イーサリアムをベースとしたOmiseGOの仕組みや特徴を徹底解説

 

Omise goを7OMG程保有しています。現在の時価総額にして1万円前後。

投資したい魅力的なコインはたくさんあるんですが、資金力が不足しているのでいくつか分散して投資したんですよね。

その1つがomiseGo。

なぜ、買ったか。CEOに日本人がいるから。

もちろん他にも理由はあります。

    • 東南アジアで親会社Omiseで実績がある
    • イーサリアムベース
    • ウォレットの開発キットを提供

というわけで、少し調べてみました。

 

omiseGOとは

タイで企業しているOmiseを母体とした子会社

OmiseGOというのは、そもそも子会社であり、親会社のOmiseは法定通貨の決済ソリューションを提供している企業です。2017年にブロックチェーン市場にも参入し、仮想通貨の決済ソリューションを提供しようとしています。

Omiseはタイでで2013年に設立された企業です。何千もの顧客にオンライン決済ソリューションを提供しています。これらの顧客は、Omiseの決済ソリューションを使用して自社の製品またはサービスを自社のお客さんに販売する企業です。

Omiseは2016年にForbes Thailandにて「Fintech rockstars」として特集され、2017年にタイの首相から「Digital startup of the year」に表彰されました。加えて、2017年にはForbes Japanにて起業家ランキングTop10にも選出されました。

 

イーサリアムベースのソリューション

仮想通貨といえば、ビットコインのイメージが強いですが、ブロックチェーンに少しでも足を踏み入れているのであれば、イーサリアムというブロックチェーンのインフラ基盤に注目が移っていることでしょう。

イーサリアムをベースにすることでスマートコントラクトを利用したアプリケーション開発が可能になります。

もし、1から構築しようとした場合、インフラから作るわけですから時間もお金もかかりますよね。一昔前でいうと、Windowsで動くゲームを作りたいのにWindowsから作り始めるようなものです。

イーサリアム上でアプリケーションを作ればブロックチェーンの仕組みを利用できるため、アプリケーションの開発に注力できるわけです。

OmiseGOの場合は、決済ソリューションがそれにあたります。

そういうわけでイーサリアムは、仮想通貨界のプラットフォーマーになり得る存在なわけです。

 

アジアの通過決済市場を取り込む

アジアではいまだ多くの人が銀行口座を保有しておらず、決済手段が日本と比べるとかなり遅れています。

しかし、インターネット自体は大きく普及しているそうです。

そのため、インターネット上で扱える仮想通貨を決済手段として安全かつ安価に利用することが可能であれば爆発的普及が見込まれる可能性があります。

中国などで見られるWechatpayなどの決済が普及したのと似ています。

日本では、現物紙幣の信用性が高く、かつクレジットカードがすでに普及しているため、なかなか浸透しませんが、偽札などが横行していたりする中国では一気に普及が進みました。

それと同様に安価で安全に通貨が取り扱えるようになるのであれば、加速度的に普及することが見込まれます。

その決済手段をOmiseGOは提供しようとしています。

 

omiseGOがやろうとしていること

DEX(分散型取引所)機能

DEXによる分散型交換機能を提供するため、個人間のやり取りが必要です。

具体的には支払先に振り込みを行う場合、今では銀行に一度振り込んだものを請求先が銀行を介して受け取るという中央集権型の構造だったのに対して、分散型取引を利用することで直接やり取りすることができます。

お金を中央に集めるというのはセキュリティ上のリスクがどうしても高くなりますが、この機能を利用すればそのリスクを下げることができます。

OmiseGOでは、他のどのブロックチェーンで利用している通貨であってもその交換を可能にします。

 

OmiseGOウォレット

日本では、Bitflyerをはじめ各取引所に仮想通貨を置いたままの人はたくさんいると思いますが、いつCoincheckのようなハッキングが起こっても不思議ではありません。

あれは、取引所のウォレットに保管しているので、その大量の資金がハッキングを受けたらひとたまりもありません。Coincheck事件以降自分のウォレットを作りましょうといっているのはそういうことです。

法定通貨でいうと、自分の家にタンス預金しましょうということです。もちろんタンス預金なので自身のパソコンがハッキングを受ける可能性はあります。

そのため、コールドウォレットになれるハードウェアウォレットが出回っているわけです。

法定通貨の場合、銀行の方がタンス預金よりも安全という意識が長い年月をかけて銀行が信頼を得るために努めていたためその信頼性が定着していますが、仮想通貨はまだ始まったばかりなので何が起きるかわかりません。

OmiseGOはそのウォレットを提供しようとしています。

 

ウォレットの開発キットを提供

OmiseGOのウォレットだけでなく、その開発キットの提供も行います。

Appleがアプリの開発キットを提供したことで色々な企業がApple上で動くアプリをAppleのプラットフォーム上で作ったのと同様に、

OmiseGOを利用してより簡単にブロックチェーン上で動くウォレットを各企業が開発することで、

独自のウォレットを提供することができるようになります。

あまりコンピューターの世界に馴染みのない人は伝わりづらいかもしれませんが、なんでも1から作るのはものすごい労力です。

人間は先人が積み上げてきた知識と技術力を応用して今の発展を得ています。毎回火を起こすことから始めていては何も進まないですよね。

大手は独自のウォレットを開発する資金力を持ちますが、中小企業はより安価に開発できるOmiseGOの開発キットを利用することを想定しています。

楽天市場は、多くの中小企業にその市場を提供していますが、Yahooなどの大手企業は市場そのものの構築から行いますよね。そのイメージでとらえれば大体合っているでしょう。

 

OMGトークンを利用して、ブロックチェーンの認証を行う

ブロックチェーンというのは、その取引に合意(コンセンサス)が必要です。その合意をとるための技術として代表的なものに、PoW(Proof of Work)とPoS(Proof of Stake)があります。

Powで代表的なものはビットコインですが、その合意をとるための作業を膨大な計算に置き換えており、その計算を一番早く行った者に対して報酬(ビットコイン)を与える方式です。こちらは膨大な計算を行うため、その電気代も膨大になってしまうことが大きな問題点とされています。

それに対してPoSは、一番そのコインを多く保有するものに対して報酬が振り分けられる仕組みです。こちらは計算を行うわけではないため、電気量を必要としません。

OMGトークンはPoSを採用しています。

 

Plasmaの実装

ビットコインの取引承認単位が10分間隔なのに対してVisaなどの決済は一瞬で完了します。

そのスケーラビリティの問題が仮想通貨にはありますが、その問題を解決しようとしているのがPlasmaという技術です。

現在開発中ですが、一番初めにOmiseGOは実装するようです。

 

OmiseGOのロードマップ

  • 2017年4Q:ウォレットの試作版を提供済
  • 2018年1Q:OmiseGOウォレットの正式版をリリース
  • 2018年2Q:DEXを含むPoSの実装。
  • リリース未定:現金とデジタル通貨の交換機能を実装、Plasmaの実装

 

OmiseGOの購入、保管

OmiseGOはどこで買うことができるのか

  • 国内の取引所で、JPYをBTCまたはETHに変える
  • Binanceに送金
  • BINANCEでTRXを購入

 

OmiseGOの保管方法

OmiseGOが発行するトークンはERC20を採用していますので、MyEtherWalletを利用することができます。

ERC20とは、トークンの規格であり、同じ規格を持つ仮想通貨であれば、同じウォレットに保管することを可能にします。

httpやcssなども企画が決められていますよね。統一した方が利便性が高いのです。

それぞれのウォレットで管理するのは盗難リスクは分散されますが、管理工数は高くなります。

 

さいごに

調べてみるとやっぱりブロックチェーン市場って面白い内容が詰まっています。だからこれだけ加熱しているのでしょう。

それだけ甘い言葉がたくさんあるので危険な通貨もたくさんあるようですが、既に企業として成功しているOmiseが母体になっているのも信頼性が高くなる要因の1つです。

この通貨は随時情報を追いかけていこうと思います。

JCB 20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

JCBカードをApplePayまたはGoolePayに登録して
スマホ決済をするだけで
JCBカード1枚につき最大1万円までキャッシュバックされます!

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:システム会社のマネジメント&SE業務
家族:妻と子2人
30代が考えるお金とテクノロジーについて発信していきます。
映画は趣味です。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ