IBM WATSON Cloud ライト・アカウントに申し込んでみた

Watsonとは?

IBMは、AIを「Artificial Intelligence(人工知能)」ではなく、「Augmented Intelligence (拡張知能)」として人間の知識を拡張し増強するものと定義し、IBM Watsonを中核とするコグニティブ・ソリューションとしてお客様に提供しています。IBM Watson(ワトソン)は、自然言語処理と機械学習を使用して、大量の非構造化データから洞察を明らかにするテクノロジー・プラットフォームです。

IBMの場合、個人ではなく法人・企業向けのサービスが多いためあまり知られていないかもしれないですが、IBMもAIに力を入れています。

今、AIというと画像解析や音声認識などの技術をもつGoogle、Appleなどが有名ですが、IBMもWatsonという名前で開発しています。

これがこの度無料公開となったため、試しに使ってみようと思います。

 

「IBM Cloudライト・アカウント」

今までもフリートライアルはできたようですが、30日間の限定だったようです。

しかしこれはずっと無料。

もちろん制約はありますが、試しに使うには十分のようです。

 

登録方法

IBM Cloudライトアカウントのページ

ライトアカウントを今すぐ登録をクリックします。

アカウント作成を行うため、個人情報を入力します。

ここはパスワード制限が厳しめです。大文字、小文字、数字、特殊文字をすべて使わなければなりません。

人間であることの証明は様々な方法によって試みられていますが、こちらは画像認識を取り入れています。

登録が完了するとメールアドレスが飛ぶので、そこからリンクを承諾して登録完了となります。

登録完了したのでまずはログイン

先ほど入力してメールアドレスとパスワードを入力します。

  

管理画面に入りました。何ができるのかを調べるところから始めます。

auスマートパスプレミアムならauPayで20%キャッシュバック!

auスマートパスプレミアム会員なら月額499円でお得なサービスたくさん!
今なら三太郎の日はauPayのキャッシュバックも20%!
無料で30日使えますのでこの機会に利用しないと損ですよ!

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:システム会社のマネジメント&SE業務
家族:妻と子2人
30代が考えるお金とテクノロジーについて発信していきます。
映画は趣味です。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ