映画「きみの鳥はうたえる」の登場人物の心情を勝手に想像して話す ネタバレ感想

「きみの鳥はうたえる」は、2018年の映画。

オール函館ロケの映画には、柄本佑、染谷将太、石橋静河と個性派の俳優が名を連ね、夏の函館を舞台に三角関係の恋愛模様を描く。

こんな経験はないだろうか。

楽しい仲間たちと充実した時間を過ごしていると思ったら、いつの日かほんの些細な出来事がきっかけで関係性が変わっていってしまうことが。

永遠に思えた楽しい日々がいつの間にか消えかけていたことが。

楽しかった淡い夏の日を描いた物語だ。

この映画はあまり説明がない。そして大きな盛り上がりどころもないため、エンターテイメント性はない。

映画に非日常感や刺激を求めるタイプの人には退屈に感じるだろう。

この映画は日常を楽しむものだ。説明は少なくとも行動や表情、会話の中にそれぞれの感情が見え隠れする。少し注意深く観ていれば分かるので、たまにある「意味分からん!」みたいな事態に陥ることはない。

各キャラクターの行動の感情を想像して楽しんで欲しい映画だ。

今回は、彼らの心の声を想像して楽しませてもらう。

あおい

U-NEXTなら新作も無料期間中に観ることができます

  • 31日間無料トライアルに登録し
  • 初回登録時にもらえる600ポイントで
  • 新作レンタル可能!
あおい

31日間以内に解約すれば追加料金もかかりません

↓31日間無料で見放題↓
解約もかんたん90秒

映画「きみの鳥はうたえる」予告

映画「きみの鳥はうたえる」 あらすじ

函館郊外の書店で働く「僕」と一緒に暮らす失業中の静雄。「僕」と同じ書店で働く佐知子が加わり、3 人は、夜通し酒を飲み、踊り、笑いあう。だが微妙なバランスのなかで成り立つ彼らの幸福な日々は、いつも終わりの予感と共にあった。

filmarks

映画「きみの鳥はうたえる」映画情報

監督三宅唱
脚本三宅唱
原作佐藤泰志
音楽Hi’Spec
公開年2018.9.1
製作国日本
上映時間106分

映画「きみの鳥はうたえる」キャスト

柄本佑
静雄染谷将太
佐知子石橋靜河
店長萩原聖人
森口足立智充
みずき山本亜依
静雄の母渡辺真紀子

映画「きみの鳥はうたえる」ネタバレ感想

冒頭で話したと通り、この映画は登場人物の心情を想像しながら楽しむ映画である。

それほど難解なストーリーでもなく、どことなく既視感がある流れでもあるので、それほど外れることもない。

各登場人物の主観で話をしていこう。。

佐知子の話

本屋でのアルバイト先で今の店長と出会った。店長は結婚していたが背徳感のある関係に憧れて体の関係を持ってしまった。でも現実はあまりいい気持ちにもなれなかった。

どれだけ好きになっても私のものにもならないし、なんだか面倒くさい。

それに少し気になっている人がいる。同じアルバイト先の子だ。今日は無断欠勤らしい。

店長と帰る途中、その子にばったり会った。謝るかと思えば飄々としている。変わってるな、この子。

すれ違いざまにふいに手に触れてみた。ちょっと待っててっていう合図を残したつもりだが、後で戻ると本当にいた。

飲みに行こうと誘うとすっぽかされた。意味が分からない。でも逆に気になる。

翌日、ランチでばったり会った。なんか普通に話しかけてくる。バイトのさぼりと同じで飄々としている。

聞いてみると、寝てただけという理由だった。あぁ、この子は誠実じゃない人なんだな。面倒くさくなさそうでいいかもしれない。

カラダの関係を持ってしまった。重たい恋愛に疲れてきたからちょうどいいかもしれない。

静雄という友達を紹介される。一緒に暮らしているようだ。3人でいると楽しい。

夜まで飲み明かしてしまった。静雄は酔ってつぶれて映画に誘ってきた。なんだかかわいいなこの子。

私たちずっと一緒にいるようになったけど、聞いてみると付き合う気はなさそうだ。はぐらかされた。私も店長との関係がまだあるから仕方ないけれど、その気はないのかな。

嫉妬とかするのかな。静雄と2人で映画に行っても怒らないし。

本屋で万引きが出た。森口さんが捕まえにいったが、彼は何にもしなかったみたい。なんか性格悪いな。

森口さんと口論になったとき、本気で殴ろうとしたみたい。ちょっと引く。

彼に店長と別れる話をした。遊びみたいなものって何?どうにでもなるって何?人と人が別れるってそんな簡単なことじゃないのに。

店長と別れたけど、彼と会う気にならない。静雄を誘ってみたら来てくれた。静雄と一緒にいるとなんだか楽しい。彼はキャンプにも来ないみたいだ。それはそれでいいかも。なんだか楽しそうだ。

静雄になんで一緒に暮らしているのか聞いてみた。楽しいし裏表がないからだって。

なんかわかんなくなってきた。

静雄と2人で夜まで飲んで帰ったけど、嫉妬されなかった。冗談半分で言ってみたけどからかわれた。私を弄ぶ言い方もなんかイヤ。

店長に私のことを大事にしてくれって言われたらしいけど、何にも言わなかったらしい。

彼は私のことどうでもいいんだな。

キャンプで静雄と付き合うことになった。3人の関係は壊したくないんだけど、彼は気にするのかな。

彼に話してみるとあっけらかんとしていたし、祝福してくれた。

この3人の関係はこれからも続けていけるかな。

別れた後、彼が急に追いかけてきた。

私のことが好きだって。

なにそれ、なんでそんなこと言うの?3人が好きだったから、壊したくなかったからはっきり伝えたのにどうして今頃。

3人の関係が音を立てて崩れていくのを感じた。

あーあ。

静雄の話

母親がまたお金を借りにきた。おれにはないよ。失業保険も切れたし。なんだか面倒くさいな。

私が倒れたらそのまま死なせてくれって。そうしたいけどね。面倒くさい。

一緒に暮らしている友だちが女を連れてきた。おもしろい女の子ですぐに打ち解けた。そのまま一緒に飲み明かした。

酔った勢いでつい映画に誘ったようだ。友だちは2人で映画に行ってこいよという。

なんでいいんだよ。なんかもやもやするな。

3人で過ごすことが増えた。ビリヤードやったり、飲みにいったり、クラブにいったり。すごく楽しい時間だ。

ある日、佐知子に飲みに行こうと誘われた。友達は来なかったし気にする素振りも見せない。

佐知子に「俺、2人の邪魔してないかな」と聞いてみるも「そんなことはない」と言う。

やっぱり俺、佐知子が気になる。

友だちをキャンプに誘ってみると、来ないらしい。佐知子と2人で行ってきていいよと言ってた。もう好きではないのだろうか。だったら俺がアプローチしようかな。

キャンプは楽しかった。佐知子と付き合うことにした。彼女も友だちとは温度感が合わないと感じていたみたい。

でも3人の日々は壊したくないな。

母親が倒れたと兄から連絡があった。

面倒くさいな。仕事もせずにダラダラしてたからバチが当たったかもしれない。

せっかく付き合えることになったのに、実家に帰らなきゃならない。

思ったよりも重い症状でいつ帰られるかもわからない。あーあ。

僕の話

同じバイト先の女と帰りがけにあった。店長と一緒だ。おそらく2人は付き合っている。

別れるときふいに手を触られた。「あれ?誘われてる?」120秒だけ待ってみようと数えてみたら本当に来た。

気があるのかな?飲みに誘われたのでちょっと面倒だなと思いつつOKした。後で連絡すると伝えてその場は別れる。

家に戻った後寝てしまった。起きたら夜中。約束していたけどもういいや。静雄と飲もう。

カフェでご飯を食べてたら佐知子がやってきた。話しかけてみるとたいして怒ってない。

めんどくさくなさそうな女だしいいじゃん。3人で過ごしていると楽しい。

佐知子といると楽だ。つきあうわけでもなく楽しいことだけ共有するのがいい。

最近、佐知子に何か違和感を感じてきた。少し面倒だ。店長との関係を持ち出して来たりして、それって俺に関係あるのか?

どうでもいいことなんだけどな。今が楽しければそれでいいじゃん。

静雄がキャンプに行こうと言い出した。正直興味ない。佐知子と2人で行ってくればいいじゃんと伝える。

店長と佐知子は別れたらしい。店長から佐知子を大事にしてくれと頼まれる。

静雄と佐知子が2人で飲みに行ったらしい。佐知子がおれに嫉妬させようとしてくる。店長に言われたことに何も返さなかったのも不満そうだ。面倒だな。

佐知子がバイトをやめて、森口も来なかった。昨日おれが殴ったからだろうな。あいつバカっぽいしちょっとズレてるんだよな。

代わりに新しいバイトの男が入った。女が嬉しそうに教えている。こうやって環境が変わっていくんだろうな。

静雄と佐知子がキャンプから帰ってきた。あれ?あいつら距離間縮まっていないか?

静雄の母親が倒れたらしい。明日実家に帰るそうだ。

佐知子から静雄と付き合い始めたと伝えられる。

それは良かった。静雄と佐知子がうまくいくといいなと思ってたから。

別れ際、手を触られる。不意に気になった。佐知子は本当に離れてしまうのだろうか。

イヤだ。耐えられない。気づいたら追いかけていた。

好きだ、本当に静雄のところにいってしまうのか?

ため息をつかれた。あぁ、楽しかったこの夏も、3人の関係ももう終わりかもしれないな。

あーあ。

映画「きみの鳥はうたえる」を見たならこれもおすすめ

37セカンズ

「きみの鳥はうたえる」と同様に説明は少なめで、大きな盛り上がりどころもないけれど、主人公ユマの心情の動きはとてもよくわかるし、ラストに行くにつれてどんどん彼女が愛おしくなる映画。監督は障がい者と健常者を区別せずにとてもフラットな視点で描いていることが分かる。

桐島、部活やめるってよ

複数の人間の心情を察して楽しむなら「桐島、部活やめるってよ」。高校生のヒエラルキーを描いているので何かしら共感するところはあるし、自分と同じキャラクターを見つけたならば、共感を覚えるのか、絶望を思い出すのかは人それぞれ。

あおい

U-NEXTなら新作も無料期間中に観ることができます

  • 31日間無料トライアルに登録し
  • 初回登録時にもらえる600ポイントで
  • 新作レンタル可能!
あおい

31日間以内に解約すれば追加料金もかかりません

↓31日間無料で見放題↓
解約もかんたん90秒

この記事を書いた人

kuroshirosunsun

できるだけ前向きなレビューを心がけています。
記事を気に入っていただけたらTwitterフォローをお願いします。