【2021年おすすめ】MacBookAir(Pro)と一緒に欲しい周辺機器,アクセサリー

こんにちは、MacBookAir M1モデル所有のあおい(@tolkoba)です。

先日、MacBookAirを購入したという記事を書きました。

せっかく手に入れたMacですから色々と周辺機器を探し求めました!

あおい

オシャレで便利な周辺機器がたくさんありました。

今回はその中から「便利だったもの」を紹介していきます。

MacBookAir/Pro おすすめ周辺機器 9選

保護フィルム

MacBookAirはタッチパネルではありませんので、「保護フィルム」なんて不要では?と思う方もいるかもしれません。

あおい

キーボードと接する部分が汚れやすいんです。。

MacBookAirはその本体の薄さから、キーボードとディスプレイが微妙に接してしまいます。

するとキーボードに付着している汚れがディスプレイにも移ってしまうので、保護フィルムはつけることをおすすめします。

私が購入した保護フィルムはマットで反射もしにくいので視認性もクリアです。

「MacBookPro/Air」はモニターに映して利用するって人でも、それほど高い金額ではないのでつけておいた方が無難でしょう。

あおい

売るときのリセールバリューにも関わりますよ。

外部モニター(DELL S2721DS)

Dell27インチモニターS2721DS

MacBookPro/Airを家で使うことがメインであればぜひおすすめしたいのが外部モニター。

Dell27インチモニターS2721DS」は27インチでWQHDの解像度を誇るため、PC内の作業スペースが高くなります。

こちらのモニターはベゼル幅も薄くて美しいデザイン。

フルHDWQHD4Kとありますが、WQHDがちょうど良いです。

フルHDからさらに広がったデスクトップは、作業がめちゃくちゃ捗ります。

文字が小さすぎるという人もいますが、60-70cmぐらい離れていてもしっかり見えます。

あおい

どうしても見にくければ倍率を上げることもできます

大は小を兼ねるという言葉通り解像度は高いにこしたことありません。

でも4Kはさすがに27インチでは文字が小さいし、まだまだ価格も高価なのでちょうどいいのがWQHDです。

【レビュー】Dell 27インチWQHDモニター S2721DS でリモートワークが捗る大画面

モニターアーム

やっぱりモニターを購入したならアームで空中浮遊がしたい。

ということで、モニターアームはエルゴトロンのOEMとなる「HPのアームモニター」。

エルゴトロンの「片手で動かせてしっかりと固定される」機能はそのままにデザインはマットな質感で高級感はしっかり確保。

なんだかんだ、すべてが隠れるわけではないのであまり安っぽいモノはイヤ、でも少しでも安くということで「HPのアームモニター」を購入しました。

質感がツヤツヤの方が良ければAmazonのOEM版もありますし、本家も価格が下がってきているのでシルバーの光沢感が好きなら本家もいいですよ。

【レビュー】エルゴトロンとほぼ同じ!HPのモニターアームのコスパが1番高い!

HDMI USB-C変換ケーブル

MacBookPro/AirはUSB-C出力しかないため、モニターがUSB-Cに対応していない場合は変換ケーブルを購入する必要があります。

変換ケーブルならAmazonで1,000円程度で手に入れられるので、下手にUSB-C対応モニターを購入するよりも安上がりで済みます。

あおい

気に入ったモニターがUSB-Cに対応してなくても気にする必要はありません。

HDMI切替ケーブル

会社のPCプライベート用のMacBookAirを1つのモニターで併用するために使っているのがHDMI切替機。

もちろん、昨今のモニターの多くはHDMIの入力が2つありますし、自動で入力信号を検出して切り替える機能がついています。

でも、切り替えるにはどちらかの信号を消す(スリープにする)必要があります。

あおい

もっと気軽に変えたくて。

また、モニターのボタンを直接押しても切り替えることができますが、1クリックではできず、ちょっと面倒くさいです。

その手間を解消するために購入したのが「HDMI切替機」。

最大5つの入力に対応していて、リモコンもついているので1クリックで切り替えることができます。

赤外線センサーもついているので、家電リモコンに連動して操作することができます。

あおい

私は家電リモコンをSiriで連携して操作できるようにしました。

アレクサの音声には対応していないため、声だけで切り替えたいのであればSiriの連動がおすすめ。

キーボード

キーボードは、ロジクールの「KX800MX KEYS」。

マルチペアリングで簡単に切り替えることができて、WindowsとMacの両方で使えるキー配列を持ったキーボード。

Macに負けないデザインを備え、打鍵感はちょっと重めですがノートPCに近い打ち心地で気持ちいい。

マルチペアリングは3つまで登録できて、iPadやAndroidにも対応しています。

1万円超えのキーボードですが、WindowsとMacの両方を使いたい人は、本気でおすすめ。

【レビュー】ロジクール KX800 MX KEYS WindowsもMacも1つのキーボードで統一したいあなたにおすすめ

マウス

マウスはロジクールの「M590」。

キーボードと同じくマルチペアリングに対応していて最大2つまで切り替えて使うことができます。

これを選んだ最大の理由はクリック音がしないこと

マウスをクリックしたときに鳴るカチッという音がしないのが好きなのです。

【レビュー】ロジクールマウスM590はマルチペアリング+静音のコスパ高いガジェット

iPad

MacBookAirのサブディスプレイとしてiPadを利用することができます。

もちろん、カーソルでクリックすることができますよ。

ApplePencilを持っていると、iPad側で画像加工することができたりします。

拡張ハブ

私は拡張ハブは購入していません。

確かに標準でついているポートは、USB-C x2しかないため少ないのは事実です。

あおい

別に拡張する予定はないので。

今のところ拡張する予定はないので購入していません。

ただし、ディスク容量が不足する方や、SDカードでデータのやりとりを行う方などは必須の機器と言えるでしょう。

  • HDMI
  • USB-C(Thunderbolt3)
  • USB-A x2
  • USB-C
  • MicroSDカード
  • SDカード

MacBookAir(Pro)と一緒に欲しい周辺機器,アクセサリー まとめ

MacBookAirはM1チップが搭載され、価格的にもかなり安くなりました。

高い性能と洗練されたデザインが10万円台で購入できるのが衝撃的です。今までWindowsに慣れている人も試してみてもいいレベルです。

せっかく買ったなら周辺機器も揃えてより快適なMacライフをお送りください。

最後までお読みいただきありがとうございます。あおい(@tolkoba)でした。

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:某企業のIT部門
ガジェットやキャンプに関する記事を書いています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ