【レビュー】TP-Link Archer AX55 | 上位モデルにも引けを取らないWi-Fi6対応ルーター

こんにちは、あおい(@tolkoba)です。

TP-LinkからWi-Fi 6に対応した次世代ルーターに新作「Archer AX55」が登場。

提供いただけることになったので、早速試してみました。

Wi-Fi6に対応し、5GHz帯の最大速度は2402Mbps

同価格帯の「Archer AX50」と比較するとセキュリティレベルの強化や中継機とのネットワークをシームレスに繋ぐOneMeshにも対応。

あおい

ミドルレンジのルーターが上位モデル(AX73)に近づいた機器になっています。

大きな速度向上やセキュリティレベルが見込めるルーターです。

こんな人におすすめ

  • Wi-Fi6の速さを体験したい人
  • 1万円ぐらいでルーターを探している
  • セキュリティを高めたい人

それでは「TP-Link Archer AX55」の機能・外観・速度テストについてレビューしていきます。

本記事はメーカー様より製品をご提供いただき作成しています。

TP-Link Archer AX55 | 機能

Wi-Fi6に対応

TP-Link Archer AX55」はWi-Fi6に対応しているルーター。

Wi-Fi6の特徴

  • 最大通信速度が速い
  • 同時接続で遅延しにくい
  • 省エネルギー

最大通信速度が11acの第5世代では6.9Gbpsが最大だったのに対してWi-Fi6では9.6Gbps1.4倍高速に。

昨今、4K動画やオンラインゲーム高画質化によって、想像以上に大きなデータをやり取りしています。

部屋のWi-Fi環境に不満を持ち、遅延やラグに悩まされていた人は大きく改善が見込まれます。

また、同時接続した場合の速度低下にも強いのもWi-Fi6の特徴。

今や家族全員スマホを持ち、自由に動画を見たりゲームをしたりする時代。

今までは複数人が同時に使うと遅延が発生したりしていたのですが、Wi-Fi6のもつ「OFDMAテクノロジー」によって複数台が同時接続したことで発生する待ちを回避できるようになりました。

そのため、ゲーム機やスマホ、パソコンなど接続する端末が多い人にとっては最強です。

また、通信するタイミングをコントロールする機能があるので省エネでバッテリーにも優しいという特徴を持っています。

あおい

とにかくスピードがより出やすくなったという理解でOK。

ただし、その性能を発揮させるためには繋げる機器がWiFi6には対応している必要はあります。

主なWi-Fi6対応機器

  • iPhone11以降(SE2含む)
  • Galaxy Z Flip
  • Xperia 5 Ⅱ
  • iPadPro11(第2世代)
  • M1 MacBook
あおい

下位互換があるので、未対応機器でもWi-Fi6ルーターを使うことができますよ。

Wi-Fi6は、2年前ぐらいから徐々に対応機種が出ているので、これから一気に普及していくことが見込まれます。

IPoE対応

TP-Link Archer AX55」はIPoEに対応しています。

IPoEとは
IPv6を利用した接続方式で、最大速度は10Gbps。従来のPPPoEの1Gbpsに比べて速度向上が見込める。

1車線しかなかったPPPoEという方式から、IPoEは2車線に変わって目的地までより速く着くことができるようになったということ。

今なおよく使われているPPPoEと呼ばれる接続方式は、ユーザーが増えすぎると通信速度が遅くなってしまうという問題があります。

あおい

近所の人がたくさん使うと自分が使える量が減ってしまうんです。。

そこで登場したIPoEは、ユーザーが多くなっても通信速度の低下が発生しにくい技術。

そしてその道路はまだあまり利用者が少ないのでとても速く使えるのです。

あおい

早い者勝ちってことですよ!

ただし、ルータだけ揃えても契約しているプロバイダがIPoEに対応していないと使うことができません。

IPoEに対応する主なプロバイダ

あおい

自分のプロバイダが対応しているのか確認してみましょう

メッシュWi-Fiで中継機とシームレスに繋がる

TP-Link Archer AX55」はメッシュWi-Fi対応。

部屋の隅々までWi-Fiが行き渡らず、トイレやお風呂場などの電波が悪いという人も多いはず。

そんな時はTP-Linkの中継機を利用して電波を拡張しましょう。そこで活躍するのがメッシュWi-Fi。

中継機を使った人は知っているかと思いますが、中継機と本体のルーターはそれぞれ固有のSSIDを持っています。

出典:TP-Link公式
あおい

ネットワークが2つに分かれているので、場所に応じて繋ぎ直す必要があります。

利用場所での最適な接続ポイントを探してくれるものの、接続の切れ目に移動してしまうと一時的に電波が悪くなる可能性があります。

しかし、メッシュWi-Fiではルーターと中継機が1つのSSIDで動作するようになっているため、ルーターから離れた場所に移動したときに接続するSSIDを変更する必要がなく、シームレスに使えるのが大きな魅力です。

出典:TP-Link公式

メッシュWi-Fiに対応したTP-Linkの中継機が必要です。

TP-Link Archer AX55 | 外観

続いては「TP-Link Archer AX55」の外観を紹介します。

梱包一覧

梱包一覧はこちら。

  • 本体
  • ACアダプタ
  • LANケーブル
  • かんたん設定ガイド
  • Wi-Fi情報カード
  • カスタマーサポート連絡先窓口カード

電波を飛ばすためのアンテナは4本

アンテナは可動するので、飛ばしたい方向に向けることで電波の調整が可能。

ACアダプターは縦長タイプ。

コンセントの向きは横なので他の機器と干渉するかどうかもチェックしておきましょう。

あおい

TP-Linkのルータはこの形状ばかりですが、ちょっと混乱しますね。

あおい

2個口コンセントに挿すなら干渉しにくく使いやすい形状です。

サイズ

TP-Link Archer AX55」見た目とサイズ感。

サイズは約26.1 × 13.4 × 4.1 cm

あおい

下位モデルの「Archer AX20」とほぼ同じサイズです。

アンテナを垂直に伸ばした高さは約15.6cmでした。

上位モデルの「AX73」と比べても一回り小さいですが、横置きだとそれなりにスペースが必要です。

別売りのスタンドを購入することで立て置きにすることもできます。

AX73」のボディはメッシュタイプですが、「TP-Link Archer AX55」は違います。

あおい

メッシュは良いのですが、ホコリが溜まってしまうのが難点。

データが大容量になればなるほど、熱を帯びてくるのでメッシュであることは有効です。

ただし、ホコリの溜まりやすい場所に置きがちなルーターなので、置き場所によっては「TP-Link Archer AX55」にも十分メリットはあります。

インターフェース

本体背面には各種インターフェースがまとめられています。

  • WPS接続ボタン
  • Resetボタン
  • USB3.0ポート
  • WANポート(1Gbps)
  • LANポートx4
  • 電源ボタン
  • 電源コード差し込み口

下位モデルの「AX20」はUSB2.0ですが、TP-Link Archer AX55」はUSB3.0。

あおい

ハードディスクを繋げてNAS化する人には良いですね。

ネットワークでディスクを管理する人には嬉しいところ。

背面は引っ掛けるための場所もあるので、壁面にかけることも可能です。

TP-Link ArcherAX55 | スピードテスト

TP-Link Archer AX55」でスピードテストを行いました。

スピードテスト環境

テスト環境はこちら。

インターネットスピードは速いです。
家のネットワーク環境
  • NURO光1G
  • 3LDK戸建て
  • 地方在住
  • IPoE対応機器
電波の届きにくい場所と届きやすい場所を選びました。
計測場所
  • 1F 玄関(電波×)
  • 2F 寝室(電波◯)

ルーターは2Fの寝室にあり、電波状況の良い場所と悪い場所で計測しました。

Wi-Fi6非対応機器を含めました
テストに使用したデバイス

Wi-Fi6に非対応の機種も計測し、スピードにどのような違いが出るのか確認します。

同じ計測サイトで比較しました
計測サイト

今回は、「TP-Link Archer AX55」の上位モデルである「TP-Link Archer AX20」と「TP-Link Archer AX73」で、速度差を確認しました。

上位モデルと下位モデルとの差を確認します
計測機器

結果の確認方法

  • 各場所で2回ずつ計測する

Wi-Fi6対応機器の速度比較

まずはWi-Fi6に対応したiPhone12で計測。

電波の良い部屋

iPhone12DL
1回目
DL
2回目
UP
1回目
UP
2回目
AX73442MB508MB509MB613MB
AX55339MB485MB586MB523MB
AX20330MB484MB509MB392MB

電波の悪い部屋

iPhone12DL
1回目
DL
2回目
UP
1回目
UP
2回目
AX7393.7MB149MB35.7MB63.2MB
AX55104MB99.7MB60.1MB64.8MB
AX2088.8MB77MB46.5MB34.9MB

電波の良い場所と悪い場所で測ったところ、確かに中間モデルというのも納得。

最高のパフォーマンスは出ませんでしたが、電波の悪い場所では上位モデルと比べてもあまり変わりませんでした。

インターネットや動画を見る程度であれば、十分な役割を果たせそうです。

ルーターと同じ部屋で計測したところ、3機種とも十分な速度を叩き出しました。

電波の良い状況下ではそれほど劇的な違いは見られません

あおい

ワンルームならAX20でも十分なスピードが出ます。

それでもアンテナを6本備えるIPoE対応の「AX73」が一番スピードは出た結果に。

電波の悪い部屋でも3機種とも善戦。

AX20のレビュー時の計測では大きく差が開いていましたが、今回はそこそこのスピードを出してくれました。

テスト結果
  • ワンルームならAX20で十分
  • 1戸建てならAX55の方が有利
  • 隅々までに繋げたいならAX73が強い

ちなみに電波の強度という意味ではゲーミングルーターでアンテナが8本ある「TP-Link Archer GX90」が圧倒的に良かったです。

TP-Link ArcherAX55 | AX50の違い

TP-Link Archer AX55」と前モデルの「TP-Link Archer AX50」も比較しました。

AX55AX50
CPUデュアルコアCPUデュアルコアCPU
Wi-Fi65GHz+2.4GHz5GHz+2.4GHz
アンテナ数44
最大速度(2.4GHz)574Mbps574Mbps
最大速度(5GHz)2402Mbps2402Mbps
ストリーム数44
Wi-Fi暗号化WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
WEP
WPA
WPA2
WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
USBUSB3.0USB3.0
OneMesh

大きな違いはWPA3のようなセキュリティ向上とOneMesh対応。

スピードに違いは見られませんので買い直す必要はありませんが、より高価格帯のルータに近づいています。

TP-Link Archer AX55 | まとめ

TP-Link Archer AX55」は、Wi-Fi6に対応したミドルクラスのルーター。

上位モデルに当たる「TP-Link Archer AX73」よりも最高速度や電波の範囲は少し劣りますが、主要な部屋で使う分には十分な速度を出せるルーターです。

特にここ2年ぐらいの最新機器はWi-Fi6に対応している可能性が高く、その恩恵はかなりのもの。

Wi-Fi6未対応機器でも電波範囲に不満があるなら要チェックの製品です。

こんな人におすすめ

  • Wi-Fi6を使ってみたい人
  • 今のルーターが古くて速度に不満がある
  • 1万円以内のルーターを探している
あおい

ルータに1万円以上は高いと思う人におすすめの機種です。

最後までお読みいただきありがとうございます。あおい(@tolkoba)でした。

Amazonでお得にお買い物

Amazonで買い物するならAmazonギフト券で事前にチャージしておくのがおすすめ。

現金でチャージすると最大2.5%のポイントが還元されます。

あおい

常に2.5%値引で商品を購入できるということです

チャージ金額にプラスしてプライム会員になるとさらにお得!

あおい

10万円チャージで2,500円分もらえます!

  • プライム会員は0.5%アップ
最大2.5%のポイントキャンペーン!

この記事を書いた人

あおい

平均5万PVの「カラクリンカム」運営
テレワークやアウトドアギアをキーワードにデスク周りのガジェットや生活用品を厳選してレビューしています。アウトドアギアは家でも外でも使えるものを組み合わせてテレワークで併用。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ