新型iMacとSurfaceStudio2の性能差、価格差を比較

2019/03/19に新型iMacが発売されました。

2017年モデルとは、大幅に処理能力が向上しましたが、価格は据え置きです。

iMacは21.5インチのエントリーモデルで購入すれば、12万円(税別)から購入することができます。

しかし、わりとピンキリまで構成を選択できるので、スペックの高いモデルを選択するとそこそこのお値段になります。

27インチiMac
CPU 第9世代6コアCorei5
第9世代8コアCore i9 +44,000
メモリ 8GB
16GB +22,000
32GB +66,000
64GB +110,000
グラフィック Radeon Pro580(8GB)
Radeon ProVega(8GB) +49,500
ストレージ 2TB(FusionDrive)
3TB(FusionDrive) +11,000
512GB(SSD) +11,000
1TB(SSD) +55,000
2TB(SSD) +121,000

27インチの上位モデルだと基本構成が\253,800からフルスペックモデルで\578,300と30万円もの価格差があります。

トラックパッド、FinalCutProなどのソフトウェアなしの構成

iMacも上位モデルではSurfaceStudio2の価格と変わらなくなります。

そこで当記事では、iMacとSurfaceStudio2のスペック、価格を比較してみました。

新型iMacとSurfaceStudio2の性能差、価格差を比較

Surfaceは、ラインナップが3種と少ないためSurfaceの構成に近い形で比較しました。

iMacとSurfaceStudio2の基本スペック比較

iMac Surface
CPU 第8世代または第9世代IntelCore 第7世代IntelCore
メモリ DDR4メモリ(最大64GB) DDR4メモリ(最大32GB)
ストレージ FDまたはSSD(最大2TB) SSD(最大2TB)
グラフィック Radeon Pro Vega GTX 1070 8GB GDDR5
解像度 5120×2880 4500×3000
重量 9.42kg 9.56kg

iMacは解像度が5Kあるため、SurfaceStudio2を若干上回っています。

大きく違うのはCPU性能。

iMacは第8世代または第9世代のCoreシリーズを採用しているのに対して、SurfaceStudio2は第7世代。

iMacとSurfaceStudio2の価格差を比較

SurfaceStudio2は、あまり細かいスペック変更ができないので、今回はSurfaceStudio2の構成に合わせて比較しました。

まずはエントリーモデルの比較。

iMac Surface
CPU 第9世代Corei5 第7世代Core i7
メモリ 16GB 16GB
ストレージ 1TB(SSD) 1TB(SSD)
グラフィック Radeon Pro 580 8GB GTX 1060 6GB
価格(税込) 357,264円 480,384円

続いてフルスペックモデルの比較です。

iMac Surface
CPU 第9世代Corei9 第7世代Core i7
メモリ 32GB 32GB
ストレージ 2TB(SSD) 2TB(SSD)
グラフィック Radeon Pro Vega 8GB GTX 1070 8GB
価格(税込) 577,044円 642,384円

なんと、どちらもiMacの方が価格が安い結果となりました。

CPUの性能など、処理能力で考えるとiMacの方がスペックも価格も割安な印象です。

しかし、Surfaceはタッチパネルを採用しています。

28インチの大画面でSurfaceペンを使って絵を描いたりするのであればSurfaceに軍配が上がります。

まとめ

比較してみましたが、どちらを選ぶかははっきりと分かれそうです。

iMacを買うべき人
・Apple、Macが好き
・処理性能が高い方が良い
SuraceStudio2を買うべき人
・Windowsに慣れている
・ペンを使った作業をする人

決してiMacが安いわけではありませんが、ペンを使った作業をしないのであればiMacの方を購入する方がおすすめです。

Windowsの操作に慣れている人や、ペンを利用する人はSurfaceStudio2を選択する形になりそうです。

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:某企業のIT部門
ガジェットやキャンプに関する記事を書いています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ