Surface GO レビュー タブレットがメインなら必要十分な性能

ほんの数年前までは、洗練されたデザインのパソコンといえばMacのみでした。

Windowsは、どのメーカーも実用的重視、もしくは流行りのデザインのパソコンしかありませんでした。

あおい

しかし、Surfaceは違います

シンプルで美しいデザインは、Macを上回る出来栄えといっても過言ではありません。

会社で普段Windowsを利用している人にこそおすすめしたい製品。

それがSurfaceです。

今回、Surface GOを借り受けする機会がありましたので、レビューいたします。

Surface Pro6の廉価版といったところですが、タブレット機能がメインの方はSurfaceGOがおすすめです。

Surface GO 要点まとめ

良い点
・軽量なので(約522g)持ち運びやすい
・長時間バッテリー
・顔認証(WindowsHello搭載)
・安価でSurfaceデザインが手に入る

いまいちな点
・不安定な場所では使いづらい
・Surface Pro6より高級感は薄い
・キーボードが小さい

SurfaceGO 基本スペック

CPU Intel 4415Y
メモリー 4GB/8GB
ストレージ 64GB/128GB
ディスプレイ 10インチ
解像度 1800×1200
重量 Wi-fi版 522g / LTE 532g
バッテリー 9時間

外観

SurfacePro6と比較すると少しチープですが、統一されたシンプルなSurfaceデザインは唯一Appleに肩を並べるデザイン性です。

他にもデザインの良いWindowsPCはありますが、シンプルかつ美しいにおいて、Surfaceは頭1つ超えています

しかし、Surfaceのライト版ということもあり、ベゼルが太めだったり、新色ブラックがなかったりとコストダウンを図っているのはちょっと残念な点です。

サイズ・重量

サイズは幅245 x 奥行175mm。B5サイズとほぼ同じ大きさです。

A4サイズ(295x210mm)よりもだいぶ小さくなっています。

重量は522gと軽量。タイプカバーをつけても765gです。

あおい

iPadPro10.5は469gでさらに軽いです。

電源は136gありますが、USB-C充電が可能になっているため、持ち運ぶ必要はないのがうれしいところ

厚みは8.3mm。iPadProが5.9mmと考えると若干厚いです。

ディスプレイ

10.1インチ仕様なのでタブレットとしては大きめですが、ノートパソコンとしては小さめのサイズになります。

画素数は1,800 x 1,200と若干低めですが、この大きさなら必要十分です。

そしてアスペクト比が3:2の大きさはやはり見やすい。

FireHD10と比べてみましたが、画質はそれほど変わりません。

写真を撮ったときに色飛びせず、はっきり見れたのがSurfaceGOです。

キーボード

キーストロークは1mm、キーピッチも16.5mm程度と標準的なPCよりも浅くて小さい。

そのため、PC作業のような文字をたくさん入力する場合には向いていません。

打鍵感はSurfacePro6と同じ心地よさがあります。

純正キーボードは高いですが、アルカンターラの質感がこれまた気持ちよさを倍増させてくれます。

ブラックは安い分アルカンターラではないので注意が必要です。

インターフェース

USB-Cとヘッドフォンジャック、SDカードリーダーのみという潔さ。

タブレットとしての側面が強いため、必要最低限のインターフェースのみとなります。

SurfaceGOもSurfaceドックをに対応しているため、拡張することは可能です。

CPU

CPUも必要最低限となります。

タブレットのようにウェブページを利用する分には特に問題ありませんが、動画編集のような作業には向いていないといえます。

SurfaceGOは、タブレットのみで自由に自立ができる

Surfaceの魅力的なところは、タブレット単体で自立ができるところです。

しかも、自分の好きな立てかたに調整ができます。

動画を見たいときはデスクトップのように立ててもいいですし、絵を描きたいときは寝かせても良いです。

かなり微調整が効くので最適な角度をそれぞれで決めることができます。

10インチは片手でも持ちやすい

SurfaceGOにも顔認証搭載 WindowsHello

廉価版のSurfaceGOですが、顔認証でのログインができます。

YOGA720にも指紋認証はついていて、じゅうぶん便利なのですが、顔認証の方がさらに1手間減らすこができます。

あおい

開いてすぐ使えるのはやっぱり便利ですよね。

廉価版でも顔認証はついてくるところがうれしい。

USB-Cで充電できる

SurfaceGOはUSB-Cでの充電が可能なのは大きな利点です。

SurfacePro6では専用の充電ケーブルでしかできませんので、持ち運ぶにも便利。

ここはタブレットに寄せてきていますね。

SurfaceGO まとめ

Surfaceを買うべき人
・Surfaceのデザインが好き
・タブレット用途がメイン
・サブとしてWindowsの機能も使いたい

Surfaceシリーズを紹介しましたが、一通り使ってみて分かったことがあります。

検討するべきは、「タブレット機能をどれだけ使うかどうか」です。

 Surfaceはどれを購入するべきか
・PC作業がほとんどなら、Surfacelaptop2

・タブレットも使うがPC作業も良く利用するならSurfacePro6

・タブレットがメインで補助的にPC作業ができればよいならSurfaceGO

やはり、SurfaceGOは、PC作業にはスペックも向いていないですが、小さくて扱いづらいです。

タブレットメインである分、ペンとの相性は抜群

iPadのようなスマホOSでは不十分だけど、外出先でもWindowsを使えるようにしたい人向けだと思います。

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:某企業のIT部門
ガジェットやキャンプに関する記事を書いています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ