徹底解説 | シンプルに考えるREALFORCE R3の種類と選び方

こんにちは、最近REALFORCE R3を購入したあおい(@tolkoba)です。

購入を検討されている方はご存知かもしれませんが、「REALFORCE R3」は全20種ものバリエーションがあるんです。

あおい

結局どれを買えばいいのさ。

しかし、安心してください。

たくさん種類があるようにみえますが、選び方は実はシンプル。

というわけで、この記事では私が購入するときに調べた「REALFORCE R3の選び方」をシェアします。

▼REALFORCE R3のレビューを見る

REALFORCE R3の選び方

価格と種類

まずは価格と種類について確認しましょう。

価格に影響を与える要因は主に3つあります。

  • テンキー
  • 無線
  • 静音

有線のみの場合は静音タイプがないなどの制約もあり、価格の違いは全部で6つ

テンキー有通常静音
無線31,680円34,980円
有線24,420円

テンキー無通常静音
無線31,240円34,540円
有線23,980円

今回私が購入したのは、テンキーレスの無線、静音タイプ。

あおい

フラグシップモデルですね。

HHKBに比べると選択肢は多いですが、価格帯は非常にシンプルな構成になっています。

静音と非静音は約3,000円、有線と無線の差となると約10,000円です。

有線タイプはかなりお買い得になっていますが、有線を購入するのであれば「REALFORCE R2」の方がスタイリッシュでクールなのでおすすめです。

あおい

キーマップ変更ツールを使いたいならREALFORCE R3がおすすめ

REALFORCE R2とR3の違いを徹底解説

テンキーレス

REALFORCE R3」はテンキーの有無を選択できます。

テンキーがついているモデルは、メディアコントロールボタンもついています。

あおい

キーマップ変更ツールを使えばBluetoothの切り替えスイッチを割り当てることもできますよ。

チェックポイント

色々なキーを割り当てたいならテンキーモデル

有線と無線

REALFORCE R3」有線モデルと無線モデルがあり、非静音タイプで比較しても価格も7,000円以上違います。

しかし「REALFORCE R3」最大の魅力は無線接続に対応したこと。

Bluetooth5.0に対応し、最大4台までに接続。

あおい

もちろん有線接続も使うことが可能です。

WindowsやMacだけでなくiOSやAndroidにも有効です。

対応OS

  • Windows10〜
  • macOS 10.15〜
  • iOS14.0〜
  • iPadOS14.0〜
  • Android10.0〜
あおい

PCでもスマホでも使えますよ!

※利用機器がBluetooth4.0に対応している必要があります。

有線の場合はWindowsとMac限定になりますので、スマホやタブレットで使いたい方は無線が良いでしょう。

チェックポイント

無線モデル推奨!有線でいいならR2がおすすめ。

キー荷重

キー荷重は、キートップの押下圧のこと。

軽くするとより少ない力でタイピングできるため、長時間作業では手の負担を大きく軽減できます。

REALFORCE R3」では、30g,45g,変荷重の3種類から選択可能。

変荷重の場合、小指で入力する力の入りにくいキーは30g、その他は45gとキーによって荷重が異なります。

あおい

私が購入したのは変荷重タイプ。確かに「A」「F」の押し心地が違いました。

短時間ではそれほど気になりませんが、長時間では効果を感じることができそうです。

ただ、45gも決して重いわけではありません。キーの押し心地はHHKBよりも軽く感じるぐらいでした。

また、非静音モデルや有線の場合は45gのみしか選択できません。

チェックポイント

こだわりがなければ45gか変荷重

静音

私は「REALFORCE R3」の静音タイプを購入したので両者の差は比較できません。

しかし、以下の記事で比較しているように、非静音タイプだからといってそれほど打鍵音が大きいわけでもないようです。

静音仕様と非静音仕様に関しては、完全に好みで選んでしまって良いと思う。非静音仕様といっても、けたたましく音が鳴るというよりは、「静音仕様モデルよりは音が鳴る」といった程度で、どちらかというと静かな部類に入ると感じた。

引用:ASCII

HHKBとの打鍵音を比較してみても、REALFORCEはかなり静か。

キー荷重が45gに固定されてしまうため、変荷重や30gを選択したい場合は静音タイプを選択する必要があります。

チェックポイント

予算に都合がつくなら静音タイプ

カラー

カラーは「ブラック」と「スーパーホワイト」の2色。

REALFORCE R2の頃にあったアイボリーは発売されていません。

スーパーホワイトの場合はHHKBの「雪」と同じような白さになります。

あおい

真っ白です!

ただし、キートップの文字が目立ちすぎていて少々野暮ったく見えるのも事実。

一部のキートップ色を変えるなどして工夫すると見栄えもグッとよくなるでしょう。

チェックポイント

色は好みで選ぼう

キートップの印刷方式

キートップの文字の印字は、2タイプの印刷方式があります。

  • 昇華印刷
  • レーザー印刷

昇華印刷は、インクを高温で転写する方式。樹脂の中にインクが浸透されるので文字が消えることはほぼないですが、文字色がグレーになるので視認性が悪くなります

レーザー印刷は、レーザーで表面を焼き込むことで印字する方法。長く使っても印刷は消えにくいが昇華印刷ほどではない。

あおい

スーパーホワイトはすべて昇華印刷になっています。

一方、ブラックでは視認性の問題があるため、静音タイプの45gにのみ昇華印刷が使われています。

昇華印刷のブラック

レーザー印刷のブラック

あおい

昇華印刷方式は見えにくいですね。

キートップの印刷方式

長く使える昇華印刷がおすすめ

REALFORCE R3の選び方 まとめ

テンキーの有無、カラーで絞り込みをかけたら、あとはキー荷重の重さを選択するだけです。

ブラック

テンキー有無線/静音無線有線
30gR3HA13
45gR3HA11R3HA31R3UA31
変荷重R3HA12
テンキー無無線/静音無線有線
30gR3HC13
45gR3HC11R3HC31R3UC31
変荷重R3HC12

昇華印刷は無線/静音の45gのみ

スーパーホワイト

テンキー有無線/静音無線有線
30gR3HA23
45gR3HA21R3HA41R3UA41
変荷重R3HA22
テンキー無無線/静音無線有線
30gR3HC23
45gR3HC21R3HC41R3UC41
変荷重R3HC22

私のおすすめは変荷重のスーパーホワイト(R3HC22)

ブラックなら昇華印刷方式を採用している(R3HC11)です。

ブラックで昇華印刷方式は文字の視認性は下がるものの、ブラインドタッチができればほとんど困ることはありません。

あおい

キーボードを見るときって、特殊なキーのときぐらいですからね。

また、キー荷重が45gで統一されますが、キーストロークの深さはソフトウェア側で調整できます。

長く使えることが静電容量無接点方式キーボードの良さなので、せっかくだから昇華印刷方式を購入することをおすすめします。

この記事が少しでもあなたのキーボード選びに参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。あおい(@tolkoba)でした。

Amazonでお得にお買い物

Amazonで買い物するならAmazonギフト券で事前にチャージしておくのがおすすめ。

現金でチャージすると最大2.5%のポイントが還元されます。

あおい

常に2.5%値引で商品を購入できるということです

チャージ金額にプラスしてプライム会員になるとさらにお得!

あおい

10万円チャージで2,500円分もらえます!

  • プライム会員は0.5%アップ
最大2.5%のポイントキャンペーン!

この記事を書いた人

あおい

平均5万PVの「カラクリンカム」運営
テレワークやアウトドアギアをキーワードにデスク周りのガジェットや生活用品を厳選してレビューしています。アウトドアギアは家でも外でも使えるものを組み合わせてテレワークで併用。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ