第7世代iPad2019購入レビュー

こんにちは、あおい(@tolkoba)です。

第7世代iPad2019」をついに購入しました!

iPadが3万円代という価格なのに、iPhone7Plusと同等のCPUを搭載した高コスパタブレットです。

あおい

iPadも高価すぎない価格になりました・・!

OSも大きく変わり

  • マルチタスク、2画面表示
  • マウス対応

になり、タブレットときどきPCとしての役割も果たすことができます。

当記事では「第7世代iPad2019購入レビュー」について書いていきます。

第7世代iPad2019 スペック

基本スペック

ディスプレイ Retina ディスプレイ
画面サイズ 10.2インチ
解像度 2,160 x 1,620
(264ppi)
250.6mm
174.1mm
厚さ 7.5mm
重さ 483g(Wi-fiモデル)
CPU A10 Fusion
ストレージ 32/128GB
メモリ(RAM) 3GB
認証 Touch ID
インカメラ 1200万画素
アウトカメラ 800万画素
防水/防塵
Felica

サイズ

横174.1mm x 高さ250.6mm x 厚み7.5mm です。

あおい

iPhone11よりも薄いですね。

重さ

第7世代iPad2019」の重さは482g(公表値は483g)

あおい

500mlのペットボトルより軽いんです!

付属品

充電器とLightningケーブルが含まれています。

あおい

イヤホンは付属していません。

価格

第7世代iPad2019」の税抜き価格は以下の通りです。

Wi-fi版 32GB 34,800
128GB 44,800
Cellular版 32GB 49,800
128GB 59,800
あおい

狙い目は34,800円のiPadですよ!

iPad Pro 11インチ」モデルの価格は次の通りです。

Wi-fi版 64GB 89,800
256GB 106,800
Cellular版 64GB 106,800
256GB 123,800
あおい

なんと!5万円以上の価格差があるんです!

もちろんスペックも大きく違うのですが、「第7世代iPad2019」がいかにコスパが良いか分かりますよね。

iPadでマウス操作ができるようになった!

iPad用のiOSがアップデートされ、マウスにも対応できるようになりました!

もちろん「第7世代iPad2019」にも対応しています。

AssistiveTouchを有効化することでポインタを利用することができます。

ポインタは大きさや色、トラッキングスピードなどを変更可能です。

仮想ホームボタンが現れるので、マウスでアプリの切り替えも可能です。

あおい

USBポートはないため、変換ケーブルかBluetoothマウスが必要です。

マルチタスクと2画面表示

第7世代iPad2019」はSplitOverとSplitViewにも対応しています。

あおい

マルチタスクと2画面表示の機能です

「Split View」は、iPadの画面を分割して左右で複数のアプリを実行できるモードです。

Webページを見ながらゲームをしたり、動画を見ながらTweetしたりすることができます。

「Split Over」は、マルチタスキングの機能です。

複数のアプリを同時に立ち上げてテキスト情報などをやりとりしたり、

「Split View」と組みあわせて3画面を同時に表示させることが可能です。

あおい

PCに近い操作ができるようになっています。

iPad10.2のコネクタはLightningケーブル

第7世代iPad2019」はLightningケーブルのままです。

iPadPro」は、USB-Cコネクタを採用しているので、Androidなどのスマートフォンを使っている方にはケーブルの煩わしさがありません。

しかし、2020年時点のiPhondはまだLightningケーブルです。

あなたがiPhoneを持っているのであれば、同じケーブルを使いまわせるので好都合ですよ。

あおい

ケーブルを複数持ち歩くのってめんどうだし。。

FaceID非搭載だがそれがいい

第7世代iPad2019」はFaceIDが非搭載です。

FaceIDはiPhoneとの相性は良いですが、iPadには向いていません。

それもそのはず。iPadを平らな場所に置き、顔の位置がカメラにないと認識しないからです。

あおい

覗き込まないといけません。。

確かにFaceIDはめちゃくちゃ便利です。

ホームボタンを触らずともiPadを表示し、パスワード入力も一瞬です。

ただ、マスクをしているときや寝ながら操作しているときは認識率が悪いので結構ストレスになります。

それが頻繁に起こりそうなので現時点ではiPadはtouchIDの方が良いでしょう。

あおい

家族で使う用途であればどちらもなくてもいいですけどね。

クリエイター向けではない

第7世代iPad2019」はクリエイター向けの製品でもありません。

iPad Pro11インチ 第7世代iPad
輝度 600cd/m 500cd/m
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ
True Toneディスプレイ

フルラミネーションディスプレイとはガラスと液晶を一体化させる技術で、画面に直接触れているかのような感覚を得ることができます。

なので、より精細なペン入力を可能としているということです。

ProMotionテクノロジーでは、より滑らかなタッチを実現していて、これによりApplePenの反応も良くなります。

TrueToneではディスプレイ性能を精細にしています。 また、ApplePencilは第1世代にしか対応していません。

あおい

絵を描いたり、動画編集したりする人はおすすめできません。

iPad Air」ならProMotionテクノロジー以外の機能を持って2万円アップで購入することができます!

第7世代iPad2019 まとめ

第7世代iPad2019」は

  • iPhone7Plusと同等の性能で
  • マルチタスクや2画面表示ができて
  • パソコンのような操作にも対応した
  • エントリーモデル

です。

スマホだと小さすぎるけど、パソコンやテレビのような大画面も不要な方向けの製品と言えます。

あおい

動画やゲームにはちょうどいいですね。

どうも、あおい(@tolkoba)でした。

JCB 20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

JCBカードをApplePayまたはGoolePayに登録して
スマホ決済をするだけで
JCBカード1枚につき最大1万円までキャッシュバックされます!

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:システム会社のマネジメント&SE業務
家族:妻と子2人
30代が考えるお金とテクノロジーについて発信していきます。
映画は趣味です。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ