【レビュー】ロジクール KX800 MX KEYS WindowsもMacも1つのキーボードで統一したいあなたにおすすめ

こんにちは、あおい(@tolkoba)です。

ロジクールのキーボード「KX800 MX KEYS」を購入したのでご紹介します。

MacとWindowsの両方に対応したキーボードで、Macの見栄えにも負けない洗練されたデザインが特徴です。

私がキーボードに求める要件は以下。

  • マルチペアリング対応
  • Mac,Windowsに対応
  • Macに負けないデザイン
  • ノートPCのような打鍵感
あおい

この希望を全て満たしたのが「KX800 MX KEYS」です。

キーボードで1万超えなのは若干迷いましたが、やはり買ってよかったと思えるガジェットした。

メリット
デメリット
  • WindowsとMacで使える
  • キーボードの切り替えが瞬時にできる
  • Macに負けない高級感
  • しっとりとした打鍵感
  • キー配列に慣れが必要
  • 持ち運びには不向き
  • バックライトをつけると電池持ちが悪い

ロジクール「KX800 MX KEYS」外観、付属品

キー構造パンダグラフ
サイズ430×20×131mm
重さ810g
接続方法Unifyingレシーバー
Bluetooth
充電方法USB-C
対応OSWindows10,Mac

KX800M MX KEYS」まずはキーボード全体。色はグラファイトグレーです。

キーボード周りのメタルプレートが高級感を高めてくれていて、Macのデザインにも負けていません。

キーは、金属ではありませんがマットな質感のあるサラッとした表面になっています。

あおい

汚れが目立たなそうでいい!

キーボードは斜めになっているので、入力もしやすい形状になっています。

上部には電源スイッチと充電用のUSB-Cアダプタがあります。

右上は充電ステータスを表示。充電中は緑ランプ、充電が減ってくると赤ランプが点灯します。

真ん中には「logi」のロゴ

あおい

デザインは好きだけど、このロゴにはチープさを感じますね。

キーボードは、MacでもWindowsでも使える配列になっています。

「opt/スタート」や「CMD/ALT」を合わせているため、スペースキーは小さめです。

本体の他にはUnyfingレシーバ用のアダプタとUSB Type-Cケーブルが付属しています。

電源アダプターは付属しません。

ロジクール「KX800 MX KEYS」のメリット

重厚感があり安定したキー操作が可能

KX800M MX KEYS」を購入してまず思ったのは、「重っ!」の一言。

重要は実測値で802gと結構重ため。

あおい

持つとずっしりきます。

iPadと比べると倍近く重いわけですから、間違いなく持ち運びには不向きのキーボードです。

しかし、その重さのおかげで机の上でずれることもなく安定します。

持ち運びするわけでもなければ、キーボードを持つこともほとんどないので、重さについては気になりません。

サイズはテンキーも付属しているので幅広の430mm。奥行きは130mm。

13インチのMacBookAirと比較すると若干大きめとなっています。

M1 MacBookAirのレビューを見る

キーピッチは19mm

キーストロークは1.8mm

ポイント

キーストローク・・・押し込みの深さ

キーピッチ・・・キーとキーとの間隔

押し込みにはキーストローク以上に重さを感じます

あおい

ノートPCの打鍵感よりも少し重ためですね。

ただ、慣れてくるとこの重さも押し間違いがしにくい設計になっていることがわかります。

キーが球状に窪んでいるところもポイント。これのおかげで指の腹がしっかりとキーボードにハマるのでタイプミスを軽減できます。

あおい

とにかく入力の正確さにこだわっているキーボードです。

打鍵音は静かでソフトな押し心地。

安っぽさを感じない美しい音には満足。

あおい

ノートPCよりも重たく感じるものの打ち心地は好きですね

最大3台まで接続/ワンボタンで切替可能

KX800M MX KEYS」は3台まで接続可能。

接続方法はUnifyingレシーバかBluetoothのどちらでも使用できます。

 Bluetoothでの接続方法はこちら
ペアリングしたいキーを3秒長押し
接続したい機器のBluetoothを開く
キーを入力

求められたキーを入力すれば接続完了です。

別の機器に切り替えたいときはペアリングしたボタンを押すだけ。

あおい

瞬時に切り替わるので、めちゃくちゃ便利です

WindowsでもMacでも使える

プライベートではMacを使うけど、仕事ではWindowsを利用している人も多いのではないでしょうか。

例えばテレワークで、プライベート用と仕事用にキーボードがあるのもジャマですよね。

KX800M MX KEYS」ならマルチペアリング対応でMacにもWindowsにも対応している優れもの

あおい

こういうキーボードってなかなか他にはないんです!

最新のM1 MacBook Airでも接続できました。

他にもiOSやAndroidでもペアリング可能なので、スマホやタブレットにも「KX800M MX KEYS」を使うことができます。

キーボード配列には少し戸惑う

WindowsとMacを兼用しているため、キーは直感的に分かりにくい部分もあります。

「opt/スタート」でMacのopt、Windowsのスタートボタンを1つのキーに。

「cmd/alt」はMacのcmd、WindowsのAltキーになります。

あおい

Windowsロゴの方がわかりやすいのに。

Windowsのプリントスクリーンはカメラアイコンです。

あおい

分かりやすいとは言えないですね。。

分かってしまえばどうってことないですが、2つのOSに対応しているため、少し混乱するポイントです。

それにファンクションキーの位置も1つズレている感じがします。

Excelのセル入力でF2をよく使うのですが、間違えてF1を押してしまい全く必要ないヘルプが起動することがしばしば。

あおい

F1とF2を押し間違えるんですよね。

専用ソフトでキーカスタマイズが可能

KX800 MX KEYS」は、ロジクール専用のアプリでキーカスタマイズが可能です。

カスタマイズできるのはファンクションキー、テンキー上部の4ボタン、fnキーとなっています。

また、ファンクションキーの特殊動作とF1〜F12のどちらを標準動作にするのかを切り替えすることも可能です。

あおい

Fnキーとescキーの同時押しで切り替えられます。

前モデル「K780」ではできなかった機能ですが、仕事上ファンクションキーをよく使うので、これはありがたいポイント。

割り当て可能なキー一覧
  • 輝度を下げる
  • キーストロークの割り当て
  • アプリケーションを開く
  • Finderの検索
  • Launchpad
  • Mission Control
  • Webページを開く
  • アプリケーションをExpose
  • ウィンドウを最小化
  • スマートズーム
  • デスクトップ(右)
  • デスクトップ(左)
  • デスクトップの表示
  • ファイルを開く
  • フォルダを開く
  • フルスクリーン
  • ミュート
  • モディファイア
  • 中央ボタン
  • 再生/一時停止
  • 前へ
  • 右へスクロール
  • 左へスクロール
  • 戻る
  • 検索
  • 次へ
  • 画面のキャプチャ
  • 調べる
  • 輝度を上げる
  • 通知
  • 進む
  • 電卓
  • 音量を上げる
  • 音量を下げる
  • 高度なクリック
  • なし

「キーストロークの割り当て」を使うことで複数のキー操作をワンボタンで可能に。

おすすめの設定はファンクションキーにコピペの操作を割り当て。

あおい

F1でコピー、F2にペーストを割り当てると作業効率が高まりますよ!

ロジクール「KX800 MX KEYS」のデメリット

キー配置が独特

KX800 MX KEYS」はWindowsとMacの両方に対応しているため、キー配置に独特な部分があります。

Windowsの「スタート」「Alt」とMacの「OPT」「Cmd」が混在しているため、少しキー幅も広く、その分スペースキーが短めになっています。

また、escキーが少し広めにとられており、ファンクションの位置も少し右に寄っています。

すぐ慣れますが、今まで使っていたキーボードと比べると最初は違和感を感じるでしょう。

持ち運ぶには不向き

重量が800gあり、テンキーも付属しているため持ち運びには向いていません。

自宅で使うには最高ですが、外でも使いたいのであれば、「MX Kyes mini」が発売されているので、そちらを購入しましょう。

バックライト使用時の電池持ちが悪い

KX800 MX KEYS」は電池ではなくバッテリー充電方式で、USB Type-Cを利用します。

バックライトを利用すると約10日間、オフにした場合は最大5ヶ月間利用することができます。

バックライトを使用すると、キーボードに手を近づけただけで光り、見た目も使い勝手も良いです。

電源がついているときにずっと点灯しているわけではなく、手を近づけた時だけ光ります。

しかし、バックライトをオンにしておくと電池消費が激しいのが難点。

充電しながらでも使えますので、電池切れ起こして使えなくなるようなことはないものの、ちょっと早いと感じました。

バックライトの機能はオフにしておくこともできるので、特に必要なければ切っておけば数ヶ月は電池が持ちます。

あおい

私はバックライト機能は停止させました。

MX Keys miniとの違い

KX800 MX KEYS」のテンキーレス版にあたる「MX Keys mini」が2021年11月に発売されました。

製品名
MX KEYS

MX KEYS mini
サイズ(横幅)約430mm約295mm
重さ約802g約506g
カラーグラファイトペイルグレー
グラファイト
ローズ
キーピッチ19mm19mm
キーストローク1.8mm1.8mm
詳細を見る詳細を見る

MX KEYS miniの変化点

  • テンキーレス
  • Logi Bolt ワイヤレス接続用USBレシーバー対応
  • ディクテーション(口述筆記)、絵文字、ミュート/ミュート解除キーの追加

打鍵感などの操作性はそのままにテンキーレスになった分コンパクトになったのが「MX Keys mini」。

USBレシーバがセキュリティや接続の安定性を高めたタイプに変更されています。

MX KEYS miniのUSBレシーバーは別売になります。

重さは約500gと、ペットボトル1本分程度。外出先でも使いたい人にもちょうどいい重さです。

「KX800M」と「KX800」の違いはMacに特化しているかどうか

KX800 MX KEYS」に類似した「KX800M MX KEYS for Mac」という商品も発売されています。

KX800とKX800Mの違い

  • US配列キーボード
  • Macっぽいスペースグレー
  • ケーブルがUSB-C to USB-C
  • 互換性はMac,iOSのみ

家でMacやiOSしか利用しないのであれば、こちらの方がMacに合わせて作られているので、作業環境の統一感は増すでしょう。

ただし、US配列となっているため、JIS配列が必要な場合はKX800Mをおすすめします。

ロジクール「KX800 MX KEYS」まとめ

今回は「KX800 MX KEYS」をレビューしました。

メリット
デメリット
  • WindowsとMacで使える
  • キーボードの切り替えが瞬時にできる
  • Macに負けない高級感
  • しっとりとした打鍵感
  • キー配列に慣れが必要
  • 持ち運びには不向き
  • バックライトをつけると電池持ちが悪い

大きなデメリットはないですが、人によっては気になるかという点

KX800 MX KEYS」の大きな特徴は

  • WindowsとMacの間で
  • 瞬時にキーボードが切り替えられる

ことです。

切替はめちゃくちゃ便利なので、これが目的なら後悔することはないでしょう。

正直、価格は高いです。ただ毎日使うものなのでそれなりに良いものを使った方がストレスなく満足することができます。

また、2年保証となっているので故障した場合は交換してもらうことも可能ですし、そもそもPC周辺機器としてはピンからキリまで質の良いロジクール製品。

あおい

それなら安心して購入できますね。

KX800 MX KEYS」は、高級感、打鍵感、安心感の全てを兼ね備えたキーボードです。

最後までお読みいただきありがとうございます。あおい(@tolkoba)でした。

6/21(火)〜7/21(火)

【超得】Amazonギフト券チャージで最大5%

10万円で最大5,000円戻ってくる

Amazonで買い物するならAmazonギフト券で事前にチャージしておくのがおすすめ。

現金でチャージしてAmazonPay(ギフト券残高)支払いで最大2.5%5%ポイントが還元されます。

あおい

コンビニなどで現金チャージで最大3%

あおい

ギフト残高支払いでさらに2%追加還元!

あおい

クレジットカードからチャージしても2.5%還元されます!

この記事を書いた人

あおい

平均5万PVの「カラクリンカム」運営
テレワークやアウトドアギアをキーワードにデスク周りのガジェットや生活用品を厳選してレビューしています。

WebメディアPickeysの監修も担当

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ