クロスバイクで通勤におすすめ!SERFAS(サーファス)ライト USL-200レビュー

今乗っているクロスバイクのライトにSERFAS(サーファス)ライト USL-200を購入しました。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200の外観

これが高すぎないわりに使いやすさも抜群で自転車通勤にはちょうどいいライトだったのでご紹介。

SERFAS(サーファス)は、カリフォルニアが発祥の地で、自転車のツールを製造している会社です。

ライト部分は、アメリカの「CREE」(クリー)社製の高品質LEDを採用した優れもの。

あおい

自動車のライトにも多く採用されている会社です。

USLシリーズは2灯の1500、1100ルーメン、1灯の850、600、450、200、150ルーメンのモデルをラインナップ。

今回は最大200ルーメンのライトを購入しました。

あおい

街で自転車に乗るなら十分な明るさです!

SERFAS(サーファス)ライト USL-200 基本情報

サイズ88x30x23mm
重さ138g(ブラケット込み)
明るさ200 / 100 / 50
防水IPX4
充電時間2.5時間
対応ハンドルバー直径25.4~31.8mm

SERFAS(サーファス)ライト USL-200 サイズ

SERFAS(サーファス)ライト USL-200」のサイズは「88x30x23mm」です。

クロスバイクにちょうどいいSERFAS(サーファス)ライト USL-200 サイズ

高さは、台座の取付け部分も含めて28mm。

クロスバイクにちょうどいいSERFAS(サーファス)ライト USL-200高さ

手に持つとコンパクトさが分かります。

クロスバイクにちょうどいいSERFAS(サーファス)ライト USL-200は手のひらサイズ
あおい

自転車にも取り付けやすい手に収まるサイズ感です。

自転車に取り付けたところ。

クロスバイクにちょうどいいSERFAS(サーファス)ライト USL-200 自転車に取り付け

SERFAS(サーファス)ライト USL-200 重さ

SERFAS(サーファス)ライト USL-200」のブラケット込みで重さは138gです。

SERFAS(サーファス)ライト USL-200 重さ

ブラケット部分は101gです。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200の重さ(ブラケット抜き)
あおい

スマホの重さと同じぐらいです。

SERFAS(サーファス)ライト USL-200 明るさ

自転車通勤には十分な明るさ

明るさは最大200ルーメンです。

街灯も少ない道で写真をとてみました。

まずは消灯時。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200での明るさ比較

50ルーメン

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200での明るさ比較
あおい

スピードを出さなければこれでも十分走ることができます。

100ルーメンの明るさ。道は50mほどありますがそこそこ遠くまで照らしてくれます。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200での明るさ比較

200ルーメン。

写真だと100ルーメンとの違いが分かりにくいですが、より強い光を当たるので、上を向ければかなり遠くまで見えるでしょう。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200での明るさ比較
あおい

自転車通勤なら200ルーメンで問題なし!

ロードバイクでものすごいスピードで走るのであれば450ルーメンをおすすめしますが、普段の自転車通勤程度であれば200ルーメンもあれば十分な光量です。

USBで充電できるバッテリー式

SERFAS(サーファス)ライト USL-200」はUSB充電式のため、経済的です。

また、1400mAhの容量があるので、点灯時間の持ちも良いです。

モードルーメン点灯時間
点灯Hi2002時間
点灯Mid1004時間15分
点灯Low507時間
点滅5018時間
日中点滅20050時間

電池が少なくなってくるとオレンジ(60%)

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200の点灯

20%以下になると赤くひかります。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200での点灯
あおい

急に充電が切れて困る心配もないですね。

充電は、付属のUSB-typeBケーブルで行います。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200の充電方法

SERFAS(サーファス)ライト USL-200 の防水性能

SERFAS(サーファス)ライト USL-200」の防水性能はIPX4です。

IPX4とは

あらゆる方向からの水の飛まつを受けても有害な影響を受けない。

つまり、普段自転車に乗っているときに雨が降ってもそのまま使えるということです。

ライトをつけっぱなしにして離れているときに雨が降っても、余程の雨じゃない限り問題ありません。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200の防水性能
あおい

USBのキャップはきちんとしておきましょう。

SERFAS(サーファス)ライト USL-200 の取り付け方

ブラケットの着脱がめちゃくちゃ簡単

SERFAS(サーファス)ライト USL-200」のブラケットは取付けがめちゃくちゃかんたんです。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200の取り付け方

先端にひっかけてねじるだけ。ゴム製なので伸ばしてとりつけます。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200の取り付け方
あおい

やり方さえ知ってしまえばめちゃくちゃ楽です。

あとは、ライトを差し込むだけです。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200の取り付け方

ブラケットは、25.4mm径~31.8mm径のハンドルに対応しています。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200の取り付け方

ライトがガタガタしないし、動かない

自転車に乗っていると、ライトがズレてきたり、ガタガタ動いたりする経験ありませんか?

安い自転車用ライトを購入するとブラケットがネジ式になっていたりします。

思ったよりネジの緩みも多いので基本的におすすめしません。

あおい

ブラケット自体がズレちゃって、ライトの方向が安定しないんです。。

SERFAS(サーファス)ライト USL-200」はゴム製なのでかなりがっちりホールドされます。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200の取り付け方
あおい

ブラケットの脱着も簡単なんです。

がっちりホールドされますが、このまま向きを変えることも可能です。

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200の取り付け方

ライトの微調整もできますし、

クロスバイクにちょうどいいライトSERFAS-USL200の取り付け方

SERFAS(サーファス)ライト USL-200 の価格

200ルーメンながら3,000円を切る価格

SERFAS(サーファス)ライト USL-200」は、200ルーメンという明るさを持ちながら、3,000円を切る価格で購入することができます。

他にも450ルーメンがあります。

SERFAS(サーファス)ライト USL-200まとめ

良い点

・本体が小さくてコンパクト

・取付けやすいブラケット

・3,000円で必要十分な機能性

イマイチな点

・夜の河川敷では少し暗い

自転車通勤を始めた人などに超おすすめの一品です!

どうも、あおい(@tolkoba)でした。

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:某企業のIT部門
ガジェットやキャンプに関する記事を書いています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ