TOEICで700点をとるためのリスニング、リーディング試験対策

こんにちは、あおい(@tolkoba)です。

TOEICの試験で400点台から700点代までなら3ヵ月で可能という記事を書きました。

やり方は単純です。

  • 公式問題集を使って
  • 毎日30分勉強する

これだけです。

私は2019年6月から勉強をはじめましたが、

  • 3ヵ月間
  • 60時間程度の勉強時間で
  • 495→720点まで

スコアを上げることができました。

ただし、事前にTOEICの特徴を覚えておく必要があります。

特徴を覚えてもTOEICの試験には強くなるだけで、英語力がついたわけではないと思う方もいるでしょうが、どんな勉強に対しても

  • 目的となる先の情報を知った上で戦略を立てる

のはとても重要なことです。

点数はモチベーションのアップの重要な要素でもあります。

知っておくだけで点数に大きく違いが出ますので、ぜひ知っておいてください。

当記事では、TOEICのリーディングとリスニング対策について書いていきます。

TOEIC リスニング対策

TOEIC PART1は、目立たないところも出題される

TOEIC PART1は、絵の内容と合っている説明回答する設問です。

他と比べてもそれほど難しくはない部類でしょうが、単語を知らないと分からない部分もあるため「公式問題集」を使って勉強しましょう。

多くの問題は、どこかの場所で誰かが何かをしている写真あら、その人が何をしているという問題が多いです。

注意するべきは風景画像の場合です。

真ん中の目立つ部分が正解となるとは限りません。

例えばこの写真。

出典:TOEIC Part5 公式問題集

正解はラックの本棚(Reading material is displayed on a rack)です。

目立たない部分が回答になるということを覚えておきましょう。

  • TOEIC1の風景写真は目立たない部分が回答になることも

TOEIC PART2は問題文の頭を必ず聞き取る

まだリスニング力の低いうちは、短い文であっても聞こえないのがPART2です。

非常に短い会話なので、シチュエーションがあまり理解できず、聞き取れないと本当に分からなくなってしまいがちです。

あおい

私も試験では聞き取れないことが多いです。

そこで、焦らないためにまず必要なのは、

  • 5W1Hを聞き取ること

です。

必ずしも5W1Hで始まるわけではないですが、聞き取れれば後の回答がかんたんなことが多い問題でもあります。

問題の最初の言葉が

  • What
  • Who
  • When
  • Where
  • Which
  • How

から始まることさえ聞き取れれば、選択肢も必ず絞られます。

Whenと言ったのに場所に対する選択肢は的外れですよね。

この基本を押さえるだけで

  • 会話が何を言っているのか分からなくても

回答は分かります。

あおい

少なくとも600点から700点まではこれぐらいのリスニング力でも大丈夫だという感覚です。

TOEIC PART3,4は、問題を先読みする

TOEICに何回も受験している方はもちろん知っているでしょうが、必ず問題文は先読みしてください。

TOEICの多くの会話では、

  • 回答の単語をそのまま話します

例えば職種や働いている部署、言い方を変えずにそのまま単語を話します。

もちろん、ひっかけだったり言い方を変える問題もありますが、

  • 先読みしておくことで会話が分からなくても答えが分かる

ことはたくさんあります。

先読みは

  • PART3のディレクション中に、次の問題と選択肢を読み
  • 会話が流れている最中に回答をマークし
  • 設問が読まれている間に次の設問と選択肢を先読み

を繰り返し行います。

この方法はPART4も同様です

先読みは、PART1やPART2のディレクションから見ても良いですが、混乱する可能性があるので、私はPART3からをおすすめします。

会話が流れている最中にすべてマークするのも難しいです。

しかし、遅くても設問の2問目が流れる前に見切りをつけて次の設問を先読みしましょう。

あおい

リズムを崩すと後の問題にどんどん影響が出てしまいます。

TOEIC リーディング対策

TOEIC PART5,6は、よく出る文法は覚えておく

TOEIC PART5は、大きく語彙問題と文法問題に分かれます。

語彙問題は、単語の意味を知らないと解けませんので、これには勉強あるのみです。

しかし、文法問題はルールを理解しておけば会話の意味が分からなくても解けることを知っておきましょう。

例えば

  • 副詞は「~ly」とつく
  • 動詞や形容詞を修飾する

と覚えておいてください。

こういう基本を知っているだけでとれる問題がたくさんありますし、文法問題はすべての文章を読む必要がなく時間短縮にもつながります。

特にPART6は長文です。

全て読むと時間がないため、文法問題の付近はその前後の単語で判断するようにしましょう。

TOEIC PART7は見出しと設問を読む

TOEIC PART7は長文問題です。

すべての文章を理解しようとすると時間が足りません。

まずは、ポイントをおさえて効率よく回答しましょう。

  • 見出しの文章を読んで何の文章か把握する
  • 問題文を見て、回答が書かれていそうな場所を読む

PART7は文章を全部読まずに回答を見つける必要があるため、どうしても慣れが必要です。

しかし、見出しと設問を見れば回答を見つけやすいので、まずはここから始めるようにしましょう。

また文章は100%理解していなくても回答は分かります。

翻訳するわけではないので、なんとなくのニュアンスを把握する程度の理解でも構いません。

TOEIC のリーディングはすべての問題を解く時間はないと知る

TOEICのリーディングテストを700点以下の人が最後の問題まで解くことはほぼ無理でしょう

  • 10~20問

は時間が足りずに解けません。

マークする選択肢を事前に決めておいて、今の自分の問題に集中しましょう。

TOEICリスニング・リーディング対策まとめ

TOEICのリスニングは

  • PART1は絵にまどわされず
  • PART2では5W1Hを聞き取ることに集中し
  • PART3,4は問題文を先読み

が重要だと理解しておきましょう。

TOEICのリーディングは

  • PART5,6はよく出る文法を覚えて
  • PART6,7は冒頭文を見たら問題文を見て
  • 回答の文章を探す

ようにしましょう。

TOEIC700点までは基本を繰り返し継続的に勉強すれば、それほど難しくはない目標です。

どうも、あおい(@tolkoba)でした。

JCB 20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

JCBカードをApplePayまたはGoolePayに登録して
スマホ決済をするだけで
JCBカード1枚につき最大1万円までキャッシュバックされます!

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:システム会社のマネジメント&SE業務
家族:妻と子2人
30代が考えるお金とテクノロジーについて発信していきます。
映画は趣味です。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ