映画「ホテルムンバイ」ネタバレ感想 臨場感なんて言えないほどの恐ろしい映画

映画「ホテルムンバイ」は、2008年にインドで実際に起きたテロ事件を元に描かかれた映画。

ムンバイで同時多発テロが発生し、170名以上が犠牲となり、その中には日本人も1名いた。

映画を見れば分かるが、臨場感なんて簡単に言えるような生やさしいものではない。キャラクターは架空の人物であっても実際に起きた事件だからだ。

ただのアクション映画として観るものではない。無差別テロの恐怖を感じる映画だ。

あおい

U-NEXTなら新作も無料期間中に観ることができます

  • 31日間無料トライアルに登録し
  • 初回登録時にもらえる600ポイントで
  • 新作レンタル可能!
あおい

31日間以内に解約すれば追加料金もかかりません

↓31日間無料で見放題↓
解約もかんたん90秒

映画「ホテルムンバイ」予告

映画「ホテルムンバイ」あらすじ

2008年11⽉26⽇。インドの五つ星ホテルがテロリストに占拠される。⼈質は、500⼈の宿泊客と従業員。特殊部隊の到着は数⽇後。宿泊客を逃がすため、ホテルに残った従業員たち。部屋に取り残された⾚ん坊を救うため、銃弾の中を⾏く⽗と⺟。これは「誇り」と「愛」を懸けた、3⽇間の脱出劇。極限の状況下で、⼈はこんなにも⼈を想えるのか―。

filmarks

映画「ホテルムンバイ」映画情報

監督アンソニー・マラス
脚本アンソニー・マラス
ジョン・コニー
音楽フォルカー・ベルテルマン
公開日2019/9/27
上映時間123分
製作国オーストラリア、インド、アメリカ

映画「ホテルムンバイ」キャスト

アルジュンデーヴ・パテール
デヴィッドアーミー・ハマー
ザーラナザニン・ボニアディ
サリーティルダ=コブハム=ハーヴェイ
オベロイ料理長アヌパム・カー
ワシリージェイソン・アイザックス

映画「ホテルムンバイ」ネタバレなし感想

実際に起きたテロの実写化

View this post on Instagram

#ホテルムンバイ

A post shared by あおい@カラクリンカム (@tolkobaya) on

2008年にムンバイで実際に起きた事件を実写化しているため、観ている内容が本当に起こっているのだと感じると、臨場感や没入感なんて言ってられないほど怖い映画だった。

あるシーンでは、テロリストに見つからないようにホテルを徘徊するシーンがあるが、緊張感は半端ない。いくら中の状況は現実とは異なる部分があると言っても、これと似たようなことが実際に起こっているからだ。

テロリストの近くで赤ちゃんが泣きそうになるシーンや、エレベーターで隠れるシーンなど、見ていて疲れること必至だ。

単純なアクションとはとても言えない。アクションのように銃撃戦しつつなかなか当たらないようなこともなく、武装した人間と非武装の民間人の圧倒的な力の差でどんどん人が死んでいく。

宗教という名の分断

View this post on Instagram

#ホテルムンバイ

A post shared by あおい@カラクリンカム (@tolkobaya) on

映画中盤で、テロリストの1人が家族に電話するシーンがある。家には家族がいて、貧困のため出稼ぎに出ているという境遇をテロリストの視点で描く。

無線の先にいる過激派組織からお金が振り込まれると聞いて、このムンバイの惨劇に参加している。

異教徒は、自分たちの権利や尊厳を奪ったとそそのかされ、異教徒を殺すことが正義のように扱われる。そこには異教徒というくくりだけであり、殺す相手に想いを馳せることもない。

いつからか、無差別殺人を行うテロ組織としてイスラムの名があがるようになったが、それには過去の複雑な歴史が入り乱れ、憎しみを連鎖させ、ついには直接的な恨みのない子どもたちにまで、悪意を根づかせてしまう。

では、その時今そのホテルにいて、大事な人を殺されたなら、そのテロリストたちを不幸の連鎖に巻き込まれてしまった人間たちを許せるのかと言われるとそんなわけもない。

人間同士のいがみ合いは、歴史が物語っているけれど、少なくとも直接の憎しみ以外の間接連鎖は減らせないのだろうか。

感動ストーリーではない

View this post on Instagram

#ホテルムンバイ

A post shared by あおい@カラクリンカム (@tolkobaya) on

キャッチコピーが、ホテルムンバイの従業員による英雄劇とあるが、感動的なシーンはあまり盛り込んでいない。

ホテルからの脱出劇という色合いが強く、従業員が助けたことをあまりフィーチャーしないし、音楽などで盛り上げることもない。

ただ、あるがままにその状況を流していく。どうなるのかわからない緊迫感といつ誰が死ぬのかわからない状況にハラハラドキドキなんては言えない焦燥感に苛まれていく。

それほどに意識を消耗する。グロいシーンや残酷な描写はそれほど多くはないが、現実に発生し、いわゆる観光地で起きたこの出来事は、いつ自分の身にふりかかってもおかしくない。

事実、このホテル自体は富裕層向けのホテルではあるが、このテロ行為自体は駅や、飲食店など至る所で発生しており、バックパッカー的な旅行者もたくさん巻き込まれている。

そういう意味で、平和な日本でも身近に感じやすい分、観た後はどっと疲れるだろう。

あおい

U-NEXTなら新作も無料期間中に観ることができます

  • 31日間無料トライアルに登録し
  • 初回登録時にもらえる600ポイントで
  • 新作レンタル可能!
あおい

31日間以内に解約すれば追加料金もかかりません

↓31日間無料で見放題↓
解約もかんたん90秒

ミニオンズのイオンカードを作るといつでも映画を1,000円で観ることができます。

あおい

家族や友だちでも使うことができますよ!

最短5分!申し込んだその日から映画が1000円!
年会費無料

映画「ホテルムンバイ」を見たならこれもおすすめ

あおい

クイズミリオネア in インド

タイトルスラムドッグミリオネア
公開年2009
上映時間120分
ジャンルヒューマンドラマ
主要キャストデヴ・パテル、サウラブ・シュクラ
監督ダニー・ボイル
3.5

インドのスラム街で育った無学のジャマールが、クイズミリオネアで1問を残し、全問正解となる。疑われたジャマールだったが、、それにはある理由があったという話。インドのスラム街の現実が良くわかる映画として2009年のアカデミー賞やゴールデングローブ賞など、名だたる賞を総なめにした映画。

あおい

フランスで実際に起こった銃乱射事件

タイトル15時17分、パリ行き
公開年2018
上映時間94分
ジャンルドラマ
主要キャストアンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン
監督クリントイーストウッド
3.6

アムステルダムのパリ行きの列車で実際に起きたテロ事件の実写化。イスラム過激派組織が自動小銃を片手に占拠。乗務員は乗務員室に逃げ込み、乗客を放置。そこに幼なじみの3人の若者が犯人に立ちはだかる話。

あおい

U-NEXTなら新作も無料期間中に観ることができます

  • 31日間無料トライアルに登録し
  • 初回登録時にもらえる600ポイントで
  • 新作レンタル可能!
あおい

31日間以内に解約すれば追加料金もかかりません

↓31日間無料で見放題↓
解約もかんたん90秒

この記事を書いた人

kuroshirosunsun