映画「HELLO WORLD」ネタバレ感想

「HelloWorld」は、2019年のアニメ。

突如現れた10年後の自分に、「お前はデータ」だと言われ、1人の少女を救うためにデータの中の未来だけでも変えようとする青春SFラブストーリー。

発想は面白い映画だったが、エンターテインメントなのかオタク向けのニッチな映画なのか分かりづらかった。

少し前のオタク向けな内容を「君の名は」の影響を受けてエンタメ要素を放り込んだあげくに薄味にしてしまったような映画だった。

動画配信サービスはほとんどが2週間から1ヵ月間の無料期間があります。

あおい

1つでも見たい作品があればお試しで使ってみましょう!

映画「HELLO WORLD」予告

映画「HELLO WORLD」 あらすじ

京都に暮らす内気な男子高校生・直実(北村匠海)の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミ(松坂桃李)が突然現れる。ナオミによれば、同級生の瑠璃(浜辺美波)は直実と結ばれるが、その後事故によって命を落としてしまうと言う。「頼む、力を貸してくれ。」彼女を救う為、大人になった自分自身を「先生」と呼ぶ、奇妙なバディが誕生する。しかしその中で直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、そしてこの現実世界に隠された大いなる秘密を知ることになる。 世界がひっくり返る、新機軸のハイスピードSF青春ラブストーリー。

filmarks

映画「HELLO WORLD」映画情報

監督伊藤智彦
脚本野崎まど
音楽2027Sound
公開年2019.9.20
製作国日本
上映時間98分

映画「HELLO WORLD」キャスト

堅書直美北村匠海
一行瑠璃浜辺美波
カラス釘宮理恵
勘解由小路美鈴福原遥
アルタラのセンター長子安武人

映画「HELLO WORLD」ネタバレ感想

冒頭にも書いたが、エンターテインメントにしたいのか、オタク向けにしたいのか分からない。

その中途半端さが評価に欠ける理由だ。

リア充にもオタクにも響いた「君の名は」は、社会現象を巻き起こすにいたったが、どうもその映画を模倣しているのか、同じようなヒットを飛ばしたい目的があるのか分からないが、全体的に中途半端な印象は否めない。

それに「君の名は」のように人間関係を構築していく冗長になりがちなシーンをキャッチーな音楽にのせて進めていく手法はパクリとは言わないけど、「君の名は」が頭にちらつくのでやめた方がいい。

ヒロインも少々オタク向けだ。

90年代なら綾波レイ、00年代の長門有希を見ているようなほとんど言葉も話さないクールな少女。見る人の好みを選ぶが少しオタク向け過ぎないだろうか。

ちなみに私はアスカ派だし、ハルヒ派であるので、このヒロインはあまり好みではない。

いや、オタク向けでも全然構わない。

しかしそれなら全体の雰囲気をもう少しオタク向けに振るべきだが、「HelloWorld」は全体的に誰でも見られるエンターテイメントに寄っている。

同じ図書委員のアニメ声のマドンナ的存在はもっと使いどころがあったように思う。

ストーリーもごちゃついている。

現実世界を記録することでデータ化された世界が広がっているという発想はおもしろいのだけれど、うまくまとめられていないし、データ化されていることに必然性も見られない。

結局あんたらどちら側の人間なんだよという展開もちらほらあって分かりづらい。

同じ人間が世界を共有するパラドックス的な部分もあまりフォーカスされていない。

「そんな細けぇこたぁいいから話を楽しめよ」と言われるほどには楽しめる要素も少ない。

10年前からデータの世界に飛んできた主人公が、3ヵ月前に出会ってしまい、過干渉になるからと、その時は好きでもない女子にアタックしろと言われアタックする理由が分からないし、あまりにも雑ではないだろうか。

だいぶ批判をしてしまったが、全体的に映像は美しかった。データ化された仮想空間を演出するに不気味な怖さをもつ狐の警備員は良かったし、色使いもきれいだった。

別に「君の名は」なんて意識する必要もないクオリティの高いアニメーションだ。

それゆえに話がもう少しなんとかならなかったというのが、正直なところだ。

映画「HELLO WORLD」を見たならこれもおすすめ

君の名は

あおい

2016年に社会現象を巻き起こしたアニメ!

タイトル君の名は
公開年2016.8.26
上映時間107分
ジャンル青春、恋愛、アニメ
主要キャスト神木隆之介、上白石萌音
監督新海誠
4.5

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

filmarks

2016年に社会現象を巻き起こした映画「君の名は」。 何か1つが秀でている映画というよりは、すべてが平均点以上の青春エンタメ映画。特に何かの仕掛けがあって盛り上がったわけでもなく、ただただエンターテインメント性の高い楽める。どうか頭を空っぽにしてベタベタな青春を楽しんで欲しい。

1つのエンタメアニメの時代を作った映画。一大ムーブメントを作っただけあって、影響を受ける作品も多い。

リア充にもオタクにも楽しい映画。

君の膵臓を食べたい

あおい

浜辺美波の魅力が1000%出ている映画

タイトル君の膵臓を食べたい
公開年2017.7.28
上映時間115分
ジャンル青春ドラマ
主要キャスト浜辺美波、北村匠海
監督月川翔
3.8

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

filmarks

タイトルとか雰囲気からして少女漫画系のちょっと重ため恋愛話かと思って敬遠してたら、すべての人間を全肯定してくれるような美しい映画だった。

一日の価値は全部一緒だし、人間の価値も全部一緒。病気だろうと100日後に死のうと、たとえ今日死ぬとしても。

浜辺美波主演の映画。タイトルとは裏腹に人生について考える深い映画だ。浜辺美波扮する女子校生が膵臓の病気で死んでしまう話ではあるが、単純な人の死をからめた泣ける恋愛映画みたいなものではない。

あと、HELLO WORLDと違い、浜辺美波が超絶魔性の女を表現しているのもこの映画の大きな魅力の1つ。

動画配信サービスはほとんどが2週間から1ヵ月間の無料期間があります。

あおい

1つでも見たい作品があればお試しで使ってみましょう!

観たい映画を探す

この記事を書いた人

kuroshirosunsun