分ありません。
タイプオプション
背面素材メッシュ/クッション
座面生地ウレタン
座高42-52cm
重量20kg
ロッキング機能113度
リクライニング
アームレスト
ヘッドレストオプション
ランバーサポート
良いレビュー
悪いレビュー
  • アームレストが前後左右に調節できる
  • パーツを自由に選択できる
  • 組み立て不要
  • 耐久性抜群
  • 座り心地よし
  • 座面が小さい
  • ヘッドレストが動かない
  • リクライニング時にアームレストが連動しない

エルゴヒューマン / エルゴヒューマンPro

タイプエクストラハイバック
背面素材メッシュ
座面生地メッシュ/モールドクッション
座高46-55cm
重量28.3kg
ロッキング機能116度
リクライニング
アームレスト
ヘッドレスト高さ調整可
ランバーサポート
良いレビュー
悪いレビュー
  • 組み立てが簡単
  • あらゆる箇所で調整が効く
  • 座り心地が良くて疲れない
  • 座面が高い
  • リクライニングでロックできない
  • ヘッドレストの位置が前後調整できない

オフィスチェアおすすめ20万円以下

オカムラ / コンテッサ セコンダ

オカムラのフラグシップモデル。20万円する高級椅子で、見た目の美しさは目を見張ります。

一方で、使い心地としては価格に見合った満足感を得られない人も多いです。

座面は高めで後傾作業をする人に向いています。
タイプハイバック
背面素材メッシュ
座面生地メッシュ/クッション
座高42-52cm
重量28kg
ロッキング機能116度
リクライニング
アームレスト
ヘッドレスト
ランバーサポートオプション
良いレビュー
悪いレビュー
  • 座ったまま色々な調整が可能
  • 見た目が綺麗
  • 値段相応ではない
  • ヘッドレストの高さ調節ができない
  • 座面が高い

ハーマンミラー / アーロンチェア

ハーマンミラーから販売されているアーロンチェア。

外国製品ですが、数あるオフィスチェアの代表的存在で人気も高いです。
タイプハイバック
背面素材メッシュ
座面生地メッシュ
座高40.1-52.8cm
重量18kg
ロッキング機能
リクライニング
アームレスト
ヘッドレスト
ランバーサポートオプション
良いレビュー
悪いレビュー
  • アームレストがミリ単位で調整できる
  • 見た目が綺麗
  • 前傾チルトが楽
  • フィット感がすごい
  • ヘッドレストがない
  • 設定が多すぎる

▲オフィスチェアの探し方を見る

まとめ

オフィスチェアは闇雲に探すと大変なので、自分にとって大事なポイントを確認してから探すようにしましょう。

私も現在まとめた中から選定中ですが、やっぱり3万円台のイトーキデザイン的にも優れていてコスパも高いので惹かれます。

私の今のテレワーク環境は、いつでもすぐに片付けられるをコンセプトにアウトドアギアメインで作り上げています。

座り心地の快適さではオフィスチェアにはかないませんが、家でも外でも使えてめちゃくちゃ軽量はアウトドアチェアもおすすめです。

テレワークが始まりたくさんのテレワーク関連アイテムを購入してきましたのでよかったら見ていってください。

最後までお読みいただきありがとうございます。あおい(@tolkoba)でした。

Amazonでお得にお買い物

Amazonで買い物するならAmazonギフト券で事前にチャージしておくのがおすすめ。

現金でチャージをするだけで、チャージ金額に対して最大2.5%のポイントを還元。

あおい

常に2.5%値引で商品を購入できるということです

チャージ金額にプラスしてプライム会員になるとさらにお得!

関連:Amazonプライムは日本こそお得 年4900円でここまでできるまとめ

あおい

10万円チャージで2,500円分もらえるということ!

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:某企業のIT部門

テレワーク環境を着々と整えつつあるガジェットブロガー。

キャンプギアをふんだんに使って、クリエイティブな家の構築を目指しています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ