スノーピークシェラカップ 憧れのブランドが安価に手に入るお得な一品

キャンパー憧れのブランドでもあるスノーピーク。

スノーピークのシェラカップ」を購入しました。

スノーピークのシェラカップ裏面

シェラカップとは、

  • 飲み物にも
  • 調理器具にも
  • ご飯用にも

使えるマルチなキャンプギアです。

あおい

キャンプに1つはあると便利な一品ですよ。

直火もOKなので、そのまま火に投入することも可能なんです!

当記事では「スノーピークシェラカップ 憧れのブランドが安価に手に入るお得な一品」について書いていきます。

スノーピークのシェラカップ 種類

スノーピークのシェラカップのサイズ

スノーピークのシェラカップ」はチタン製とステンレス製の2つがあります。

チタンステンレス
サイズ直径122×45mm直径122×45mm
重さ37g100g
容量310ml310ml
素材チタンステンレス

ステンレスとチタンを比較するとこんな感じ。

ステンレスがチタンより優れている点

・安価

・焦げにくい

・冷えにくい

ステンレスがチタンに劣る点

・重さ

・強度

・錆びにくい

・温まりやすい

重さが3倍も違うので、一度チタンを持ってしまうとステンレスには戻れないという意見もちらほら。

あおい

チタンのもつ高級感も物欲をそそります。

でもお値段も1,000円以上高くなるので私はステンレスを購入しました。

スノーピークのシェラカップ サイズ

スノーピークのシェラカップ」のサイズは、122 x 45mm。

スノーピークのシェラカップのサイズ
スノーピークのシェラカップのサイズ高さ
あおい

310mlなので、飲み物やスープにはちょうどいいサイズです。

調理器具や丼としても使うことができますが、少し小さいという方には大容量のシェラカップもあります。

スノーピークではないですが、容量に不満がある場合はこちらを選択するのもOK。

スノーピークのシェラカップ 重さ

スノーピークのシェラカップ」の重さは100gと表記されています。

スノーピークのシェラカップの重さ
あおい

計ってみると107gありました。

チタン製は37gととても軽いです。

スノーピークのシェラカップは取っ手が持ちやすい

スノーピークのシェラカップ」は、取っ手もかなり持ちやすいです。

スノーピークのシェラカップの取っ手
あおい

スノーピークのこだわりです。

引っ掛けておくこともできます。

スノーピークのシェラカップの取っ手は吊り下げ可能

ただ、飲み物はいいですが食べ物用としては使いにくいという不評もありました。

スノーピークのシェラカップは目盛りが便利

スノーピークのシェラカップ」は、目盛りがついているので、調理をするときの軽量カップとしても使うことができます。

スノーピークのシェラカップの目盛り
あおい

最大で310ml入ります。

ちょっとスープを飲むときでも、コーヒーだとしても目盛りがついていると想像以上に便利ですよ。

スノーピークのシェラカップはマルチで使える

スノーピークのシェラカップ」は、色々な用途に使えるのが特徴です。

  • 飲み物のコップ(冷熱)
  • 調理器具
  • ご飯の皿

など、たった100g程度の器で何役もこなすことができます。

スノーピークのシェラカップは直火OK
あおい

キャンプの荷物はできるだけ減らした方が楽ですからね。

スタッキングもできるので、複数購入しておくのもありですね。

お酒にも、スープにも、熱いものも冷えているものもなんにでも合わせられます。

スノーピークのシェラカップは直火OK

スノーピークのシェラカップ」は、冷たいものも熱いものにも使えるのはもちろんなのですが、直火もOKなんです。

スノーピークのシェラカップは直火OK

だからそのまま火にかけてお湯を沸かすこともできますし、鍋やフライパン代わりにも使うことができます。

注意

電子レンジは不可です

直火にかけると変色します。

スノーピークのシェラカップの変色
あおい

使いこむほど出てくる味として楽しみましょう

スノーピークのシェラカップ まとめ

シェラカップは色々なメーカーから販売されていますが、「スノーピークのシェラカップ」は、他の製品に比べると比較的安価に購入することができます。

スノーピークデザインのキャンプギアは、所有しているだけで満足度の高いデザインでもあります。

あおい

長く使いたいなら好きなデザインで選ぶのも重要ですよ。

どうも、あおい(@tolkoba)でした。

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:某企業のIT部門
ガジェットやキャンプに関する記事を書いています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ