映画「ピーナッツバターファルコン」ネタバレ感想 男2人の友情ロードムービー

映画「ピーナッツバターファルコン」は、2020年に日本で公開された映画。

ダウン症の青年と兄を亡くした男が、憧れのレスラーに会いにジョージア州サバンナの沿岸を旅しながら仲良くなっていくロードムービー。

人間関係に疲れたときにちょうどいい。心温まる映画だった。

66点

脚本
6
演技
7
演出
7
音楽
6
総合
7

映画「ピーナッツバターファルコン」情報

タイトルピーナッツバター・ファルコン
公開日2020.2.7
監督タイラー・ニルソン
マイク・シュワルツ
上映時間97分
製作国アメリカ
ジャンルアドベンチャー

映画「ピーナッツバターファルコン」キャスト

タイラーシャイア・ラブーフ
ザックザック・コッツァーゲン
エレノアダコタ・ジョンソン
マークジョン・バーンサル
ダンカンジョン・ホークス
カールブルース・ダーン
クリントトーマス・ヘイデン・チャーチ

映画「ピーナッツバターファルコン」あらすじ

老人の養護施設で暮らすダウン症のザックは、子どもの頃から憧れていたプロレスラーの養成学校に入る ことを夢見て、ある日施設を脱走する。同じく、しっかり者の兄を亡くし孤独な毎日を送っていた漁師・タ イラーは、他人の獲物を盗んでいたのがバレて、ボートに乗って逃げ出す。ジョージア州サバンナ郊外を舞 台に、偶然にも出会った二人は瞬く間に心を通わせ行動を共にすることに。やがて、ザックを探してやって きた施設の看護師エレノアも加わって、知らない世界との新たな出会いに導かれ、彼らの旅は想像をもして いなかった冒険へと変化していく。

filmarks

映画「ピーナッツバターファルコン」ネタバレ感想

ピーナッツバターファルコンの舞台

ピーナッツバターファルコンは、アメリカ南部のジョージア州サバンナが舞台。

見渡す限り自然が広がっている風景はロードムービーにはうってつけの場所。

サバンナは、ジョージア州の中でもかなり小さな地区だけれど人口20万人程度いる地方都市にあたる。

今回はサバンナの郊外が舞台となっている。映画を観ると分かるように湿地帯が多い地域でもある。

タイラーは漁で生計を立てている。しかし、郡の決まりによりカニ漁の免許の定数が決まっていて、今回の主人公のタイラーは免許をもっていない。

男2人の友情を描いた王道ロードムービー

©映画「ピーナッツバターファルコン」

映画「ピーナッツバターファルコン」は、ダウン症の青年ザックが老人施設で暮らしているところから始まる。親に捨てられ、行く場所がなく、老人施設に身を寄せている。

ザックは自由のない施設に不満を持っていて、古いビデオテープに出演していたレスラー、ソルトウォーター・レッドネックに憧れて、彼が経営しているレスラー養成所へ行くために脱走する。

タイラーは、仲の良かった兄を亡くし喪失感を抱えている。居眠り運転により自分の兄を死なせてしまったという事実が彼をずっと苦しめている。

喪失感を抱えた2人が出会い、旅を通じて心を通わせていくロードムービーとなっている。

ストーリーとしてはかなり王道でこれといった意外性があるわけでもないし、涙腺崩壊するほどの感動があるわけでもない。

でも、価値観も生きてきた軌跡も全然異なる2人が、追われる者同士、新たな希望を胸に楽しく旅をする男同士の友情が単純に胸を熱くするし、アメリカ南部の田舎の風景もいい

風景は目を見張るような美しい景色が広がっているわけでも、アメリカならではの壮大さがあるわけでもない。

湿地帯と海岸が続くなんてことない風景だ。

それはおそらく日本で言うと田舎の港町のような場所なのだろうけど、今までに観たことあるようであまり馴染みのない場所が舞台だし、景色の魅せ方もなんだか心地よい雰囲気に誘われるため、風景を見ているだけでもお腹は満たされる。

紅一点 ダコタ・ジョンソンの魅力

©映画「ピーナッツバターファルコン」

ザックを追って、途中から加入したエレノアが、この男2人のむさくるしい旅に色を添えていて、サバンナ沿岸の景色にマッチしつつ、美女が風呂にも入らず野営をするギャップがなおフェロモンを刺激する。

なぜすぐに男女の愛になってしまうのかというアメリカ特有のシーンは気になるけども、最終的にはタイラー、エレノア、ザックでフロリダに向かい、みんなが一緒に暮らせそうな気がするエンド。

人間関係に疲れている時こそ響く、心穏やかになる映画だった。

余談だけど、アメリカ人のタトゥーとマリファナ率って本当に高い。今回マリファナはないけれど、エレノアもタトゥーを入れているのだけれど、タトゥーはピアスぐらいの感覚なんだろうか。

映画「ピーナッツバターファルコン」を見たならこれもおすすめ

同じような男2人の友情ロードムービーだけれど、相手はまさかの死体。

A24が創る独創的な世界観と最高の音楽を楽しめる。

スイス・アーミー・マン ネタバレ考察・解説 意味不明で終わらせてはいけない映画

この記事を書いた人

kuroshirosunsun

できるだけ前向きなレビューを心がけています。
記事を気に入っていただけたらTwitterフォローをお願いします。