カマボコテントよりも設営がかんたん!ハイランダー(Hilander)エアートンネルROOMY レビュー

こんにちは、あおい(@tolkoba)です。

カマボコテント流行っていますよね。

トンネル型のツールームテントがキャンプでも人気が出てきています。

スノーピークもトンネル型テントのエントリーモデルを出しているほどです。

寝室とリビングが1体になっているのでとても快適なんです。

でも、大型のツールームテントとなると設営・撤収が大変ですよね。

1人で設営するのもなかなか難しいです。

あおい

それが「エアートンネルROOMY」なら1人で設営できるんです!

ほとんどのメーカーは2人での作業を想定していますが、このテントは1人で設営できると公式で発表しています。

作業時間は設営15分、撤収はなんと10分!

それでいながら大きさは、カマボコテントよりもさらに大きいのです

あおい

ほんとに?ありえないでしょ。

実際に購入して試してみましたのでご紹介。

そういうわけで当記事では、「エアートンネルROOMY」について書いていきます。

エアートンネルテントROOMY
設営・撤収の時間をもっと子どもとの遊びに
あおい

7月は、ナチュラムで購入するならd払いで20%ポイントバックです!

エアートンネルテントとは

テントとは、骨組みであるポールと、布地でできた幕でできています。

エアートンネルテントは、その骨組みであるポールを空気で膨らませて設営するエアーフレーム構造になっています。

あおい

ポールを組み立てる必要がなくなるんです!

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY外観
出典:ナチュラム

ハイランダーROOMYの基本スペック

ハイランダーの「エアートンネルROOMY」は、トンネル型のツールームテントです。

基本スペックは以下のとおり。

製品名ハイランダー「ROOMY」
サイズ(テント本体)640×310×205cm
サイズ(インナーテント)280×230×190cm
収納時サイズ58×38×38cm
重量約20kg
耐水圧2,000mm(インナー3,000mm)

設営時サイズ

Hilander(ハイランダー)ROOMY外観

全長はカマボコテントと変わらない640cmですが、横と高さがそれぞれ10cm長いです。

あおい

10cmでもかなり広く感じますよ。

インナーもカマボコテントよりも奥行きが10cm大きいです。

しっかりと足を伸ばして、モノを置くスペースの余裕もあります。

しかし、カマボコテントだと5人まで寝られると記載がありますが、5人だと少しきついかなという印象です。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY インナーテント

収納時サイズ

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 収納時

収納時のサイズは、58×38×38cm

かなり大きいです。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 収納時の車載

車載するとこんな感じ。場所をとります。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 収納時の大きさ

コンテナボックスとほぼ同じ大きさ。

重量

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 収納時の大きさ

骨組みであるポールが空気になるのだから、軽くなるでしょ?と言いたいところですが重いです。

むしろ、通常のトンネルテントよりも重いです。

カマボコテントが14kgを切りますので、20kgが重いということが分かるでしょう。

あおい

カートで運ぶことをおすすめします。

【送料無料】DOD C2-46T ベージュ [フォールディングキャリーワゴン] 【2019年5月変更後の新仕様のものです】

付属品

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 付属品

ロープ(張り綱)×12本、ペグ(24cm)×24本、ポンプ×1個が付属しています。

ロープはテントに最初からついています。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 付属品のペグ

どのテントにも言えることですが、ペグはおまけみたいなものなので別のペグを購入した方が良いです。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 付属品のポンプ

他のテントにはないのがポンプ

ポールを骨組みにする代わりにこのポンプで空気を入れます。

押しても引いても空気が入る構造になっているので、空気を入れる行為はそれほど大変ではありません。

前面のポールは付属していませんので別途購入が必要です。
Hilander(ハイランダー)アルミポール180 2本セット

ハイランダーROOMYの設営・撤収

ハイランダーテントROOMYは1人でも設営できる

ハイランダーの「エアートンネルROOMY」は、長さ6m超、高さ2m超の巨大テントです。

Hilander(ハイランダー)ROOMY外観

通常、この大きさのテントを1人で設営するのはかなり大変です。

トンネル型のテントとして有名なカマボコテントも2人での作業を基本としています。

しかし、ハイランダーの エアートンネルROOMY」は、1人で設営できるんです!

あおい

ほんとうに無理なく1人で設営できます!

かんとコツさえ掴んでしまえば、特に難しくもありません。

実際、1人で2回ほど設営してみましたが、2回目は驚くほどスムーズに設営できました。

6m以上あるテントを1人で設営できるって控えめに言っても最高ではありませんか!?

設営、撤収時間が変わらないのであれば、ソロテントでも使えますよ。

ハイランダーテントROOMYの設営は15分?

ハイランダーの「エアートンネルROOMY」 は、設営がかんたんなのが特徴です。

でもさすがに、初めから15分は無理です。

ある程度慣れれば15分ぐらいで設営できますが、ペグダウンまで含めると20分ぐらいかかるかなという感想でした

テントを広げる

袋から取り出し、テントを広げます。

後方の4か所にペグを打って固定する

Hilanderとロゴがあるのが前面です。

エアーに空気を入れる

空気は4ヶ所に入れます。20~25回程度ポンプを押せば満タンになります。

特に大変という感じはありませんでしたが、女性だとちょっと力がいるかもしれません。

前を引っ張りペグダウン

ペグとハンマーをもって行いましょう。

風が強いとやっかいです。

周りのペグダウン

このままだと風にあおられるのできちんと周りをペグダウンしておきましょう。

ハイランダーテントROOMYの撤収は10分

撤収はたった3ステップ。

ポールを抜くという作業がないため、かなり時間が短縮できます。

ペグを抜く

すべてのペグを抜きましょう。

空気を抜く

口の部分を回すとものすごい勢いで空気が抜けます。

テントをたたむ

テントをたたみます。

口コミにもありますが、空気入れも一緒に入れて元通りに収納するのは難しいです

しかし、このコツさえ掴んでしまえば10分撤収も夢ではありません

たたむ作業は、空気を抜きながら行います。

他のテントでしまうことにもたつきのない人は慣れれば10分でもできるかもしれません。

あおい

私は雑な性格なので、綺麗にたたむにはもう少し慣れが必要です。。

エアートンネルテントROOMY
設営・撤収の時間をもっと子どもとの遊びに

ハイランダーROOMYの外観

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 外観
出典:ナチュラム

色は薄いベージュです。

ハイランダーの 「エアートンネルROOMY」 は、カマボコテントと同様、前面2ヶ所をメッシュにもオープンにもできます。

ただし、横面はポールをつける構造にはなっていません。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 外観前面オープン

カマボコテントと同様、居住空間はメッシュにもオープンにも対応できます。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 外観前面クローズ

フルクローズすればプライベート空間が広がります。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 外観後方

後ろ面も開くため、夏の暑い時でも空気の流れを作ることができます。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 外観横

正直なところ、見た目は少しチープな印象を受けました。

カマボコテントや他のトンネルテントと比べても安っぽさがあります。

たぶん、色によるところも大きいでしょう。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 外観

薄いため、真夏のテント内が暑くなる可能性があります。

ただ、これだけの大きさを1人でかんたんに設営できるというのはあらためて感動ですね。

ハイランダーROOMYの内観

居住スペース

続いてハイランダー「エアートンネルROOMY」の、居住スペースです。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY 外観

10人ぐらいは入れるサイズ。家族で使うなら広々とした空間が広がります。

エアフレームにインナーテントの吊り下げフックがあるため、ここにランタンをつけることができます。

入口とインナーテント付近にあるので、複数につければ明るさは十分確保できます。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY チューブ

エアートンネルのチューブは、交換可能です。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY インナーテント

インナーテントの入口にはメッシュポケットが左右それぞれに用意してあります。

小物などはここに閉まっておきましょう。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY インナーテントコンセント用ジッパー

電源コードを入れるスペースもついています。

寝室スペース

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY インナーテント

インナーテントは吊り下げ式です。

一度つけてしまえば、撤収するときも着けたままでOKです。

Hilander(ハイランダー)エアートンネルROOMY インナーテント内部

インナーテント内にもポケットがあります。

スマホなどはここに入れておくことができます。

エアートンネルテントROOMY
設営・撤収の時間をもっと子どもとの遊びに

ハイランダー ROOMYレビューまとめ

当記事では、ハイランダーの「エアートンネルROOMY」について書きました。

見た目がチープな点や、20kgという重さなど弱点はあります。

しかし、このテントは6m超級大型テントを1人で設営できるのです。

設営・撤収のかんたんさは、他のどのテントにもない強力なおすすめポイントです!

あおい

ソロテントと変わらない時間で設営・撤収ができます!

設営、撤収の時間は1人でしたい/時間がかかるのが嫌だけどキャンプは快適に暮らしたいならこのテントはめちゃくちゃおすすめです!

エアートンネルテントROOMY
設営・撤収の時間をもっと子どもとの遊びに

JCB 20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

JCBカードをApplePayまたはGoolePayに登録して
スマホ決済をするだけで
JCBカード1枚につき最大1万円までキャッシュバックされます!

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:システム会社のマネジメント&SE業務
家族:妻と子2人
30代が考えるお金とテクノロジーについて発信していきます。
映画は趣味です。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ