スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sレビュー 鋳造ペグのソリステにも対応するキャンプ必需品

こんにちは、あおい(@tolkoba)です。

子どもができてからキャンプにはまり、道具もいろいろと揃えました。

今回紹介したいのは、ペグハンマー。

ペグハンマーは、タープやテントを地面にしっかりと固定する重要なギアの1つです。

固い地面でもペグを固定できるだけでなく、最小の力で最大のパワーを発揮できるのが良いペグハンマーなんです。

基本的にテントを買ったときに一緒についてくるペグハンマーは使えません。

プラスチック製がほとんどなので、地面が柔らかい場所でしか使えません。

柔らかい土の上であればいいのですが、固い土の上だと頑丈なペグでないとささりません。

あおい

スノーピークのペグハンマーなら軽い力でペグを打ち付けられます。

そこでおすすめなのが「スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.S」。

頑丈でソリステなどの固いペグでもぐいぐい差し込むことができてしまいます!

そういうわけで当記事では「スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sは、ソリステにも対応する高級ハンマー」について書いていきます。

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sの基本情報

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sの外観

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sの外観

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.S」 は、その高級感のある外観も人気の1つです。

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sの外観

ハンマーのヘッド部分は鋳造で仕上げられているため、少ない力でペグを固定することができるんです。

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sの外観

重さのほとんどを、この鋳造部分が占めています。

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sの外観

ヘッド部の後ろは、ペグを抜くための形になっています。

細いペグを抜くなら円形の部分にペグを差し込み

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sの鋳造ペグの抜き方

ソリッドステークを抜く場合は、フック部分に引っ掛けて抜くことができます。

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.S大きさと重さ

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sのサイズ

大きさは「φ35×120×290mm」

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sのサイズ
スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sの重さ

重さは653gです。

あおい

持ってみると分かりますが、ずっしりと重さを感じます。

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sの外観

丈夫に作られているため、その分重いです。

ソリッドステークのような頑丈なペグを打ち付けるには必要な丈夫さでもあります。

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sの柄

柄の部分はかしの木で作られていて、見た目も美しい。

あおい

さすが、スノーピーク製品ですね。

機能だけでいえば、もっと安いペグハンマーでも問題ありません。

ペグハンマーは、キャンプに必ず持っていくギアです。

数千円の価格差なら見た目も良く品質も安心なギアを持ちたいですよね。

柄の部分にはすっぽ抜け防止のロゴ入りベルトもついています。

あおい

かなり重たいので固い地面をたたくときは、ベルトに手を入れて作業しましょう。

コスパの良い鋳造ペグ エリッゼステーク

スノーピークで合わせるなら、やはりソリッドステーク。

ただし、6本で3,000円を超えるため、1本500円超の高価なペグと言えるでしょう。

あおい

た、高い。。

そこでおすすめなのが、エリッゼステーク

8本セットで1本300円台で購入することが可能です。

あおい

私はこちらを購入しました。

エリッゼ(ELLISSE) 鍛造ペグ エリッゼステーク28cm

見た目はソリッドステークとほとんど変わりません。

エリッゼ(ELLISSE) 鍛造ペグ エリッゼステークの先端

先端は尖ってはいませんが、子どもがいるときは取扱いには注意しましょう。

エリッゼ(ELLISSE) 鍛造ペグ エリッゼステークのサイズ

長さは28cm。

エリッゼ(ELLISSE) 鍛造ペグ エリッゼステークのサイズ

18cmも発売されていますが、テントの大きさにもよりますが、その長さでもじゅうぶん固定可能です。

エリッゼ(ELLISSE) 鍛造ペグ エリッゼステークの重さ

1本181g。

あおい

10本で2kg近くあります。。

テントにはペグが10本以上が必要なことが多いですが、鋳造ペグは重くて高いのでスチール製のペグと併用するのが良いでしょう。

あおい

地面が柔らかければ、このペグでもじゅうぶんですよ。

ペグって案外なくしてしまったりするんですよね。

あおい

黒とかシルバーって芝生の上だと目立たないんですよ。

エリッゼは多色展開しているので、紛失防止するなら明るい色を選ぶのもアリです。

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sレビューまとめ

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.Sとエリッゼ(ELLISSE) 鍛造ペグ エリッゼステーク

ハンマーは、テントやタープを設営するためにとても重要なギアです。

しかし、スノーピークでなくても安価な製品はたくさんあります。

しかし、高いといってもせいぜい2千円です。

  • 安心できる品質
  • 見た目の美しいデザイン

が手に入るのであれば安い出費ではないでしょうか。

一度購入すれば一生モノですので、ここにはある程度お金をかけておいても良いのではないかと感じます。

あおい

2,000円程度の違いですからね。

auスマートパスプレミアムならauPayで20%キャッシュバック!

auスマートパスプレミアム会員なら月額499円でお得なサービスたくさん!
今なら三太郎の日はauPayのキャッシュバックも20%!
無料で30日使えますのでこの機会に利用しないと損ですよ!

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:システム会社のマネジメント&SE業務
家族:妻と子2人
30代が考えるお金とテクノロジーについて発信していきます。
映画は趣味です。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ