M1チップ MacBookPro/Airのデメリット!買って後悔しないように知っておくべきこと

こんにちは、WindowsからMacBookAirに乗り換えたあおい(@tolkoba)です。

2020年11月18日に発売されたM1チップ搭載MacbookAirを購入しました。

以前はCorei3、4GBメモリーのWindowsを使っていた私にとっては、OSが異なるMacの操作性に戸惑うものの、その速度の向上には感動を抑えきれません。

あおい

めちゃくちゃ、速い!!

SNS上でも続々とその体感速度の速さベンチマーク性能の高さを伝える声が上がっています。

懸念されていたCPUの動作不安定も今のところあまりなく、速くて安いMacを試したいと購入を検討しているあなた。

あおい

M1搭載Macの問題点をきちんと理解していますか?

メリットの声が大きすぎてデメリットの声が届きにくくなっています。

購入を検討するならデメリットもきちんと確認した上で購入するのが良い買い物の秘訣です。

というわけでこの記事では「M1チップ MacBookPro/Airのデメリット!買って後悔しないように知っておくべきこと」について書いていきます。

M1搭載MacBookPro/Airのデメリット

デザインの変化が0

M1チップ搭載MacBook Airはデザインに変化なし

M1チップが搭載されたMacBookAirとMacBookPro。

性能差では恐ろしいほどの違いを出してくれましたが、その外観は全く変わっていません

それが、「M1 MacBook」が高性能なのにお買い得な価格を実現しているわけです。

あおい

高性能なのに10万円台(税抜)ですからね。

しかし、Appleが得意とするワクワクするような体験を「見た目」では感じられなくなっているのは事実。

M1 MacBook Pro」に至っては、TouchBarがいまだについている状態。

確かにM1チップは速いです。でも、IntelのMacが遅いわけではありません。

いくら50万円ぐらいするMacProなみのベンチマークを記録してからといって、ウェブブラウジングや簡単な画像編集程度のことで劇的な違いがあるわけでもありません。

仮想環境をいくつも作ってプログラミングをゴリゴリやったり、動画編集をどれぐらいの人がやるのでしょうか?

あおい

今のスペックで満足していませんか?

少なくとも前モデルと比べただけなら、日常使いでは劇的な差はないでしょう。

そういう意味で、見た目も中身もワクワクしたいという人は次モデルを待つのも良いでしょう。

1stモデルのCPU

M1チップ搭載MacBook Airは1stモデルのCPU

M1 MacBook」は確かに爆速です。

何をやるにしてもストレスなく次の動作に移ってくれます。サードパーティ製のソフトウェアもそこそこ使えるし、想像以上に不具合は少ない印象です。

しかし、iOSでのノウハウがあるとはいえ、Macが出した初めてのCPU。まだまだ動作不安定な面が出てくるのはこれからです。

世の中にはたくさんのアプリが出回っています。しかし、試されているのはまだまだメジャーな一部ソフトのみ。

あおい

あなたはどんなアプリを使っていますか?

少なくとも、今持っているPCの性能に不満がそれほどないのであれば来年の2ndモデルを待つべきしょう。

1年後には私のような人柱の人たちから続々と報告に上がってくるであろう不具合を解消し、よりCPUが完成形に近づくからです。

あおい

多少の不具合は楽しめる人が必要です

CPUはソフトウェアと違ってアップデートでどうにかなる部分ではありません

そういう問題も含めて楽しめる私たちのようなガジェット好きに任せておけばいいのです。

ちなみに5ヶ月ほど利用して発生した不具合は

  • Bluetoothの最初の接続の調子が悪い
  • Safariが固まる

の現象がありました。

一時的な物でしたので、大きな問題には発展しませんでしたが、こういう謎の現象が発生することは承知しておいた方が良いです。

  • 2021年9月23日追記

購入後1年近く経過しましたが、Bluetoothの問題はたまにあるものの、基本的には快適に動いてくれています。

iPhone/iPadアプリはまだほとんど使えない

M1チップ搭載MacBook AirはまだiPhone/iPadアプリがほとんど使えない

スマートフォンとPCの垣根を取り払ったAppleの新しいOS「BigSur」。

Macのアプリもありましたが、iOSのアプリと比べるとあまりに少ないのが現状でした。

今回、そんな大量のアプリが使えるようになるというサプライズがありましたが、、

あおい

ほとんど使えるアプリがない。。

そもそも現時点(2020/4/22)では使えるアプリには限りがあります。

開発者側でMacでの公開の有無を決めることができるようになっているからです。

Google系のアプリもほとんどありませんし、InstagramなどのSNSも対応していません。

Mac版にすでにあるようなTwitterアプリはありますが、メジャーなアプリは少ないという印象。

それにiPhoneアプリは

  • タッチ操作
  • 縦長

が前提となっているのが基本です。

タッチ操作ができないかつ横長のMacでは使いにくいのではないでしょうか。

少なくともiPhoneアプリが使えることを期待しているのであれば、やめておいた方がいいです。

あおい

盛り上がる気配は見えないですね。

eGPU非対応、外部ディスプレイ出力も1枚まで

M1チップ搭載MacBook Airは外部出力は1枚、eGPUは非対応

あなたの今の作業環境を確認してください。

あおい

デュアルディスプレイ環境ではありませんか?

M1チップに内蔵されているThunderbolt3に制約があるため 外部ディスプレイの2枚出力ができません

つまり、デュアルディスプレイやトリプルディスプレイなどの環境を構築することができないのです。

「そんな使い方しないよ」って人には関係のない話ですが、当たり前のように使っているひとにとっては大きな問題です。

サードパーティ製の出力機器を使うことで外部ディスプレイの拡張はできるようになっていくようですが、標準ではサポートしていないということを理解しておきましょう。

2021年9月現在、Display Linkチップ搭載のUSB-HDMI変換ケーブルを使うことで2枚出力可能になっています。

ただし、そこそこお高いので、簡単にディスプレイを増設というわけにはいかないです。

また、Intel時代にサポートしていたeGPUもサポートしていません。

eGPUとは

外付けできるGPUのこと。ノートパソコンのようにグラフィックボードの増設ができない人向けに開発された技術。

あおい

せっかくIntel時代には対応していたのに、、

eGPUを使って外付けでガチガチのゲーム環境を利用していたような人は様子見しましょう。

Windows対応?

M1チップ搭載MacBook Air外観はWindows非対応

Macのデザインが好きだけど、OSはWindowsの方がいい人や、WindowsもMacも両方使いたいような人にはAppleM1はまだ購入してはいけません。

M1チップ上でWindowsが動作しないからです。

あおい

Mac好きだけどWindowsも仕事上必要なんだよなぁ。

AppleとしてはMicrosoft側がやる気を出せばできると言っていますが、今のところBootcampを利用してのWindows搭載Macは非対応です。

ですが、とうとうM1 MacでもWindowsの仮想化に成功しました!

Parallesの仮想化ツールを利用することで、Windowsを動作させることができるようになりました。

Windowsのゲームをバリバリやるには不向きですが、オフィスなどを使うようにはできているようです。

2週間の無料体験もできるので、Windowsを使える方は試してみると良いでしょう。

あおい

不完全ではありますが、だんだんと改善されていますね。

▲目次へ戻る

M1搭載MacBookPro/Airを買うべき人

デメリットを色々と書き連ねましたが、「M1 MacBook」はこんな人におすすめです。

おすすめポイント!

  • 新しいもの好きな人
  • PCに慣れていて多少の不具合は許容・解決できる人
  • 今のPCが古すぎてスペック不足な人
  • 安くて速いMacが欲しい人

確かにめちゃくちゃ速くて安いM1搭載MacBook Pro/Airなので、現状のPCが古い人ほど感動するレベルの速度を体験させてくれます。

あおい

それに、とにかく安い

今までなら数十万円クラスのスペックが10万円台前半で購入できるのです。

デメリットを理解した上で購入すれば確実にあなたを最高の体験へと導いてくれるでしょう。

自分好みのデスクトップ環境を構築できるのもAppleのデザイン性能のおかげだったりします。

最後までお読みいただきありがとうございます。あおい(@tolkoba)でした。

\ 7日間のビッグセール /

Amazonでお得にお買い物

Amazonで買い物するならAmazonギフト券で事前にチャージしておくのがおすすめ。

現金でチャージをするだけで、チャージ金額に対して最大2.5%のポイントを還元。

あおい

常に2.5%値引で商品を購入できるということです

チャージ金額にプラスしてプライム会員になるとさらにお得!

関連:Amazonプライムは日本こそお得 年4900円でここまでできるまとめ

あおい

10万円チャージで2,500円分もらえるということ!

関連:【徹底比較】Apple M1とIntel MacbookAir/Proのスペック、価格

関連:MacBookAir(Pro)と一緒に欲しい周辺機器、アクセサリー

関連:【テレワークが捗る】PCデスク周り便利にするアウトドアギアで揃えるガジェット・グッズ

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:某企業のIT部門

テレワーク環境を着々と整えつつあるガジェットブロガー。

キャンプギアをふんだんに使って、クリエイティブな家の構築を目指しています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ