AppleWatch Series4 をSeries3との変更点を比較

今年もAppleの新製品が発表されました。

毎回、今年は興味ないなーとか思っていても新製品の発表で少し食指が動き、発売と同時に急激な物欲がおそってくるAppleの新製品。

Apple好きな人って、タバコなどの依存症に近いものがあるのでは。

AppleWatchは、Series3を持っていましたが、もともと手に何かを身につけるのがあまり好きではないのと、利用用途がランニングぐらいに限られていたため、売却してしまいました。

今回はSeries3のメジャーアップデート。大きく変わった点といえば、見た目とヘルスケア分野です。

何がどう変わったのか調べてみました。

Apple Watch Series4 とSeries3の比較

価格(税抜き)

GPSGPS + Cellular
Series3 38mm¥31,800¥42,800
Series3 42mm¥34,800¥48,800
Series4 40mm¥45,800¥56,800
Series4 44mm¥48,800¥59,800

Series3とSeries4は14,000円と結構な値段差が出ています。

Series4は、最低価格が45,800円からと結構お高め。これ、税抜きなんで支払いは50,000円近いです。

サイズとベゼル幅

©Apple

iPhoneXシリーズと同様、ベゼルレスデザインになりました。

Series4では、最低サイズが40mmと実サイズも大きくなっていますが、Series3の42mmサイズと比べても表示領域が増えています。

Series3を所持していましたが、ただでさえ見づらい画面なので少しでも表示領域が増えるのは嬉しいです。

AppleWatch Series4からの新機能

転倒を検出

©Apple

転倒と思われる衝撃を受けたときに、メッセージが表示されるようです。

そして何の操作もせずに一分間経過すると登録した緊急電話が発信され、「緊急連絡先」に連絡がいくようになっています。

心筋梗塞などで急に倒れたりすると、AppleWatchが助けを呼んでくれるわけです。

今はまだ、万人に必要とする機能でもないですが、まさにAIが人間を助けるために動いてくれる時代が到来しようとしています。

Series4になって、AppleWatchがよりヘルスケアに注力しているのが分かります。

ステンレス製

©Apple

ステンレス製がバリエーションに加わりました。もう見栄えのみです。

Series3では、アルミニウムを使っていましたが、見た目はチープと言わざるを得ません。

Appleをわざわざ使う以上、見た目って大事ですよね。

でもお値段跳ね上がりますので要注意。

GPSGPS + Cellular
Series4 40mm¥74,800¥85,800
Series4 44mm¥79,800¥90,800

ちなみにiPhoneXRは84,800円~です。ね?高いでしょう。

心電図機能

心電図機能(EDC)が搭載。ユーザーの心拍が低下すると自動でお知らせしてくれるとのこと。

まだ実用面ではそれほど有用性がないですが、Appleはこの情報が欲しいのでしょうね。

心拍数のビッグデータを、ニューラルネットワークを使って解析し、AIにヘルスケアの機能を搭載させる。

不整脈を事前に察知して知らせることもできるかもしれないし、持病もちの人に異変が起きたらかかりつけ医へ事前に連絡することができるかもしれない。

今はまだ、日の目を見ていないけど、近い将来必ずそうなっていく。そのための準備に入っていると思われます。

Apple Watchは買いか!?

私個人としては以下の理由により、まだウェアラブル市場は育っていないと感じています。

  • 電池の持ちが悪い(2日はもたない)
  • 腕を持ち上げて情報を確認するのは結構疲れる
  • Suica機能は、読み取りミスの頻度が高い

ランニングだけなら専用のランニングウォッチを購入した方が良いです。

関連記事>>>GARMIN ForeAthlete 230jを購入・レビュー

爆発するとすれば、ヘルスケア分野でどれほど需要を伸ばせるかにかかっていると思います。

そうはいっても、この時期だけは欲しくなってしまうんですけどねぇ。。

この記事を書いた人

あおい

名前:あおい
職業:某企業のIT部門
ガジェットやキャンプに関する記事を書いています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ