Surface Pro6 新色ブラック レビュー タブレットとは思えない2in1PC

ほんの数年前までは、洗練されたデザインのパソコンといえばMacのみでした。

Windowsは、どのメーカーも実用的重視、もしくは流行りのデザインのパソコンしかありませんでした。

あおい

しかし、Surfaceは違います

シンプルで美しいデザインは、Macを上回る出来栄えといっても過言ではありません。

会社で普段Windowsを利用している人にこそおすすめしたい製品。

それがSurfaceです。

今回、Surface Pro6を借り受けする機会がありましたので、レビューいたします。

Surface laptop2と同等の機能をもつところは被りますが、タブレットをよく使う方はSurfacePro6の方がおすすめです。

Surface Pro6要点まとめ

良い点
・軽量なので(約770g)持ち運びやすい
・美麗で広いディスプレイ
・長時間バッテリー
・顔認証(WindowsHello搭載)
・心地よい入力のキーボード

いまいちな点
・不安定な場所では使いづらい
・Surface laptop2より高級感は薄い

Surface Pro6 基本スペック

CPUIntel Core i5-8250U / Core i7-8550U
メモリー 8GB / 16GB
SSD128GB / 256GB / 512GB / 1TB
ディスプレイ 12.3インチ
解像度 2736 x 1824
重量 ※ 770g / 784g
バッテリー 13.5時間

※キーボード(245g)含まず

外観

新Surface Pro 6は新色のブラックとプラチナがあります。

インターフェース

あおい

インターフェースは、Surfacelaptop2と変わりませんでした。

残念なのは、USB-Cがなく、専用の充電ケーブルが必要な点。

SurfaceGOではUSB-Cが可能です。

ビジネス用途に使えるMiniディスプレイが備わっているのも特徴的。

SurfaceDockをつければインターフェースの追加もできます。

液晶ディスプレイ FireHD10との比較

解像度 アスペクト比
SurfacePro6 2736×1824 3:2
iPad 12.9 2732×2048 4:3
FireHD10 1920×1200 16:9

SurfacePro6、iPadはフルHD以上のきれいさです。

FireHDのアスペクト比16:4に対してSurfaceは4:3なのでかなり大きく見えます。

また、ベゼル幅は全然違いますね。

画質は、4K動画を見ましたが、それほど違いは見られませんでした。

キーボード

キーボードも2種類あって、素材がアルカンターラのものとそうでないものがあります。

写真は、アルカンターラではないタイプです。

Surface Pro Signature タイプ カバー (コバルト ブルー)のアルカンターラ素材が高級感と手触り感をぐんとあげてくれるのでおすすめです。

キーピッチは19mm、キーストロークは1.3mmと標準的なパソコンと同サイズのため打ちやすいです。

打鍵感も抜群の気持ち良さ。パソコンとしての作業もはかどります。

CPU

SurfaceProはCorei5とCorei7の2タイプがあります。

いずれも第8世代Coreシリーズのため、速いです。

Surfacelaptop2と同等のCPUが含まれています。

Surface Pro6とタブレットペンとの相性はダントツ

Surface laptop2では、タブレットモードにできるものの、水平になりませんが、こちらはタブレットなので当然できます。

ペンを使うような作業をしない素人でも、簡単に文字や絵を描くことができうようになっています。

あおい

メモやノート代わりに使うのも結構便利ですよ

Surface Pro6は、タブレットのみで自由に自立ができる

Surfaceの魅力的なところは、タブレット単体で自立ができるところです。

しかも、自分の好きな立てかたに調整ができます。

動画を見たいときはデスクトップのように立ててもいいですし、絵を描きたいときは寝かせても良いです。

かなり微調整が効くので最適な角度をそれぞれで決めることができます。

Surface Pro6は、あえて純正キーボードを使わない選択もアリ

Surfaceを購入しようとしてネックだなと思うのが、オプション品が高価なこと。

これで購入を躊躇してしまう人もいると思うのですが、先に言った通りSurfaceって自立するんですよね。

iPadだとキーボードをつけることで立たせることが可能なわけですが、Surfaceはそれ単体で自立できるんです。

となると、キーボードをくっつけるメリットって、持ち運びが便利になるぐらいじゃないですか?

あおい

それなら、買わない選択肢もアリかなと思います

しかし、Surfaceのデザインの良さを損ないたくないですよね。そういう方にはこちらのキーボードがおすすめ。

Surfaceの純正キーボード。そこそこのお値段しますが、SurfacePro6のキーボードよりは安い。

実際に利用していますが、打鍵感はノートパソコンに近いです。

安くしたいならAnkerのシンプルなキーボードならコンパクトで持ち運びやすいので良いんじゃないかと。

Surface Pro6にも顔認証 WindowsHelloが搭載

借り受けしたパソコンなので試すことはできませんでしたが、顔認証でログインできます。

YOGA720にも指紋認証はついていて、じゅうぶん便利なのですが、顔認証の方がさらに1手間減らすこができます。

あおい

開いてすぐ使えるのはやっぱり便利ですよね。

Surface Pro6のイマイチな点

自立するが水平な場所のみ

膝の上など、あまり自立しない場所では使いにくいですね。

電車移動中やソファの上などで利用する場合はマイナスになります。

充電ケーブルはUSB不可

SurfacePro6はUSB給電ができません。どちらかというとパソコンよりのためでしょう。

しかし、タブレット側から見るとUSB給電は当たり前なのでここはマイナス。

しかし、その分充電時間は10時間以上持つのでメインが屋内での使用であれば必要十分であるともいえます。

Surface laptop2を超える価格

SurfacePro6に純正キーボードを合わせると、Surfacelaptop2の価格を超えてしまいます。

タブレットという感覚なので安く感じてしまいそうですが、ディスプレイ側にすべてが入っている分高いわけです。

Surfacelaptop2とSurfacePro6,Macと価格差、性能差を比較しています。

YOGA720は、6~7割程度で購入できます。

CPU Corei5 Corei5 Corei7 Corei7 Corei7
メモリ 8GB 8GB 8GB 16GB 16GB
ストレージ 128GB 256GB 256GB 512GB 1TB
価格 12万9384円 15万984円 19万5264円 24万2784円 29万304円

Surface Pro6のまとめ

Surfae Pro6はこんな人におすすめ
・タブレットとしてもパソコンとしても使いたい
・デザインの気に入ったモノを使いたい
・ペンを使って作業する

価格は高めですが、タブレットという名の高スペックなディスプレイ一体型パソコンです。

タブレットとしてAndroidやiOSでしか利用できないアプリが不要であれば、SurfacePro6を選択に入れると良いです。

JCB 20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

JCBカードをApplePayまたはGoolePayに登録して
スマホ決済をするだけで
JCBカード1枚につき最大1万円までキャッシュバックされます!

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:システム会社のマネジメント&SE業務
家族:妻と子2人
30代が考えるお金とテクノロジーについて発信していきます。
映画は趣味です。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ