【2018年度版】中国で便利なジャンル別おすすめアプリ10選

先日、中国を旅行しましたが、スマートフォンの浸透を実感しました。

都市部はもちろんのこと、田舎の観光地でも必需品になっています。

あまり裕福そうに見えない方々でも、スマートフォンだけは持っていて、暇つぶしに常にいじっている印象でした。

中国でも色々なアプリを便利に使うことができますが、グレートファイアウォールのおかげで欧米などと違い、中国独自のアプリがいくつもあります。

そこで今回は、旅行や出張に便利で使うことができたアプリを紹介します。

旅行前に、どういう方法でインターネットを利用するか決めておきましょう

関連記事>>>中国短期旅行でインターネットに接続する4つの方法

飛行機、列車

Ctrip

列車や、国内線飛行機の予約はここが便利です。

列車の場合、ここで予約しておくと以下の画面を表示できるようになります。

その画面とパスポートを駅の窓口に見せるだけで利用できます。

飛行機は、自動発券機で予約番号を入力するだけで発券することができます。

中国では、ほとんどの人が英語を使うことができませんでした。

移動手段など大事な部分では、アプリを効率よく使うことを覚えた方がいいです。

Trip.com – 航空券&ホテル

Trip.com – 航空券&ホテル

無料posted withアプリーチ

宿泊

Ctrip

宿泊もCtripがあれば、安いホテルから高いホテルまで一通り揃っています。1,000円程度のホテルも充実しているのでおすすめ。

今回はほとんどをAirbnbにしましたが、1日だけ利用しました。他にもTrivagoやbooking.comでもいいと思います。

トリバゴ(trivago):ホテル最安値検索・比較

トリバゴ(trivago):ホテル最安値検索・比較

無料posted withアプリーチ

旅行予約のブッキングドットコム

旅行予約のブッキングドットコム

無料posted withアプリーチ

Airbnb

Airbnbは、それなりに流行っているようです。中国の民家を体験してみたいのであればAirbnb。

実際に体験してみましたが、ユースホステルのような場所もあれば、山の中の農村、都市部の高層マンションだったり、刺激的な場所ばかりでした。

安さだけでいえば、ホテルでも安いところはたくさんあるので差はありませんが、体験としておすすめです。

Airbnb

Airbnb

無料posted withアプリーチ

移動手段

DiDi

中国版Uber。中国にもUberはいましたが、事実上の撤退によりDiDiが浸透しています。

こちらも都会から田舎まで利用できました。

白タクというレートのないものでいちいち交渉するよりも安心かつ安い。

国際クレジットカードにも対応しており、英語でも利用できます。

ただし、目的地も英語で入力する必要があり、少し手間取る場面もあります。

中国の電話番号がないと電話をかけてこられても分からないため、自分の位置情報を素早く教えてあげることが重要です。

滴滴出行-滴滴一下,美好出行

滴滴出行-滴滴一下,美好出行

無料posted withアプリーチ

mobike

都市部ではかなり浸透している印象でした。田舎の方ではありませんでした。

目的地が分かっているのであれば、自転車がとても便利。数キロ圏内ならバスや電車を利用するよりも効率的です。

mobikeは日本版アプリがあるので非常に使いやすいです。500円からのチャージになりますが、20km/20回利用して200円も使っていません。

他にもofoやhellobikeもあり。都市によって普及が異なるので行く都市によって何を使うかを決めた方がいいです。

成都、北京ではmobikeが多いように感じました。

Mobike モバイク – スマート バイクシェアリング

Mobike モバイク – スマート バイクシェアリング

posted withアプリーチ

ナビゲーション

百度地図

GoogleMapは位置情報がずれるのであまりおすすめできません。Appleの地図アプリか中国のアプリを使うことをおすすめします。

ただし、中国語のため、検索では使いづらい部分もあります。

百度地图-出行导航必备的智能路线规划软件

百度地图-出行导航必备的智能路线规划软件

無料posted withアプリーチ

決済

Alipay、Wechatpay

中国の決済市場は、QRコードで読み取るタイプの電子マネーが普及しています。このどちらかが都会はもちろん田舎でも浸透しています。

逆にクレジットカードなどは都市部でも一部しか利用できませんので、現金が必要になります。

Wechatpayは9割ぐらいの場所で使える印象。Alipayも7割ぐらいは使えました。使えなかったのは一部田舎のバスとかぐらい。

私は4月時点でWechatpayの認証ができなかったのでAlipayを使いました。

Alipay

Alipay

posted withアプリーチ

コミュニケーション

google翻訳

先ほども言いましたが、中国人は英語が使えないと思っていた方がいいです。

日本語⇔中国の翻訳精度は英語と比べると劣りますが、大体言っていることは分かるため、すごく役に立ちました。

相手もそれを分かっているため、音声翻訳を利用してくることもあります。

Google 翻訳

Google 翻訳

posted withアプリーチ

wechat

中国版のLINE。直接会話するのはハードルが高いですが、チャットツールを使えば翻訳しながら利用できるためおすすめ。

Airbnbを利用するうえで、何人かと交換してコミュニケーションをとりました。

WeChat

WeChat

posted withアプリーチ

天気

moji weather

中国版のYahoo天気です。現在地の位置情報から天気を取得することができます。1時間ごとの雨予測も見ることができるのでこちらも便利です。
Androidにはないかもしれません。

墨迹天气 – 权威准确实时的天气预报

墨迹天气 – 权威准确实时的天气预报

無料posted withアプリーチ

まとめ

中国は、インフラが安いため、インターネット回線利用料も同様に安く利用できるようです。そのためスマートフォンが本当に多くの人に浸透していました。

完全にネット社会になっているため、旅行はもちろん出張に行く際はネット環境は準備しておくべきと感じます。

バックパッカーのような不自由な旅も楽しいと思いますが、普通に旅行に行くなら最低限の準備は必要でしょう。

JCB 20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

JCBカードをApplePayまたはGoolePayに登録して
スマホ決済をするだけで
JCBカード1枚につき最大1万円までキャッシュバックされます!

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:システム会社のマネジメント&SE業務
家族:妻と子2人
30代が考えるお金とテクノロジーについて発信していきます。
映画は趣味です。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ