REALFORCEにおすすめのパームレスト| Kensington ErgoSoft Wrist Rest レビュー

こんにちは、キーボードに1日中触れていることの多いあおい(@tolkoba)です。

毎日使うので、良いモノを永く使おうと購入したのが高級キーボードたち。

打鍵感も良く入力スピードも上がるのですが、キーボードに少し高さがあるのが難点

入力中は手首が浮いてしまうので、長時間タイピングしていると手首の痛みや肩こりにつながります。

そこでパームレストのおすすめをたくさん調べた結果、最終的に購入したのがKensingtonの「ErgoSoft Wrist Rest」。

キーボードの前に置くことで手首の位置をフラットにしてくれて身体への負担を軽減してくれます。

あおい

奥のキーに手が届きやすいのも良きです。

木製のパームレストの方が使いやすいと言われていますが、低反発タイプのパームレストも十分使いやすいと感じたので紹介していきます。

メリット
デメリット
  • 汚れに強いので清潔に使い続けられる
  • 手に優しい感触だが、沈み込まない弾力性
  • 高低差のあるキーボードの打鍵スピードが向上する
  • 水を吸い込まないので夏場は蒸れる
  • 重たいので持ち運びは向いていない
  • デスクスペースをとる

ケンジントン パームレスト 外観

Kensingtonの「ErgoSoft Wrist Rest」は低反発タイプのパームレストです。

カラーは白と黒の2種類が存在しますが、今回私が購入したのは白。

サイズは、100x440x15mm。

私が購入したのは、Realforceの長さに合わせたラージタイプですが、HHKB用にコンパクトなサイズ(100x280x10mm)も発売されています。

75x460x20mmと、奥行きを短くした分、さらに長さのあるラージタイプもあります。

質感はマットなレザー調の合成皮革。触ってみると弾力がありプニプニします。

それでいて硬さもあるので、手をのせても沈み込むようなこともなく、しっかりと手首を支えてくれます

裏面にはジェル素材がついていて、デスクの上でピタッと止まってくれます。

しかし、ホコリやゴミがついてしまいがちなので保護紙をつけたまま利用しています。

あおい

ジェルの吸い付きがなくても、重いので全くズレることはないです。

重さは580gあるので、デスクの上は安定感があります。それゆえに持ち運ぶには不向きなので定位置に置いて運用するのがおすすめです。

高さもちょうどよく、手のひらを置けばフラットに利用できます。

ケンジントン パームレスト 良かった点

おすすめポイント!

  • 高低差のあるキーボードの打鍵スピードが向上する
  • 手に優しい感触だが、沈み込まない弾力性
  • 汚れに強いので清潔に使い続けられる

パームレストのおすすめを探していたこともあり、2ヶ月ほど、REALFORCEとHHKBをそのまま利用していました。

私の場合、それほど手首を痛めるということもなく、快適にタイピングができているつもりでした。

しかし、実際に「ErgoSoft Wrist Rest」を導入してみると打鍵スピードがかなり向上したと感じています。

今まではキーボードとデスクの間に高低差があることで、数値やファンクションキーなど奥の方にあるキーに少々無理な力がかかっていたのですが、フラットになることで手が届きやすくなりました。

手首が浮いていると指にも変な力が入り、打ち心地は良いものの打鍵ミスは多発。

フラットにすることで流れるように入力ができるようになったことは買って良かったと思える点です。

あおい

不自然な力をかけると、肩こりや手首の痛みが知らず知らずのうちに蓄積されていきますからね。

REALFORCEをMacで使うためのおすすめキーボード設定

木製だと手首が沈み込まないので余計な負担が発生しないので木製のパームレストにするかどうかでも迷いました。

あおい

クッション性の場合、手首が沈みこむので余計な力が必要になってしまいますからね。

しかし「ErgoSoft Wrist Rest」ならその心配もありません。

低反発のジェルが使われていますが、固めの弾力なので手首をのせたぐらいで沈むことはありません。

力を入れて押し込むことで少し沈むぐらいなので浮き沈みによる余計な負担がかかることもなく、それでいて手首に柔らかさを感じられるようになっています。

あおい

プニプニしていて触り心地がいいので、手首をのせていると快適なんです!

耐久性も上々です。

夏の汗や、擦れによる経年劣化は心配されるところ。

合成皮革の素材は汗を吸い込むこともなく、表面は水拭き可能。汚れてしまったときにもサッと水拭きしておけば長期間キレイさを保つことができます。

アルコールなど、洗剤や除菌剤に晒しても24時間耐えられる規格もクリアしています。

あおい

布製と違い、飲み物をこぼしても安心ですね!

汚れのようなものは発生する可能性がありますが、レザー調の素材なので表面がボロボロになる可能性は薄いでしょう。

ケンジントン パームレスト イマイチな点

いまいちなポイント!

  • 水を吸い込まないので夏場は蒸れる
  • 重たいので持ち運びは向いていない
  • デスクスペースをとる

ErgoSoft Wrist Rest」は、水を吸い込まない特性ゆえに夏場は蒸れる可能性があります。これは汚れに強いという良い点の裏返しでもあります。

重さがペットボトル1本分以上の580gもあり、サイズも大きいので持ち運びには適していません。

家で使うならズレることもなくしっかり安定するので、据え置きとして使うのが良いでしょう。

また、スペースもそこそこ必要とします。

私のデスク環境はFLEXISPOTで奥行き60cm。PCモニターはHuawei Mateviewのスタンドタイプ。組み合わせるとそこそこデスクスペースを必要とします。

あおい

ノートをちょっと開いて作業するのは難しいですね。

デスクが60cmぐらいの方はラージタイプの方がおすすめです。

30代IT系サラリーマン最強のテレワーク環境

まとめ REALFORCEにパームレストは不要?

パームレストは必要か?問いに対して、実際にそれぞれ長期間試してみた感想は、「なくても使えるが、あった方が快適に使える」です。

パームレストなしでも手の痛みも肩こりも発生しないのであれば、そのままでも十分使えます。

しかし、奥の方のキーは届きにくく誤入力も発生しがち。手が大きくて奥のキーにも無理なく届く人以外はパームレストの利用をおすすめします。

ErgoSoft Wrist Rest」はキーボードとデスクの高低差を補ってくれ、手に優しい感触で乗せ心地も上々。

重さはあるので安定しますし、家で固定して使うにはとても良い製品です。

メリット
デメリット
  • 汚れに強いので清潔に使い続けられる
  • 手に優しい感触だが、沈み込まない弾力性
  • 高低差のあるキーボードの打鍵スピードが向上する
  • 水を吸い込まないので夏場は蒸れる
  • 重たいので持ち運びは向いていない
  • デスクスペースをとる

最後までお読みいただきありがとうございます。あおい(@tolkoba)でした。

Amazonでお得にお買い物

Amazonで買い物するならAmazonギフト券で事前にチャージしておくのがおすすめ。

現金でチャージすると最大2.5%のポイントが還元されます。

あおい

常に2.5%値引で商品を購入できるということです

チャージ金額にプラスしてプライム会員になるとさらにお得!

あおい

10万円チャージで2,500円分もらえます!

  • プライム会員は0.5%アップ
最大2.5%のポイントキャンペーン!

この記事を書いた人

あおい

平均5万PVの「カラクリンカム」運営
テレワークやアウトドアギアをキーワードにデスク周りのガジェットや生活用品を厳選してレビューしています。アウトドアギアは家でも外でも使えるものを組み合わせてテレワークで併用。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ